FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

小室哲哉 / Digitalian is eating breakfast 3


Digitalian is eating breakfast 3  (2枚組ALBUM)Digitalian is eating breakfast 3 (2枚組ALBUM)
(2013/03/06)
TETSUYA KOMURO

商品詳細を見る


このレビューを書く前に、前作「2」は何を書いたんだっけ?と振り返るもエントリをアップしていなかったことが判明。話題性(20年ぶりのソロリリース)が先行して、肝心の作品内容については印象が薄かった…ということか?

さて「3」です。
ジャケにはDEBF3と書かれているので、FANKSの間では「でぶふ」などと揶揄されてます(笑) このアルバムはEDM(Electronic Dance Music)だー!とでっかくフィーチャーされています。
僕にはピンと来ません。それはジャンルとしてのEDM?
TM時代もTKブーム時代も(そんな時代があるとすれば)、シンセ+ダンスの方法論は使ってましたよね…

僕はこういう過剰なマーケティング先行的プロモーションが苦手なので、さっさと曲だけを聴いてしまいます(笑)

全体として、小室さんが今考えている小室さんなりのシンセミュージックを詰め込んだ印象がします。
まず前2作と大きく違うのは、小室さん自身のボーカルが一切入っていないこと。もしかしてサンプリング→ピッチ変更したりして入っているかもしれませんが、パッと聴いて特有のモスキートボイスを聴き取ることはできません。代わりに男性&女性の洋楽っぽいボーカリストがフィーチャーされています。

そして、そのボーカルは確実にシンセに馴染むようにエフェクトされています。先入観なしに聴いてみると、洋楽アルバム?と感じるかも。

勝手に解釈すると、小室さんは以前からグラミー受賞について言及されていました。それを意識したのでしょうか。

また聴いていると、レコーディングでハードシンセを弾きながらツマミやボタンをリアルタイムでガシガシいじくっている姿が浮かびます。どこまでも行ってもキーボードプレーヤーなんだなぁと。

ここの点が、僕が小室さんが好きな理由です。シンセの手弾きができないから、シーケンサーを使った打ち込み音楽に魅かれた僕とは対照的に、ガンガン弾ける。坂本教授にも同じ理由で魅かれます。やっぱりかっこいいですよ、シンセを弾く姿は!

今回のアルバムで一番好きなのは、Drive feat. Saffron Le Bon。4つ打ちのイントロからジワジワ盛り上げ行き、そこに女性ボーカルが絡んで行くというシンプルかつ王道を行く曲。



この女性ボーカルは誰だろう?と調べたら、Duran Duranのボーカル、サイモン・ル・ボンの娘さん・Saffron Le Bon(サフロン・ル・ボン)のようです。

Duran Duranと言えば、TMとデビュー時期がほぼ同じで、TM初期のビジュアルにも大きな影響を与えていますね。1989年の東京ドーム公演には小室さんがゲスト参加していますし、何かと縁があるのかも知れません。

ちなみに2枚目には2011年、2012年に行われたDOMMUNEでのライブが収録されています。それについては、またあらためてレビューしましょう。

3枚目のソロアルバムもリリースしたし、そろそろTMの新譜の話題も聴きたいところ。5月にさいたまスーパーアリーナで2DAYSライブもあることだし。
スポンサーサイト
[ 2013/03/10 21:00 ] 小室哲哉 | TB(0) | CM(0)

フォローミー

・・・と言ってもtwitterのことではありません(笑)
※ちなみに私のtwitterアカウントはこちら
 フォローはご自由にどうぞ!

このブログやtwitterでさんざん公言していますが、小室さんがアイドルに提供した曲の中でオールタイムベストは、沢口靖子さんの「Follow Me」です。

収録された同名アルバムを、このたび良心的な価格で購入することができました。
ずーっと探していましたが、何故かプレミアが付いていて高額商品だったんです。


FOLLOW MEFOLLOW ME
(1988/04/29)
沢口靖子

商品詳細を見る


シンセリフの繰り返しに乗っかる、ピッチの危ういヴォーカル。
聴いていると思わず「おっとっと!!!」と声が出てしまいそうです。
ボカロの初音ミクに歌わせた方が上手いのかも・・・(ぼそっ)



リリース当時(1988年)、痛快ロックンロール通りというドラマの挿入歌でした。
沢口さんは、このドラマにゴクミこと後藤久美子さんとダブル主演。
ちなみに主題歌はTM Networkの"Resistance"だったりします。

このアルバムにはもう一曲、小室さんが作曲を担当した「ひかりの素顔」も収録されています。
これも小室さんらしいメロディ展開に、沢口さんのヨレたヴォーカルが乗っかるスタイル。



以上の2曲、実は意外な事実が隠されています。

作詞:川村真澄
作曲:小室哲哉
編曲:大村雅朗

この3人、渡辺美里さんの「My Revolution」と全く同じなんです。
マイレボほどの大ヒットにはなりませんでしたが、完成度が高い佳作と言えるのではないでしょうか。

[ 2012/11/23 14:18 ] 小室哲哉 | TB(0) | CM(0)

デジタル野郎がリミックスしている

小室哲哉/Digitalian is remixing
Digitalian is remixingDigitalian is remixing
(2012/03/21)
TETSUYA KOMURO

商品詳細を見る


小室さんのソロリミックスアルバムが到着。
Digitalian is eating breakfast 2の収録曲が多いので、うーんどうかな~?と思ったけど案外面白い。
今の小室さん、おそらくグラミー狙いでアメリカのマーケットをかなり意識していると思う。
そんな曲をヨーロッパ人がリミックスすると、やはりヨーロッパっぽくなりますね。
下の2曲がいいね!

RUNNING TO HORIZON
Vienna [Remixed by "Mix Master" Pete Hammond]
[ 2012/03/22 22:19 ] 小室哲哉 | TB(0) | CM(2)

購入メモ

休日の土曜日、バタバタと掃除していたらAmazonで注文していたCDが到着。

中山 忍/箱入り娘~このままじゃいられないわ~

箱入り娘~このままじゃいられないわ箱入り娘~このままじゃいられないわ
(1990/08/01)
中山忍

商品詳細を見る


小室さん作曲の「ホタル」「僕がむかえに行くよ」が目当て。
この二曲、作詞は東京ラブストーリーの脚本も手がけた坂本裕二さん。
そして編曲は、TMで小室さんのシンセマニュピュレーターとして右腕的存在だった久保浩二さん。

「ホタル」は小室さんの手癖がはっきり表れていて、宮沢りえさんに提供した「My Kick Heart」とTMNのラストシングル「Nights of the Knife」を足して2で割ったような曲をバックに、忍さんがぶつぶつ呟くというちょっとシュールな曲。

中山 忍/ホタル



宮沢りえ/My Kick Heart


TMN/Nights of the Knife


一方、僕が~はこれまた宮沢りえさんに提供した彼女のデビュー曲「ドリームラッシュ」を彷彿させるアップテンポでPOPな曲。

宮沢りえ/ドリームラッシュ


忍さんはお世辞にも歌唱力があるとは言えませんけど、かわいいなぁと素直に思える不思議な魅力があります。
完璧過ぎないところに惚れるというか…
聴いているとホンワカします。

そういえば、忍さんの姉の中山美穂さんにも小室さんは曲を提供しています。

中山美穂/50・50(フィフティー・フィフティー)


中山美穂/JINGI愛してもらいます


思うに、小室さんの楽曲はアイドルに提供した時に輝きを増すのではないかと思います。
[ 2012/01/14 23:26 ] 小室哲哉 | TB(0) | CM(0)

TK≒HM?

マイミクさんからbounceに某TK氏の特集が出てるよ♪と聞いたので、久しぶりにタワレコへ。
bounceとは、タワレコが毎月発行しているフリーペーパー。
WEBが普及する前は、このようなレコードショップのフリーペーパーは重要な情報源で、HMVともども随分利用させてもらいました。
広島のHMVは2年前に閉店してしまったので、タワレコには一つがんばって頂きところ。

ゲットしてパラパラめくると、ちょうど冊子の半分のところに特集がありました。
問題は、最初のページにデカデカと載っているアーティスト写真。

その指で~長い髪をかき上げて~
ワンレンTK

…これは、FANKSには評判の良くない

ワンレン時代の写真(T_T)


たぶんパブリックイメージのTK氏は、こんな感じなんだろうなぁ。
「調子に乗ってる音楽プロデューサー」という文章がキャプチャーされてそう。
まぁ実際、調子に乗ってたけど。

この頃の写真を見るたびに、スラダン世代としてはついつい「あの人」を思い出してしまう…

もう一度バスケがしたいんですぅ…
ワンレンHM


救いだったのは、説明文がニュートラルな立場から書かれてあったこと。
子ども時代のシンセとの出会いから、事件から復帰するまでがコンパクトに網羅されています。
冨田勲さんのシンセ音に触れた大阪万博(EXPO'70)と、TMNのラストアルバム「EXPO」を繋げたところなんか上手いなぁと妙に感心したりして。
ちなみに、Get Wildを最初に収録したオリジナルアルバムは「Gift for FANKS」。
「Self Control」ではありません。(ライターさん、よろしくね)

延期されていたソロアルバムの発売日も、5月4日に決まりひとまず安心。
Amazonでは、発売日未定になっていますね。

[発売延期未定]Digitalian is eating breakfast 2[発売延期未定]Digitalian is eating breakfast 2
(2050/12/31)
小室哲哉

商品詳細を見る


iTunesストアでは、中学生時代からの念願の夢だった全世界同時発売が実現するとか。
どんな好きなアーティストでも、音源がリリースされるとやっぱり嬉しいもんですね。
[ 2011/04/02 16:29 ] 小室哲哉 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

koh

  Author:koh
  出身地:広島県

  好物は音楽、読書。
  日々おもったことなどを
  徒然なるままに記します。

カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。