スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

creatures of the night

WIRE08 横浜アリーナ

というわけで、ついにWIRE当日。
まずは会場の横浜アリーナで14時から行われるグッズ販売に一番乗りで並ぶ。

電気グルーヴ J-POP Tシャツ

会場限定の電気グルーヴのJ-POP/Tシャツを購入。
直球すぎるコピーとPOPな色使いに脱力。

一度帰宅し、仮眠を取ってから友人との待ち合わせ場所である新横浜駅前の書店へ。
映画版デトロイト・メタル・シティのPVがヘビーローテーションで流れていた。
この時点で大雨が直撃。大丈夫か!?

友人と合流し横浜アリーナへ。
すでに入口はテクノ狂で溢れ返る。

18時開場。
例年だとダンスフロアに直行するが、今回は友人に付き合ってグッズや企業ブース、イベントブースをゆるーく巡回。
PIONEERブースのノースリーブにブーツのコンパニオンのおねーちゃんが可愛かった。
このイベントでコンパニオンは珍しい。

いつもは当日にタイムテーブルをチェックして回るアーティストを決めるのだが、今回は事前にあらかじめアーティストの回る順番を分単位で決めておいた。
27組もアーティストがあると、こうしておかないとエライことになる。
ご飯の時間まで決めておいたもんね(笑)

それから12時間、ぶっ通しでダンス、ダンス、ひたすらダンス!

マイ・ベスト・DJは大トリのRICARDO VILLALOBOS。
最初はパープーなトランペットに極太のリズムがドッカンドッカン鳴っている曲でじわじわと盛り上げて、それをカウベルがキンコンカンコン鳴っている曲をつないで、そのままディープなハードミニマルに突入。
最後はメチャメチャかっこいいエレクトロニック・トラックで爆発。
終了が6時30分なのに7時までぐいぐい引っ張る。
ほっといたら何時間でもやっていただろう勢い。

マイ・ベスト・LIVEはREX THE DOG。
MySpaceで事前にチェックしていてお気に入りだった。
これが自分のテイストに直球な「踊れるエレポップ」で・・・是非見なきゃあかん!と一念発起。
案の定、人気炸裂で入場規制は出るわ、酸欠状態になるわ、汗だくになるわで最高だった。

ステージには犬の着ぐるみをした人まで登場。
んで、出てくる音はアナログシンセを多様してるし、チープなリズムマシンだし、でもドラムキットだけは力強くドッカンドッカン鳴ってるし。
モロ80年代を意識しているんだよね。
80年代ニューウェイヴ好きだった人には是非、アルバム「ザ・レックス・ザ・ドッグ・ショー」を聴いてもらいたい。
エレディスコからブレイクダンスのバックトラックと言っても過言ではないエレクトロまでいろいろやってます。
YAZOOをサンプリングしています。
こいつはアルバムを絶対買うぞー。

それとやっぱり今年もいました、奇人変人。
過去にはブルマ+体操服、ゴスロリのメイド(厚底靴でどうやって踊るんだ?)などいたが、今年の極めつけは赤ふんどしに全身ボディペインティング。
まあ、ダンスと暑さ対策にはいいかもしれない。

不思議だったのは、踊っている自分を見つめているもう一人の冷静な自分の存在を発見したこと。
5年前くらいだったらダンスにただ夢中だったけど、今は周囲にぶつからないように気を遣ったり、友人の体調を気にしてあげたり。
久しぶりにイベントに参加したからかな?
とにかく、こんな気持ちは初めて。ちょっぴり大人になった気分。

それと全体的にBPMが落ちてきている。
高速BPMでガンガン踊らせるより、落ち着いたグルーヴで曲そのものの良さを目一杯引き出そうとするDJが増えてきたように思える。
ハードミニマルの先駆者JEFF MILLSが大トリを務めていた頃は、150を超えるBPMの中、フロアで撃沈して爆睡する若者で溢れていたもんな。

そんなこんなで、7時には会場にライトが照らされ遂にお開き。
みんな「終わったねー」とラストダンスの余韻に浸っていました。
フロア中央のスクリーンにはThank Youの文字が。

thank you

これが物議を醸している。
例年、ここには「See You Next Year WIRE○○」(○○には来年の西暦下二桁が入る)が表示されるのだが、今年はThank Youだけ。
ということは、来年は開催されないかもなんて話がチラホラ。
事実、オーガナイザーの石野卓球は常々「来年はないかもしれない」発言をしている。
さて、その真相は来年になれば明らかになるはずだ。

15年間のマイ・テクノ・ヒストリーの総まとめになるような最高のイベントだった。
開催に関わったすべての人に感謝、感謝、感謝!
スポンサーサイト
[ 2008/08/31 09:25 ] 音楽 | TB(0) | CM(4)

いよいよ今日

[ 2008/08/30 09:18 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

グ~

どしゃぶりの雨が降ったかと思いきや、日が差したりして・・・
ひさしぶりに蝉の声を聞きながらブログを更新。
現在、室温34℃。
ちょい蒸し暑い。

甥っ子が大好きなエド・はるみさんが、24時間テレビでマラソン・ランナーを務める
まさにランニン・ぐ~っ。

聞くところによると昔から憧れていて、自主的に毎日10kmの走り込みを行っていたのだとか。
念願が叶ってよかったねー。

もっとも放送当日はWIREで踊り狂っているはずなので、雄姿が見られないのが残念。

んでエドさんがドラマ「tomorrow」に出てるってので、ちょい拝見。

ナースセンターの婦長さんの役。
もともと女優を目指していたこともあるだけに上手い、上手い。
子宮筋腫で腹痛になる場面なんかも、本当に痛そうに演技していた。
普段からマナーがいいので、組織のリーダーやしっかり者の役にはもって来いだね。

さすがにドラマの中じゃ、グ~は封印。
あ、でも他の人がやってくれるということも考えられるな。
竹野内豊か菅野美穂にギャグでもいいからやって欲しい。
[ 2008/08/29 15:42 ] TV | TB(0) | CM(0)

燃えた萌えアイドル

キサラギ」を見る。
お盆休み中にビデオ録画したまま、なかなか見る機会がなかったので思い切って深夜に見た。

B級アイドル=如月ミキの1周忌に集まった5人の男たち。
各人がディープなファンを自称するが、焼身自殺と思われていたアイドルの死因に次第に疑問を持つようになり、物語は意外な方向へ展開していく。

ネタばれになるので詳しくは言わないが、密室劇としては秀逸な映画だと思う。
なにより主演が超豪華!
ユースケ・サンタマリア、小栗旬、小出恵介、香川照之、塚地武雅(ドランクドラゴン)。
ベテランからルーキーまで上手にMIX。

その中でも塚地は「間宮兄弟」や「裸の大将」(リメイク版)でも見てたけど、なかなかイイ味だしてる。
つい最近では「ハンサムスーツ」にもブサイク役で出てたな。
存在自体が朴訥。

最後に劇中で如月ミキが大磯ロングビーチで行ったライブ映像が出てくるんだけど、これが恐ろしくヘタ(*^_^*)
演じているのはプロの声優らしいが意図的?

[ 2008/08/27 17:35 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

from TOKIO to PEACE

広島に戻る前にこの20年間を振り返ってみると、そこには常に音楽が流れていたように思える。

中学・高校の頃にバンドブームが盛り上がって、大学でテクノに出会って。
音楽は自分の人生を変えた「一大事件」。

「東京」を象徴するサウンドトラックは何だろう?
やっぱりYMOの「テクノポリス」かな。ベタだけど。
あの冒頭の「TOKIO!」に全てが集約されている気がする。

無機質で人工的、過剰・飽和と崩壊を繰り返す眠らない街。
手を伸ばせば、あらゆるものが手に入れられる欲望の渦巻く街。
大好きで大嫌いな街。

石野卓球がベルリンを「世界で唯一、キ○チガイがキ○ガイと呼ばれない街」と表現していたけど、東京も同じかもしれない。
本当に沢山の人で出会えたからね、ココで。
[ 2008/08/26 17:59 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

10周年

今週末、WIREに行く予定。

日本最大級の屋内レイブ」。
これがこのイベントのキャッチフレーズ。

電気グルーヴの石野卓球がオーガナイザーを務め、今年で満10周年だ。
10年前といえばちょうど大学を卒業した年にあたるので、社会人としてこのイベントと共に歩んできたと言っても過言ではない。

今でこそ夏フェスは各地でバンバン行われているけど、当時はそんなものは皆無で、「フジロック」がその先陣を切って試行錯誤しながら少しずつ成長していった、そんな時代だった。
ダンスミュージックに特化したものだと、RAINBOW2000もあったっけ。

WIREは初参加が2001年。
ずっと行きたいと思ったけど、会社の勤務状況からどうしても行けなかった。
それをどうにかして調整して参加したんだけど、初めてメインフロアに入った時には感激したね。
横浜アリーナに吸い込まれていく~って感じで。
音はデカいし、フロアが広いからぶつかることもなく思いっきり踊れる。

当時、GIGOLOを運営して絶好調だったDJ HELLのDJでは、1曲目からデペの「Leave in Silence」のアカペラバージョンをフルにかけて会場の度肝を抜いてた。
というか、若者は口を開けてポカーンとしてた。
この曲は一体何っ!?って感じで。
HELLはニューウェイヴ・ネタをガンガンかけてて、挙句の果てにはDEAD OR ALIVE「You Spin Me Round」のリミックスなんかを上手く混ぜてた。
こんなDJがいたのか!って感じでガンガン踊ってた。

その後02年、04年、06年、07年と参加して、クラブに行く回数が減った分、このイベントにはマメに行っていたな~と振り返る。
なんせ横浜アリーナには徒歩で行けるからね。

今年はひさしぶりに電気のライヴがあるから、テンションも上がるね。
楽しむぞー
[ 2008/08/25 21:28 ] 音楽 | TB(0) | CM(2)

disposable love

引越し日までに1ヶ月以上あるけど、バタバタする前に不用品の処分を行う。

部屋を占領する大量のCDと本はひとまず保留。
故障して使わなくなったAV機器と関連ソフトを中古専門の買取業者に出張買取を依頼。
ほとんど二束三文だけど、自分で持ち込んで挙句処分費用を支払うよりはマシかなと。

最古のモノは15年前に購入した、レーザーディスク・プレーヤー
再生ソフトは12インチの巨大なCDとでも表現するべきか、とにかくデカくて場所を取るやっかいものだった。

でも思い出はすごくあって、「Zガンダム」のLD-BOXが出ると知り、バイトして貯めた金でやった買えた時には本当に嬉しかったなー。
最初の放映から10年、もはや地方テレビの再放送でしか見られなかった番組が、フルで見られるこの嬉しさ!

ファーストガンダムは再放送で知ったけど、Zは小学生の頃にリアルタイムで見てた。
当時はモビルスーツのカッコ良さにシビれてたけど、改めて見返すとストーリーが非常にシリアス、かつダーク。
ラストに近づくと主要キャラがどんどん死んで行くし、主人公はラストで精神を崩壊させてしまう。
ファーストのラストでは、シャアとの一騎打ちを潜り抜けたアムロが戦友の元に帰還して、希望に満ちたシーンで終わるけど、Zは・・・何だろう?

LD-BOXには資料価値の非常に高いブックレットが特典として含まれていて、ファースト終了からZガンダムが放送されるまで、富野監督が構想を練る為に書き上げた「富野メモ」なるものが詳細に再現されていた。
いろいろと興味深いのだが、当初Z本編ではアムロは死ぬことになっていて、それが生き延びて「逆襲のシャア」までに至ったのは、キャラクターに根性があったからだと述べられている。
うん、アムロあってこそのガンダムだから、この判断は正しかったと思うよ。

その後、Zの映画版(豪華な3部作!)では大幅に変更されて度肝を抜かれたもんだ
(どんな風に変わったかは秘密。興味がある人はDVDを見てねー)

ハッと気がつくと周りではDVDが普及して、VHSさえも過去のものになり、ましてやLDなんて存在さえ知らない人も増えてきてる。
今だったら中古で1,000円くらいで買えちゃうもんね。

自分の場合、コレクター的なフェチズムはないので、手放すことに抵抗感はさほどない。
というのも、インパクトの強いものは自分の記憶の中に確実に刷り込まれているからだ。
これは音楽や映画に関しても同じ。

仕事に就いてある程度お金が貯まったら、またDVD-BOXで買い直そうっと。
[ 2008/08/23 19:56 ] レーザーディスク | TB(0) | CM(0)

突然ですが

9月末で広島の実家に戻ることになりました。
家庭の事情ってやつです。

会社は7月いっぱいで退職しました。
転職してほぼ1年、本当にいい会社だったなーと思います。
規模は小さいけど、同期でバーベキューやったりして。
みんな仕事熱心だけど、残業せずにオフを大切にする雰囲気があって。

この会社に入って、仕事用に自分専用のPCと携帯を社会人として初めて持たせてもらったし。
はじめて先輩にキャバクラに連れて行ってもらった時は、すごい緊張したっけ(笑)
接待のノウハウはそこで学びました。
某新橋の女の子はみんな可愛かった(遠い目)
東京の女の子はレベル高いなーなんて感動しながら。

広島の片田舎から首都圏に出てきてちょうど20年。
圧倒的な情報量と人とモノとカネが渦巻き、毎日毎日どこかしらでドンチャン騒ぎのお祭りが行なわれている。
地方出身者から見るとそんな感じ。

一番びっくりした最初の思い出が、電車の本数がとにかく多いこと。
広島じゃJR(旧国鉄)とチンチン電車しか知らなかったから、こっちに来て地下鉄に乗った時には感動したな。
電車が地下を走るって何!?って感じだったもんね。

それと都内の中心地で周りを見回しても、山が見えない!(当たり前か)
ビルは高いし、見えても丹沢くらいかな?
広島の中心地からは山がバッチリ見えますよー。

初めて渋谷に行った時には、すごーく緊張したのを覚えている。
当時(90年代初頭)はチーマーがたむろしていて、中学生のガキが一人で行くには危険地帯だったから。
しかも目的が、B-CLUBショップっていうホビーショップでガンダムのガレージキットを見に行くこと。
ガレキなんてお金が無かったから、ただ見るだけ。
中学生の同級生にガレキがバンバン買える裕福な社長のドラ息子がいて、そいつの影響。

そんな渋谷も、今ではテクノとクラブとマニアックな映画を上映するミニシアターな街になっちゃって。
自分の生活とは切り離せない街に変わっていった。
ここは間違いなく土地勘はあるね。

仕事あるのかな?、とかテクノシーンなんてあるのかな?、とかいろいろ考えちゃいますけど、「住めば都」の精神で精いっぱい頑張ります。

今は某団体職員を目指して、今更ながら公務員試験の勉強を必死でやってます。
試験は来月。
うおー発狂しそう。

関西在住の皆さん、もうすぐ近くに行くから待っててねー。

BGMは電気グルーヴ「虹」。
[ 2008/08/22 23:35 ] 人生 | TB(0) | CM(4)

メイド・イン・ヨコハマ

ゴールデンウィークに10年ぶりに再会した友人と、横浜のメイドカフェに行ってきた。

前回は本場、秋葉原でしたが今回は自分の地元、横浜。
横浜駅より徒歩6分、Honey Honeyは繁華街からやや離れたところにある。

店内に入ると、大きなスクリーンに北京オリンピックの生中継が映し出されていて、ちょうど砲丸投げの室伏選手が決勝での第1投を行っている最中。

オススメの鴨ネギ丼とMIXジュースを頼むと、お通し(?)のパンプキンスープが出てきてびっくり。
メイドカフェでお通し・・・?

その後はコミケ、PC、DJ話とアンダーグラウンドな話題で盛り上がりました。
いやーひさびさです、こんなの。
[ 2008/08/18 08:48 ] メイドカフェ | TB(0) | CM(2)

I shall return.

サングラス少年

広島の実家から無事帰還。

お盆休みは自分のルーツの再確認とも言うべきバケーション。
父方、母方のお墓参りを同時に行なうのは一体何年ぶりだろう。

何故か姉の息子2人のパパ役を任されて、テンヤワンヤ。
忙しい姉に代わり、お風呂から着替えなどパパの代理をしっかり果たす。

アップした写真はその長男。
ママが大好きな甘えん坊。
エドはるみと吉幾三「俺ら東京さ行ぐだ」をこよなく愛する6歳である。
父の新車のカーステでこれと「帰って来た酔っ払い」をヘビーローテーションして、ママを困らせていた。
オラ東京さ行ぐだ~」と「オラは死んじまっただ~」が何度車中に響き渡ったことか・・・
子どもはミョーな曲が好きなものです。

お土産は徳川の「広島風シーフードデラックスお好み焼き」。
小学生の頃、TVで頻繁にこの会社のCMをやっていた。
お好み焼きなら徳川へ、友達たくさん作りましょ~ってキャッチフレーズ。
会社のマークは徳川だから葵の御紋。
懐かしいなー。
[ 2008/08/16 23:10 ] 盆休み | TB(0) | CM(0)

暁光

20080813133031
海水浴第2弾は山口県光市の象鼻ヶ岬。

古くから瀬戸内海の海運上の重要な港町として栄え、弘法大師が唐から帰国した際に立ち寄ったらしい。

そこから眺めた日の出は例え様もなく美しい。

BGMはアシュラ・テンペル「ニューエイジ・オブ・アース」
[ 2008/08/13 13:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

海水浴は乳の味

20080811214914
山口県と広島県の県境に近い笠戸島で海水浴。

ここは佐々木小次郎が巌流島で宮本武蔵と対決する前に立ち寄ったと言われる由緒ある島。

瀬戸内海特有の波が少なく穏やかな海面と静かな入江で、甥っ子たちと童心に戻って水遊びしちゃいました。

ホテルでの夕食で出た茶碗蒸しの容器がおっぱいの形。

思わず激写!
[ 2008/08/11 21:49 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

お墓参り

20080810211650
お墓参りで山口県長府市の功山寺を訪問。
ここは幕末に高杉晋作が奇兵隊を旗揚げした由緒あるお寺。

先祖代々のお墓を前にへなちょこ人生を大いに反省し、新たな決意を抱く!

振り返ると青い空と白い入道雲、優しく波を湛える瀬戸内海が広がる。

都会で毒された体をキレイに浄化してくれるようだ。
古里っていいなぁ。
[ 2008/08/10 21:16 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

広島モナムール

お盆休みで1週間、故郷の広島に帰省します。
ブログの更新で携帯サイトからエントリするかもしれません。
ちょくちょく顔を出します。

あちらは平均気温が2、3℃高いんですよねー。
暑いけど、やっぱり夏が好き。
[ 2008/08/09 11:32 ] 家族 | TB(0) | CM(0)

サインは I Love You

メロイックサイン

デトロイト・メタル・シティを近所のコンビニで全巻読破(1~6巻)。
BOOK OFFで購入する予定だったが待ち切れず。

予想通りハチャメチャなストーリーだ。
オシャレポップス+デスメタルな二重人格の主人公=根岸宗一もなかなかイイ味を出しているのだが、取り巻きのファンも逐一もの凄い誤解をしまくって、ますますデスメタルシーンが活性化する。

あまりに卑猥過ぎてここでは書けないが、一部のフェミニストを激怒させること間違いなしの表現が続出。
ヤバイよ、コレほんとに。
デスメタルファンの人は一体どう思ってるんだろう?

これを読み始めて初めて知ったのだが、メタルファンの間には上記画像のようなサインが常識となっているらしい。
「メロイックサイン」といって、 I Love Youの頭文字を表しているらしい。

キツネさんマーク


それに対抗して、新しいサインを考案してみた。
名付けて「キツネさんマーク」(笑)
どーだっ。
[ 2008/08/08 20:04 ] メタル | TB(0) | CM(0)

街を闊歩

Googleの新サービス「ストリートビュー」。

これはヤバい!
試しに自宅の自称「外気より気温が暑くなるマンション」を検索してみたら…
あったあった。
一体いつの間に撮影したんだ?と思うようなアングルでばっちり画像がアップされてた。
マンションの前に置いてある自分のおんぼろバイクまでも激写されている。

お盆シーズン前に観光地(日本ではカバーされているのが大都市に限られるが)やレストランの下見にはいいかもしんない。
お店の外観が分かって迷うことも少なくなる。

体が不自由などの理由で現地に行くのが難しい人に、バーチャルトリップを提供することができる。
ネットを使った「旅」。

でも外観が分かるということは、犯罪にも適用されやすくなるのかも。
強盗に入る前にストリートビューで下見、なんてことも考えられる。

面白いサービスだけど慎重にならなきゃいけないね。
[ 2008/08/07 16:30 ] 散歩 | TB(0) | CM(0)

チャイナ・ディスコティカ

松屋銀座で開催中の「高橋留美子展」に行く。
初の原画展らしい。

先日のめぞん一刻の実写版ドラマを見て、原作を読み直した後に友人からのお誘いがあったので、ホイホイくっついて行きました。

この友人、テクノからアニメまでサブカルな話題を共有できる数少ない友人の一人で、彼から富士ロック煎餅なる珍妙なお土産をもらいました。

富士ロック煎餅

会場に着くとファンと思しき人でごった返している。
大半は女性だが、中には自分のようにサンデー読んでました!ってな中年間近な男性もちらほら。

圧巻は一刻館の玄関と管理人室の1/1模型。
総一郎さんの犬小屋と響子さんがよく使っていた竹箒まで置いてある(笑)
外観は80年代のボロアパートそのまま。

原画はうる星やつら、めぞん一刻、らんま1/2、犬夜叉、そして「人魚の森」などの短編集を時系列的に並べているので、氏のタッチの変化を楽しむことができる。

「めぞん」で言えば、連載当初の頃の響子さんの眼はつり眼で多少キツイ印象を与える。
それが徐々に丸い、優しい眼差しに変わっていくのだ。

会場の出口付近には、氏が指名して書いてもらった著名まんが家のラムちゃんイラストがずらっと並ぶ。

あだち充、青山剛昌、椎名高志、北条司などなど。
吉田戦車にはビビった。
「伝染るんです」のかわうそ君しか知らなかったが、意外に美少女も書けるんだな。
ほとんどのまんが家が思春期に「うる星」を見ていたらしく、健康的なエロさにコンプレックスを刺激された、というコメントが多かった気がする。

グッズ売り場で「めぞん」のポストカードを購入。
すでに売り切れのイラストもあって、人気の高さをうかがうことが出来た。

松屋銀座をあとにして、有楽町まで歩き、JR線で横浜中華街まで下り、関帝廟を訪れる。

関帝廟


三国志で有名な関羽を祭っている霊廟で、商売繁盛の神様で有名らしい。
友人は三国志オタクで、原書の正史を解説付きで読むくらい大好きなのだ。
建物の柱や壁に書かれている場面を興奮しながら逐一説明してくれたのだが、ちんぷんかんぷん。
こういった霊廟は神戸の中華街にもあるらしい。
今度行ってみようか。

日も暮れてきたので元町でパスタをずるずる胃に流し込んだ後、中華街のド真ん中にあるカラオケBOXでたっぷり熱唱。

友人と自分との絶妙な選曲勝負を3時間。

Joy Division"Love Will Tear Us Apart"を出してきたら、NO"Regret"。
平沢進の映画「パプリカ」の主題歌には、アニメ版めぞんの主題歌「悲しみよこんにちは」(斉藤ゆき)で対抗!
Yazooの"Only You"まで歌ってしまった。

カラオケを出た23時の中華街は昼とは打って変わり、人通りがなく閑散としていた。
「兵どもが夢のあと」とはこのことか。
[ 2008/08/07 10:03 ] カラオケ | TB(0) | CM(2)

お盆前に思う。

この時期、先祖の霊が現生に戻ってくるという。
先祖から祖父母、両親に受け継がれたものが、確実に自分の中に入ってきている。
それは好き嫌いにかかわらず、「血」で受け継がれたものだ。

まずはその「血」を受け入れることだ。
[ 2008/08/06 06:00 ] 人生 | TB(0) | CM(0)

決定的証拠

気温計

まずはこれを見てほしい。
気温計が35.5℃を示している。
アパートの2階の真ん中の部屋。
外よりも暑いってどーゆーこと!?
つーか体温と気温が一緒ってどーゆーこと!?

最近、やっと暑さの原因が分かってきた。
アパートの目の前にファミレス(ガスト)とマンションのエアコン用室外機があり、そこから排出される熱風がどうも部屋に流れ込んできているようなのだ。

クーラーは大嫌いなので(すぐ風邪を引く)扇風機で我慢してきたが、もう我慢できない。
体温を下げる為に外出する、なんてナンセンスなことはもうしたくないな・・・
[ 2008/08/04 17:46 ] 住居 | TB(0) | CM(0)

ニューウェイヴ100%コレクション(渋谷~自由が丘編)

喉がカラカラになったので、347 Cafeでマンゴージュースを飲んでほっと一息。
オープンタイプのカフェで庭には小さなプール付き。

ここでナイロン100%の本を一気に読み上げた。
常盤響が小学生の頃に通っていたなんて衝撃的な事実も判明。
小学生でライブハウスに入り浸りかよ!

本日の総仕上げとして、先日訪問したがクローズしていた自由が丘のGotham Cafeの予約を取る。
良かった、今日は営業している。

渋谷から東横線で自由が丘まで行き、徒歩で店まで行く。
暗くなりかかった自由が丘駅前には大きな櫓が組まれていて、夏祭りの様相を呈していた。

さて閑静な住宅街を抜けると、そこには小さなオープンカフェが。

gotham cafe


店内に入ると、大竹まことにそっくりの噂の店長が!
ホール係の若い兄ちゃんに案内されて着席。

店内は10名が入ればいっぱいになりそうな、こじんまりとした佇まい。
さっそくスープ仕立てのペペロンチーノとシーフードピザ、カルーアミルク、スイーツをオーダー。

店内には中年のおじさんとおばさんが2組、若いカップルが1組。
ペペロンチーノが運ばれてくるまでおじさん、おばさんの話をぼーっと盗み聞き(笑)

おばさんは元出版会社に勤務していたらしく、今度何かの執筆コンクールに出展するようだ。
その原稿の内容のことであーでもない、こーでもないとおじさんと話している。
おじさん曰く「コンクールってのは審査員の欲しているものを出さなきゃダメなんだよな~」

自分ではイイと思っても、他人から見ると大したものでないことってことは結構ある。
評価は他人が決めるものだ。
DMCの自分の実力と他者からの評価とのギャップじゃないけど、自分に自信を持つのって実はなかなか難しい。
自分の中で軸がないと、ブレてしまうからね。

なんて考えていたら、ペペロンチーノが来た。
たっぷりのスープ、パスタはやや細め。
まずは一口スープを飲み干す。

辛ェー!!! (フォントMAX)
なにコレ、ハバネロが入っているんじゃないの!?
冗談きついよってくらい辛くて、口に運ぶ度に火を噴きそうになる。

だがこの辛さが胃を程よく刺激してくれたからか、徐々に食欲が出てきて、辛いんだけど美味しい=カラオイシイ(なんのこっちゃ)領域に達した。

ヒーヒー言いながら食べ終え、手作りのモチモチした生地のシーフードピザを完食。
最後にアイスクリームが添えられた焼きプリンをほおばって終わり。

美味しかった!
ここはオススメのカフェです。
[ 2008/08/03 17:22 ] 散歩 | TB(0) | CM(0)

ニューウェイヴ100%コレクション(渋谷~新宿編)

渋谷シネクイントにて「テネイシャスD」を見る。

この映画は初めから「外す」ことを目的に見たので解説するのもバカバカしいのだが、手短に説明するとロックバカ1号がロックバカ2号と出会い、かつて有名なヘヴィメタ・ミュージシャンが手にしていたという伝説のピックをロック博物館から盗もうとする。
文章にするとたったそれだけのストーリーだが、カメオでクセのある俳優がいっぱい出ててウケた。
ティム・ロビンス、ベン・スティラー、ミート・ローフ。
あの知的な佇まいのロビンスがあんな役で出てるとは(どんな役かは見てのお楽しみ。うぷぷ)
「時計仕掛けのオレンジ」や「スターウォーズ」のパロディもバンバン出て来るし。
久々にバカ映画を見たって感じ。
お客さんもみんなゲラゲラ笑ってた。
まあ主演のジャック・ブラックはいろんな意味で濃い役者さんなので、好みは分かれることでしょう。


次に向かったのは、かつてニューウェイヴ喫茶「ナイロン100%」があったセンター街に位置する某ビル。

ナイロン100%跡


NYLON100%~80年代渋谷発ポップカルチャーの源流~」を読み、その現場を訪ねたいってことで行ってみた。
なんてことはない、自分がかつて何気なくも通ったことがある場所ではないか。
ここでテクノ御三家(P-MODEL、ヒカシュー、プラスチックス)や戸川純、そしてナゴムの連中がライブをやってたのか。
今は美容室になっているようだ。
日本のニューウェイヴの発信地の前でしばし呆然。
こんなところで写真を撮っている自分は間抜け100%。

タワレコでデトロイトメタルシティ(DMC)のグッズを物色。
おおっ、もう6巻が出るのか。
しかしお金が無いので、人気がなくなった頃にBOOK OFFで安く買うつもり。
クラウザーさんがもしそこに居たら、きっと「サツガイ」されていただろうな・・・

にしてもこの異常な人気は一体なんなんだ。
劇場版は今月公開だが、すでに松山ケンイチはいろんなメディアに露出しまくり。
PARCOのフリーペーパーに「人は自分の目指す理想像と現実の実力のギャップに悩む。そこをうまく表現できるように役作りに努めた」という内容の発言が載ってた。
うんうん、そーなんだよね、などと痛く納得。

お目当てのタワレコのロゴ入りTシャツ(黒)が新宿店にあると知り、取り置きをお願いし、せっかくだからと一念発起して渋谷から新宿まで徒歩で行くことに。

明治通りをひたすら北上。

原宿の竹下通り付近は沢山の人でごった返す。
家族連れ、コスプレ萌え萌え少女、ゴスロリ少女、何でもござれ。
外国人女性はなぜかノーブラで胸ポチ率高し。
恥ずかしくないのかな?
そーいえばロスの本場のディズニーランドやユニバーサルスタジオに行った時もノーブラ率高かったっけ。
訳もなくドキドキしたよなー(遠い目)

代々木の巨大なDOCOMOタワーを通過すると、あっけなく新宿駅南口の高島屋前に出た。
歩いて約40分、意外と近い。

FLAGS内のタワレコ新宿店でTシャツを買い、ぶらついているとDEVOのBOX-SETを発見!
1stの「退廃的美学論」からニューウェイヴ時代の「シャウト」まで収録。
多分サマソニ絡みのリリースだと思うけど、彼らくらい現役のニューウェイヴァー(?)ってそんなに居ないよね。

CLUBコーナーで試聴したDIGITALISMのキツネの新しいMIX-CD「タブロイド」にはヒューマンリーグの「Things That Dreams Are Made Of」のダブ・バージョンが入っていてビックリ。
サンプリングヴォイスが延々と繰り返されていて、メチャメチャかっこいい。

明治神宮


さて新宿から渋谷に向かうのに同じ道を通っては芸がないと思い、明治神宮を抜けて行くことにする。
コンクリートジャングルを抜けて森に入るとと気温がグッと下がり、汗もスッと引くから気持ちいい。
せっかく来たからお賽銭箱にお金を投じてお祈り(何を祈ったかは秘密)

相変わらず人は多い。
日本人より、外国人観光客の方が多いねココは。

原宿駅前に出たので、昔よく通ったアナログシンセ・ショップ「FIVE-G」や、なぜかモーニング娘のグッズを大量に販売している代々木体育館前に立ち寄りながら、ファイヤー通りを渋谷駅方面にテクテク。

どピーカン、燦々と太陽は照りつけてそろそろバテてきた。
[ 2008/08/03 00:18 ] 散歩 | TB(1) | CM(0)

最近の気になった言葉から

以前ご紹介した「めぞん一刻」のTVドラマ。

管理人の響子さんを演じた伊東美咲。
友人いわく、若かりし頃の中山美穂に似ているというのだが・・・はて?


姉の長男(6歳)がエレベーターのボタンを押す時に、「ポチっとな」と発言。
ん? なんか懐かしいぞ、その言葉。

調べたら語源はタイムボカンシリースの「ヤッターマン」だった。
ボヤッキーのアドリブから派生したらしい。
まあ、押したらいつも自爆してたけどね(笑)
大爆発が起きておしまいってか。
[ 2008/08/01 03:46 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

koh

  Author:koh
  出身地:広島県

  好物は音楽、読書。
  日々おもったことなどを
  徒然なるままに記します。

カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。