スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

電気グルーヴ×アイデア~電気グルーヴ、石野卓球とその周辺~

電気グルーヴ、石野卓球とその周辺。: アイデア特別編集電気グルーヴ、石野卓球とその周辺。: アイデア特別編集
(2013/03/12)
久米 泰弘、アイデア編集部 他

商品詳細を見る


発売されるや否や、Amazonですぐに売り切れてしまい途方に暮れていたところ、紀伊國屋書店WEBストアで購入することができました。

本のタイトル通り、電気グルーヴと石野卓球さんのソロワークの中でも特にアートワークを中心にジャケット、フライヤー、ポスター、アーティスト写真などをご本人の感想や思い出を交えてコンパクト、かつ内容濃く紹介。現マネージャーのミッチーこと道下さんや、アートディレクション担当の田中秀幸さんなども登場。

卓球さん、瀧さんはふだんのおちゃらけインタビューではなく、ユーモアを交えて真摯に語っていますね。ここらへんは編集さんの手腕に依るかもしれませんがw

範囲は「人間と動物」から人生のナゴム初リリース「顔として…」と非常に幅広いです。年月で言えば1987年~2013年の26年間。

普段リスナーとしてアーティストに接しているので、あの時こんなことやってたけど、実はこんな事情や方向性があったからこうなったんだ、と裏付けのようなものが確認できるネタが沢山あります。

・Shamefulのフォントデザインは、Fad Gadget/Into the Natureがモチーフ。
・「Flash Papa」の表ジャケットでデビューアルバムにもかかわらず顔出しをしなかったのは、デペッシュモードを真似たから。
・メジャーデビューシングル「Rhythm Red Beat Black」には12インチが存在した!
・電気グルーヴのバンドロゴの生みの親は、スージー甘金氏。

などなど興味深い話題が尽きません。

僕はテクノから音楽好きになったので、電気グルーヴ、ひいては卓球さんの一連の活動に心惹かれるものがあります。つかず離れずというところでしょうか。新譜リリースがあれば必ずチェックしますね。

彼らは僕の一世代上ながら、ニューウェイヴや80年代という共通項があるので、共感できる部分が多い。

だからアートワークを一つ取ってみても、元ネタが分かると嬉しい(^^)

特に卓球さんはDJプレイでもそこら辺のツボを刺激するネタを入れてくることがあるので、聴いていて楽しくなります。

このエントリを書いていると、卓球さんのDJをまた生で聴きたくなります。広島に来てくれないかな?

まりんこと砂原良徳さんに取材し、きちんと声を拾っているところも評価できます。脱退した後でもジャケットのロゴデザインやプロデュースなど、メンバーと交流があるのは素晴らしいことだと思いませんか?

SHAMEFULSHAMEFUL
(2012/04/18)
電気グルーヴ

商品詳細を見る


FLASH PAPAFLASH PAPA
(1991/04/10)
電気グルーヴ、TACKQ ISHINO 他

商品詳細を見る


RHYTHM RED BEAT BLACK VERSION 2.0RHYTHM RED BEAT BLACK VERSION 2.0
(1991/02/01)
TMN VS 電気GROOVE、TMN 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[ 2013/05/25 21:00 ] 電気グルーヴ | TB(0) | CM(0)

電気グルーヴ / 人間と動物


人間と動物(初回生産限定盤)(DVD付)人間と動物(初回生産限定盤)(DVD付)
(2013/02/27)
電気グルーヴ

商品詳細を見る


1. The Big Shirts
2. Missing Beatz (Album version)
3. Shameful (Album version)
4. P
5. Slow Motion
6. Prof. Radio
7. Upside Down (Album version)
8. Oyster (私は牡蠣になりたい)
9. 電気グルーヴのSteppin’ Stone




少し聴きこんでからレビューしようと思っていたら、あっという間にリリースされて1ヶ月が経過しようとしていたので、慌ててレビューをアップします。

最初に聴いた時の印象は「これって本当に電気なの?」。全編歌モノとは聴いていました。けどORANGEやVOXXXの頃とは質の違う歌モノ。

ヤンチャだった頃の、世の中を斜めから眺めるようなリリックはここにはありません。そこに有るのは意味があるようで無いような、単語の連続。つらつら。

そして全体的に肩肘張らない、実に伸び伸びとした電子音。シンセもリズムマシンも、機材インタビューを見る限りこれまでと大幅に変えた訳でもない。ビンテージのアナログ機材が多いのは、使いなれているからという理由からだし。

どことなく懐かしい、というか馴染み深いのは、これまで他のアルバムで何度も言及されているように彼らのルーツである80年代の要素が自然に滲み出ているからでしょう。

エレポップ的シンセの使い方やエレクトロのビート。

そして今回特筆すべきは、卓球さんの抒情性がかなり前面に出ているところ。この抒情性、名曲「虹」とも質が違う気がします。「虹」は日本でテクノがワーッと盛り上がっていくお祭り騒ぎの過程の中で、チルアウト的な癒しが込められた曲。ゆっくりしたい…という気持ちがそこにはありました。

まるでワールドツアーで疲れ果てたYMOが、日本に帰ってゆっくり温泉に入りたいという気持ちを込めて作った温泉マークのように(笑)


WINTER LIVE’81WINTER LIVE’81
(1995/11/22)
YMO、イエロー・マジック・オーケストラ 他

商品詳細を見る


卓球さんの抒情性は、N.O.(その原曲「無能の人」を含む)の頃から如何なく発揮されていました。リラックスした40才半ばのおじさん二人が、好き勝手に作ったらフワッと出てきた抒情性。

好きです。特にSlow Motion~Prof. Radioの流れが素晴らしい!
[ 2013/03/26 21:30 ] 電気グルーヴ | TB(0) | CM(0)

電気グルーヴ / Missing Beatz


Missing BeatzMissing Beatz
(2013/01/16)
電気グルーヴ

商品詳細を見る


今年初の購入音源は電気グルーヴ

タイトルトラック「Missing Beatz」のシンセベース+つんのめるようなリズムが心地イイ。基本、リズムはチープです。
ジャケに記載(羅列)されている歌詞を読んでいると、なぜか「人生」を思い出したりして(笑) 電気らしい韻を踏んでいますし。
MIX担当が、まりんというのも泣けます!

お次は、「富士山」(MAJIでFUNKAの5秒前mix)。
リリースされる前からタイトルがヤバい(パ●リじゃね?)とみんなで噂し合っていた通り、原曲をかなり弄っています。
うねるベース、ガバ一歩手前の歪んだキック、そしてお懐かしやスネアの連打。原曲のバカさ加減を確実にアップデートした感じ。

そして、謎の曲「KNGN」。
最初聴いた時、A(エース)収録のスモーキーバブルスを思い出しました。抽象的でふわふわした、手に取ろうとしても取れない感じ?(←うまく表現できない…) インターバルとしてはいいじゃないでしょうか。

最後のインストはDJでも使えそうなタイトルトラックのインストバージョン。
まりん仕事ということもあり、よく聴くと彼らしい緻密さが味わえます。

思ったより楽しめました(^^ゞ
来月発売のアルバムを、今から楽しみにしています。
[ 2013/01/17 21:19 ] 電気グルーヴ | TB(0) | CM(2)

購入メモ:電気グルーヴ/Shameful

4月の週間シングルリリース第三弾が到着。
電気グルーヴでございます。

SHAMEFULSHAMEFUL
(2012/04/18)
電気グルーヴ

商品詳細を見る


タイトル曲のShamefulは、ミニマルなベースにTB-303っぽいフレーズがビキビキ乗っかるアシッドチューン。
このミニマル部分、パッと聴いた時にRitchie HawtinのMINUS/ORANGEを思い出しました。
ニューウェイヴの名曲Yello/OH YEAHをサンプリングした素敵なミニマルチューン。



また、PVが秀逸。
小学校の体育館で校内放送をDJのごとく操る男の子が二人。



C/WのShame(紛らわしいな)は、いろんな音のパーツが使われていまして…
超初期に「ハウスラップユニット」と呼ばれていた頃の、レイヴっぽいシンセが断片的に使われていて懐かしくもあり。



ジャケはFad Gadgetをモチーフにしたのでしょうか?
渋いデザインですね。

Fad Gadget/Back to Nature


今年の夏のテクノフェスWIRE12への出演も決定し、アルバムもレコーディング中とのこと。
電気に関しては、自分たちのペースで好き勝手にやっちゃってくださいって感じですね。
[ 2012/04/22 11:13 ] 電気グルーヴ | TB(0) | CM(0)

忙しくてDVDを見るヒマがない

本日到着分。

まずはヤフオクで落札した英会話の本。
英語のスキルアップには、オーディオ教材(CDなど)が付いているのが必須条件。
韓国行きまでに詰め込まねば!

英会話ペラペラビジネス100 - ビジネスコミュニケーションを成功させる知的な大人の会話術 [CD2枚付]英会話ペラペラビジネス100 - ビジネスコミュニケーションを成功させる知的な大人の会話術 [CD2枚付]
(2002/03/16)
スティーブ ソレイシィ、Steve Soresi 他

商品詳細を見る


続いてAmazonから。
延期になっていた電気のPV集DVD。
「棚卸し」とは彼らしいネーミング(笑)

電気グルーヴのゴールデンクリップス~Stocktaking [DVD]電気グルーヴのゴールデンクリップス~Stocktaking [DVD]
(2011/04/06)
電気グルーヴ

商品詳細を見る
[ 2011/04/07 21:47 ] 電気グルーヴ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

koh

  Author:koh
  出身地:広島県

  好物は音楽、読書。
  日々おもったことなどを
  徒然なるままに記します。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。