FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Fly me to Dun-huang

日本画家の平山郁夫さんがお亡くなりになりました。

平山さんには、どことなく親近感を持っていました。
広島出身で被爆体験があり、戦争を嫌い、誰よりも平和を愛していたこと。

そしてシルクロードを題材にした数々の作品を産み出したこと。

私は大学時代に映画「敦煌」をきっかけにシルクロードにハマったことがありまして、莫高窟や敦煌文書の書籍を読み込んだり、そこから発展して西洋人によるシルクロード探検(スウェン・ヘディングなど)の資料を集めたりしていました。

もともと西遊記が好きで、三蔵法師のモデルとなった玄奘の旅行記などを読んでいて、「西域」への強い憧れを持っていました。
ですから井上靖の西域小説は本当にワクワクしました。
そして驚くべきことに「敦煌」「楼蘭」などは、著者自身が一度も中国に行くことなく、当時の限られた情報を元に執筆されたと聞き、シルクロードには人を魅了して止まない不思議な魅力があるのだと確信しました。
当時はまだ日本と中国の間には国交が成立しておらず、自由に行き来できなかったのです。

平山さんもその魅力に取りつかれた一人で、数十回も訪問したのだとか。

しかも芸術家でありながら古代遺跡の保存に熱心で、バーミヤンの石仏爆破にも強く抗議し、募金を集めて修復作業に寄付したそうです。
行動派の芸術家、とでも言いましょうか。

関東に居た頃、九段下の美術館に平山郁夫展を見に行ったことを思い出します。
彼の出世作「仏教伝来」から原爆をテーマにした「広島生変図」まで、実に多様な作品が並んでしました。

広島県尾道市には平山郁夫美術館があります。
いつかは行ってみたいものです。

スポンサーサイト
[ 2009/12/03 23:24 ] | TB(0) | CM(2)

旅立ちの朝

今日から3日間、福井の姉の自宅に遊びに行ってきます。
昨夜は残業で帰宅が遅くなると思いきや、意外と早く終わりました。
うしし。

個人メモを残しておこう。

罪と音楽罪と音楽
(2009/09/15)
小室 哲哉

商品詳細を見る


Keyboard magazine (キーボード マガジン) 2009年 10月号 AUTUMN (CD付き)[雑誌]Keyboard magazine (キーボード マガジン) 2009年 10月号 AUTUMN (CD付き)[雑誌]
(2009/09/10)
キーボード・マガジン編集部

商品詳細を見る


チョロQ ハイブリット QR-01 リモコンタイプ 二代目チョロQチョロQ ハイブリット QR-01 リモコンタイプ 二代目チョロQ
(2009/10/24)
タカラトミー

商品詳細を見る


チョロQ ハイブリット QR-02 リモコンタイプ ランボルギーニ カウンタックLP400チョロQ ハイブリット QR-02 リモコンタイプ ランボルギーニ カウンタックLP400
(2009/10/24)
タカラトミー

商品詳細を見る
[ 2009/09/19 05:51 ] | TB(0) | CM(3)

明日に架ける橋

岩国の錦帯橋に行って来た。
桜が満開。
本当に美しい風景。

錦帯橋と桜

たくさんの励ましのコメントありがとうございます。
過去に捕らわれていると未来が逃げてしまいますので、心を入れ替えて転職活動を継続します。
明日は、正社員登用を前提にした紹介予定派遣の面接に行きます。
新しい第一歩を踏み出します。
[ 2009/04/08 16:55 ] | TB(0) | CM(3)

慎重かつ大胆に参りましょう

大阪からの帰り、車の中でパネルクイズ アタック25を見る。
TVはあまり見ない自分も、これだけは欠かさず見ているゆるい日曜の風物詩。
父と急いで昼食を済ませ、慌ててカーナビ搭載のテレビの電源をオン!

余談だが、福山SAで食べた「モツ入り尾道ラーメン」は辛すぎ。
あっさり味の尾道ラーメン+激辛の牛モツは相性悪し。

さて、クイズが始まったと思いきや、トンネルの連続で放送がブツ切りに・・・
かろうじて児玉清さんの「大事な大事なアタックチャ~ンス」(右手の小刻みな揺れがポイント)は見れたものの、そこから長い長いトンネルに突入してしまい、結局アタックチャンスをゲットした問題と正解は分からず仕舞。



さらに「充実のスペイン・パリ9日間の旅」挑戦権を賭けたファイナルも、途中から見たので何が何だか分からない。
どうやらある人物の名前を当てる問題だったようだ。

児玉さん「その人物の名とは!?」
みんなが固唾を見守るなか、回答者が正々堂々と
「分かりません!」
ずっこけたよ、ほんまに。
これがあるからいつも見ちゃう。

ということで無事、我が家に戻って参りました
[ 2008/10/26 17:14 ] | TB(0) | CM(0)

Go East

広島から大阪に向かう車内でのこと。
父とお気に入りのCDを、お互いにカーステで掛けることになった。
あちらがオールディーズのコンピに対し、こちらは電気のYELLOWで対抗(笑)
父曰く「心拍音みたいな曲だな」と、分かったような分からないような感想を漏らした。

また「曲に展開がなくてずっと同じものを聴いているようだ」、とも。
これは本質を突いている。
DJ MIXされてナンボな曲ばかりなので、下手に曲の中に起承転結があるとMIXしづらい。
まあ、曲ごとに起承転結が存在するポップスが好きな人にとっては、きっと異形の音楽に聴こえるだろうな。

音楽のどの部分に快感を見出すのか。
自分の場合は力強いバスドラのリズムと電子音だし、父にとっては甘い甘いメロディだ。
二人の嗜好の違いが明確になって面白い問答となった。

赤とんぼの故郷

途中、龍野西サービスエリアでランチ休憩。
ここは童謡「赤とんぼ」の作者、三木露風の故郷である。
石碑の前に赤とんぼの大きなオブジェがあり、多くの人が写真に収めていた。

神戸の裏六甲を通り、大阪に入ると久しぶりに大都会に来た気がする。
中国池田インターを降り、千里中央方面に突き進む。
カーナビで誘導されるも、どんどん道を外れてあわや目的地までたどり着けるか怪しくなった頃、心配していた姉からTELが入る。
気がついたら目的地の目の前にいた。
ほっ

久しぶりに会う姉とその息子たち。
お風呂に入れたり寝る前に本を読んであげたり。
やっぱり可愛いね。
明日は運動会で応援だ。
義兄と一緒に場所取りに行ってきます。
[ 2008/10/24 22:18 ] | TB(0) | CM(0)
プロフィール

koh

  Author:koh
  出身地:広島県

  好物は音楽、読書。
  日々おもったことなどを
  徒然なるままに記します。

カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。