スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フリップミュージック presents イエローマジック音楽夜話@ふらんす座

YMO Night

フリップミュージックさん主催の音楽トークイベント「イエローマジック音楽夜話」に行ってきました。

スタート時間前ぎりぎりに開催場所であるふらんす座のビルに到着。
なぜか女性ばかりがズラッと入り口に並んでいます。
しかもみんな若い。
へ~YMOは若い女性にも人気なのか。
なにしろYoungにもMiddleにもOldにも人気だもんね、などとTHE MANZAIネタを思い出すあたり年齢がバレてしまいそうな。。。



結局それは別のイベントの行列だったということが判明し、バタバタとふらんす座へ。

すでに10人以上のお客さんが座っていました。

開演前のBGMは大貫妙子さんの「カーナヴァル」。
教授が手掛けたジョルジオ・モロダーばりのデケデケシンセベースが気持ちいい。



オープニングはフリップミュージック店主の沖本さんと、高校時代のバンドメンバーだった川村さんによるビハインド・ザ・マスクのカバー。
サビの手弾きシンセ、そして生(?)ヴォコーダーがすごくよくて感激。

司会はマイクさん、そして語り手に吉松さんを含めた合計4人がYMOについて語ってくださいました。
テクノドンを除くオリジナルアルバム(ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー~サーヴィス)を時系列に並べて、プレYMOともいうべき細野さん、教授、幸宏さんの初期ソロ作品からスタート。

個人的にはこの頃の話題が一番面白かったです。

YMOがデビューした1978年頃の社会・文化的なムーヴメント、そして当時の音楽シーンを複数のキーワードをポンポン提示していきます。
ピンクレディ、ディスコ、インベーダーゲーム、SF、中国シルクロード、西遊記(ドラマ)、フュージョンブームetc.

僕のように後追いでYMOを知った者にとって、こういう当時のバックグラウンドを実体験された方の言葉には強い説得力を感じますね。

ここでピンクレディ「ウォンテッド」のカバーが流れます。
規則正しいシンセベースのンテンテ♪のビートが、テクノポリスのそれにいかに影響を与えたかよく分かりました。



インストフュージョンバンドだったYMOがテクノポップへと変貌するきっかけを作ったのが、DEVOとクラフトワーク。

ここでDEVOのサティスファクションのカバーが流れます。
原曲(ローリングストーンズ)から逸脱したミュータント的な曲。



クラフトワークに関しては、意識はしていたけどあえて言及することは少なかったとか。
とかく比較されがちなクラフトワーク。
彼らは人間がロボットのふりをしてロボットが音楽を作ったらどうなるか?をコンセプトとしていたのに対し、YMOは飽くまでもライブバンドであったという見解。
これは僕も賛成しますね!

華やかなテクノポップのイメージを作り上げ、超売れっ子になった後にリリースしたBGM、テクノデリック。
これがとんでもなく暗かった。
暗かった、というより従来のイメージを裏切った問題作だったと。

僕も最初にBGMを聴いて、困惑したのをよく覚えています。
ソリッド~の頃のキラキラしたシンセは鳴りを潜め、サンプリングやエフェクトに凝りに凝りまくった、これぞニューウェイヴ!という手法。

そして、沖本さんもYMOで一番好きだというBALLET。



さらにYMO後期の浮気なぼくら~サーヴィス。
ここらへんになるとTVへの露出が増えて、アイドルへの楽曲提供やプロデュースが増えていきました。
いわゆるテクノ歌謡の誕生です。

流れたのは、安田成美「風の谷のナウシカ」



細野さんがいい仕事してますね!
リリースされたのに劇中で使われることがなかったという、いわくつきの主題歌。
ちょっと危ういボーカルのピッチがいい味を出しています。

その他、貴重な秘蔵音源や増殖、サーヴィスのコント部分などを流してみんなでゲラゲラ笑いました。
コントで損してるよねー、コントがなければアルバムとして最高なのにーというお客さんからの突っ込み。さもありなんです。

最後にちょっといい情報をご紹介。
お客さんから、増殖のジャケットに使われたYMO人形が広島で見られるという驚きの情報が!
三次にある「メインストリーム」というショップで、幸宏さん人形が店頭にあるそうです。
これは是非見てみたい。

おかげさまで楽しいひと時を過ごすことができました。
まだまだ語りたいネタがあるので、第二弾があるとかないとか(笑)
次回もあったらぜひ参加したいです。

YMO Album1

YMO Album2
スポンサーサイト
[ 2013/05/28 21:00 ] YMO | TB(0) | CM(0)

UC YMO


UC YMO [Ultimate Collection of Yellow Magic Orchestra] (通常盤)UC YMO [Ultimate Collection of Yellow Magic Orchestra] (通常盤)
(2003/08/06)
YMO

商品詳細を見る



UC YMO Premium (限定盤)UC YMO Premium (限定盤)
(2003/08/06)
Windows

商品詳細を見る


【DISC:1】
01. コンピューター・ゲーム (サーカスのテーマ)
02. FIRECRACKER / ファイアークラッカー
03. TONG POO / 東風
04. LA FEMME CHINOISE / 中国女
05. TECHNOPOLIS (オリジナル・アルバム未収録Single Ver)
06. INSOMNIA
07. RYDEEN
08. BEHIND THE MASK
09. SOLID STATE SURVIVOR
10. RADIO JUNK
11. JINGLE (Y.M.O.)
12. NICE AGE
13. TIGHTEN UP (JAPANESE GENTLEMEN STAND UP PLEASE)
14. THE END OF ASIA (オリジナル・アルバム未収録Ver)
15. CITIZENS OF SCIENCE (オリナル・アルバム未収録Multiplies Ver)
16. 開け心―磁性紀のテーマ (初CD化・Stereo Ver)
17. BALLET / バレエ

【DISC:2】
01. CUE
02. U.T
03. GRADATED GREY / 灰色の段階
04. 体操
05. 恋人よ我に帰れ feat.Mari Nakamoto (初CD化)
06. 君に、胸キュン。 -浮気なヴァカンス
07. CHAOS PANIC (オリジナル・アルバム未収録)
08. 音楽
09. LOTUS LOVE
10. KAI-KOH / 邂逅
11. 過激な淑女 (オリジナル・アルバム未収録)
12. THE MADMEN
13. YOU'VE GOT TO HELP YOURSELF / 以心電信
14. PERSPECTIVE
15. M-16:from PROPAGANDA (初CDパッケージ化)
16. ポケットが虹でいっぱい (from TECHNODON)
17. BEHIND THE MASK :Bonus Track SEIKO CM Ver (初CD化)




今年はYMOデビュー35周年、そして散開30周年。
YMOのベスト盤はたくさんあれど、メンバーが監修に携わったものは少ないと聞きます。
(TMと同じくやたらベスト盤が多い。いわゆるア●ファ商法。)

そんな中、これはGO HOME(細野さん)~ONE MORE(幸宏さん)~と続いた一連のメンバー監修ベスト盤のラストを飾るキョージュこと坂本龍一さんが監修したもの。
リリースはちょうど10年前の2003年です。

YMOシャツ付きの限定盤を探していますが高価なため(相場はオークションで1万円を軽く越える)、サクッと安価な通常盤を購入しました。

僕はディープなYMOファンではありませんので、レアと言われている「開け心―磁性紀のテーマ」や「M-16」などの価値がどれほどあるのかは正直分かりません。
前者は昨年のワーハピ2012で生で聴きましたし。

それよりも普段聴いている曲が、印象がガラッと変わっているのが面白い。
顕著なのがTechnopolis (single version)。
うねるようなエフェクトなど、アルバムバージョンとは全く異なるミックス。
比較のために動画を貼っておきますね。

シングルバージョン


アルバムバージョン


ちなみにライナーノーツにはキョージュの解説が全曲についています。
顔文字【(^^;)←こういうもの】を多用するところが、お茶目なキョージュらしいw

そして、やってしまいました↓

灰色の階段

灰色の階段
正しくは灰色の段階です。
ありがちなミスですね。


YMO GO HOMEYMO GO HOME
(2007/03/21)
YMO

商品詳細を見る



ONE MORE YMOONE MORE YMO
(2007/03/21)
YMO

商品詳細を見る
[ 2013/04/12 21:00 ] YMO | TB(0) | CM(0)

特別連載:YMOとの出逢い~ハリー細野編~

YMOとの出逢いをエピソードで語るシリーズ。
キョージュ→幸宏さんと来て、今回はいよいよ細野晴臣さんです。

細野さんはYMOがきっかけで知りました。
この頃にはYMOが日本のテクノポップバンドの最高峰だったということは雑誌や書籍、その他いろいろなメディアを通じて知っていました。

最初の印象は「いつも眠そうにしてるおじさん」(笑)
低音の渋い声は、3人の中でも風格を感じさせました。
現に一番の年長ですもんね。

で、ある日この人がCMに出てるのを見たんです。
森高千里さんの夫役、というちょっと年齢的に無理があるんじゃないの?って突っ込みが来るような某コンビニのCMで。
「いいな~」というあの低音の声とフレーズが妙に頭に残りました。



YMOの3人というのは、どうもただのミュージシャン連中じゃなさそうだ。

細野さんのCMをきっかけにいろいろ調べたら、映画に出演したり、釣りの会を主催したり、漫才やひょうきん族(なつかし~)に出演していたりと、3人は実に多彩かつヘンテコリンな分野にまで進出していたことが分かりました。
何なんだ一体これは…面白いじゃねーか(笑)

私にとって細野さんはソロ作品よりも、歌謡曲とのかかわりに大変興味があります。
特に「テクノ歌謡」と呼ばれる一群の作品は、自分の幼い記憶の中でかすかに息づく80年代のアイドル文化を見事に呼び醒ましてくれました。

イモ欽トリオ/ハイスクールララバイ


中森明菜/禁区


山下久美子/赤道小町ドキッ


安田成美/風の谷のナウシカ


ちょっと選曲がマニアックですかね…(特に最後)

中森さんの禁区は、サビのフレーズ「戻り~たい~戻れ~ない~」という箇所をしっかり覚えていて、20年以上たってテクノ歌謡を集めていて聴いた時に、あぁあの曲だったのか!と納得したことがあります。
細野さんの曲は、知らないうちに自分の体に刷り込まれているかも知れません。
音楽って面白いですね、眠っていた記憶が時間を超えて突如意識にひょいと現れる事もあるんですから。

YMO以前の細野さんについては、まだまだ勉強中です。
はっぴいえんど、というロックに日本語を初めて乗っけたバンドでベースを弾いていたくらいかな知ってる事は。
唯一つ言えることは、ベーシストとしてもソングライターとしても唯一無二のセンスを持っていることは確か。

細野さんを生で見たのは、WIRE02
幸宏さんと一緒に、Sketch Show名義で出演されていました。
これ目当てで来ていた人もいて、オールナイトのイベントにも関わらずSketch ShowのLIVEが終わったらさっさと帰ったリアルYMOファンも多かったような。
LIVEで細野さんがパーカッションを叩くと、一瞬だけRydeenのイントロが鳴ったんです。
会場騒然でした(笑)

4月20日には、38年ぶりに全曲ヴォーカルアルバムをリリース予定。
買ってみようかな。

HoSoNoVaHoSoNoVa
(2011/04/20)
細野晴臣

商品詳細を見る


次回はなんとYMO番外編。
思いっきり自分の好きなマニアックな方向に進みます。
お楽しみに!
[ 2011/04/10 16:47 ] YMO | TB(0) | CM(0)

特別連載:YMOとの出逢い~MR.YT編~

しばらく間が空いてしまいました。
私とYMOとの出会い第2弾は、MR.YTこと高橋幸宏さんです。
(勝手に連載企画にしましたのであしからず)

キョージュをきっかけにYMOを知り、当時通っていた大学図書館の視聴覚コーナーで散開ライブのLDを見たり、CDを集め始めていました。
どうやらYMOは3人組のテクノバンドで、ドラマーに高橋という人がいるらしい…
それくらいしか知識はありませんでした。

で、その高橋さんが司会をやっているTV番組「AXEL」があるというので、見てみたんですね。
YMOが再生して2~3年くらいだったと思います。
内容は音楽を中心としたトーク番組。
幸宏さんをちゃんと見たのは、散開LD以外ではこれが初めてでした。



出てきたのは、全然ドラマーに見えないおしゃれなオジサン(笑)
しかも痩せてて線が細い…
ドラマーって筋肉もりもり!なイメージがあったので、この人本当にドラマーなのかな?と疑ったくらいです。

話し方もジョークを交えながら、どこか飄々としていて。
ちょっと不思議ちゃんが入った(?)上原さくらさんと軽妙なトークを繰り広げていました。
ちなみにこのAXELという番組は、クラフトワークの2度目の来日(1997年)を最初に取り上げた音楽番組でもあります。

幸宏さんは、YMOの良心

自らを「太鼓持ち」と呼び、トリオ・ザ・テクノでボケて毎回キョージュと細野さんに叩かれるという役割を演じて。
ステージ位置も、細野さんとキョージュの間に入ってますしね。

それから程なくして、幸宏さんのソロを集め始めました。
最初、ドラマーのソロアルバムは想像がつかなくて…
New Orderのスティーヴン・モリスみたいなのかな?とかいろいろ考えました。
スティーヴンはニューウェイヴ系のバンドの中で、唯一好きだったドラマーでしたから。

実際に聴いてみると、リズムよりもヨーロッパを感じさせる哀愁ただようメロディに惚れました。
また一番影響を受けたドラマーが、リンゴ・スターと聞き納得。
有名な「幸宏さん終わり」のドラムを、かっこいいなぁと思い始めたのもこの時期でした。

個人的には、YMO中期~後期の時期に出したソロアルバムが好きです。
使っている機材がモロにYMOと被ります。

Neuromantic
ニウロマンティック ロマン神経症ニウロマンティック ロマン神経症
(2005/03/24)
高橋幸宏

商品詳細を見る


ボク,大丈夫?
What,Me Worry?What,Me Worry?
(2005/03/24)
高橋幸宏

商品詳細を見る


そして一番好きな曲はDisposable Love



ちなみに幸宏さんの英語の発音の良さは、ピーター・バラカンさん仕込みだそうです。
BGM、テクノデリックの制作過程でかなりシゴかれたと仰っていました(笑)

幸宏さんをきっかけに知った海外アーティストは数知れず。
New Musikのトニー・マンスフィールド、The Beatniksの相棒である鈴木慶一とムーンライダース、Heaven 17のマーティン・ウェア。
キョージュをきっかけにJAPANやデヴィッド・シルヴィアン、Pop Musikで有名なロビン・スコット、トーマス・ドルビーなどを知ったのと同じパターンで、それまで海外と日本を区別して聴いていた脳みそがかなり曖昧になってきて、もしかしてエレクトロニックミュージックは国境を超えて普遍性を持つ音楽かも…と勝手に一人で盛り上がっていたことがあります。
この考え方は、クラブミュージックとしてのテクノやハウスにも継承されていると思います。

幸宏さんを最初に生で見たのは、いつだっけかな?
たしか2006年に恵比寿ガーデンプレイスで行なわれた、sonarsound tokyoだったような気がします。
Jeff MillsとDJ Hell目当てで見に行ったら、たまたま幸宏さんがバンドで出演していまして。
どんな演奏かは覚えていませんけど、すごく興奮したのははっきり覚えています。

私にとっては、やっぱり「YMOの太鼓持ち」でいて欲しいなぁとつくづく思います。
次回はいよいよYMOの発起人、細野晴臣さんです。
[ 2011/03/21 10:39 ] YMO | TB(0) | CM(0)

坂本キョージュとの出逢い

坂本龍一さんをはじめて知ったのは、今からもう16年前になります。

NHKで土曜ソリトンSide-Bという、若者向けのトーク番組を放送していました。
そこで坂本さんを特集した回を、たまたま見ていたんですね。

当時は音楽にハマり始めたばかりの頃。
YMOというバンドについても、ほとんど知りませんでした。
当然「世界のサカモト」という評価も全く知らず、先入観も無しに見ることができたのはラッキーでした。

ミュージシャンというより、音楽を軸にして映画や文化に対して独自の視点で鋭く切り込んでいく専門家。
これが私の第一印象です。
そして坂本さんはこの放送の中で、私の音楽人生を変える言葉を与えてくれました。

学校の音楽は、出来なくてもいいですよ
だって面白くないでしょう
ベートーベンがいつ生まれたとか、これは何調だとか
楽しむことに直接関係ないじゃないですか


今の私からは想像もつかないと思われるでしょうけど、中学校以来科目としての音楽が本当に苦手で、とくに楽典は大嫌いでした。
音楽の成績で5段階評価中、2を取った事もあります(笑)
音楽が嫌で嫌で、高校の時には美術クラスに進学したくらいです。
ですから音楽に対して、長い間コンプレックスを抱いていました。

ただ、歌やメロディは好きでした。
学問としての音楽は苦手なものの、聴覚としての音楽は全く抵抗がありませんでした。
合唱コンクールも好きで、放課後の練習は熱心に行なっていた記憶があります。

そんな屈折した思いを、坂本さんは打ち砕いてくれました。
そうか、自分が感じて面白ければそれでいいんだ…と。

後年、坂本さんが東京芸大の大学院まで進み、正規の音楽教育を受けていたことを知るにつけ、あの言葉がすごくラディカルな意見だったことを知ります。

今でも時々、坂本さんのインタビューを聞く機会があります。
その時には決まって、あの時の言葉を思い出します。





[ 2011/03/07 19:00 ] YMO | TB(0) | CM(0)
プロフィール

koh

  Author:koh
  出身地:広島県

  好物は音楽、読書。
  日々おもったことなどを
  徒然なるままに記します。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。