スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エンゲージリングで安心していてはダメ

就職活動とはお見合いだ。
雇用する側と雇用される側が各々カードを出して付け合わせ、お互いにマッチするかどうか駆け引きを行なう。

本格的な不景気に突入し、新卒でさえも内定を取り消される事態になった。
結婚=正社員になると仮定すると、内定取り消し=婚約破棄というところか。
内定を取り消された新卒者が言っていた。
怒りを通り越して悲しい、と。

気持はよく分かる。
新卒でこの状態なので、一般求職者はもっと厳しい。
先日、書類選考中だった某外資系メーカーから「不況に突入し受注が大幅に減った影響で会社経営が危うくなり、選考自体が白紙になる可能性がある」と連絡が入った。
書類選考そのものがなくなるという事態。
こういうことを想定した上で、今後は就職活動を続けなければならない。
内定して、試用期間を経て、正社員になるまでは全く気が抜けないのだ。

全国で正社員を目指し就職活動中の皆さん!
苦しいでしょうけど、一緒にがんばりましょう!
(半分は自分に言いきかせている発言)
スポンサーサイト
[ 2008/11/30 17:40 ] 仕事 | TB(0) | CM(0)

傘を片手に

速谷神社の紅葉


片道1時間の散歩道の途中、速谷神社の紅葉が鮮やかなので思わず見とれてしまった。
後方に聳える山の木々はオレンジ、くすんだイエロー、ダーググリーンに染まり、秋を終えてそろそろ冬仕度という様相を呈している。

今日は雨が降ったりやんだり、猫の目のようにくるくる天気が変わる。
そのたびに傘を差したり畳んだりと大忙しである。
まるで自然環境とセッションを行っているようだ。

坂本教授がWIN95がリリースされてインターネットが普及し始めた頃、ISDN回線を使って世界同時ライブを行ったことがあった。
常時接続やブロードバンドなど、まだ一般的ではない時代である。
細い回線の為、時折画像や音声がブツブツと途切れる。
それを称して「環境とセッションしている」と発言したのが印象的だった。
当時としては高度なテクノロジーを駆使しながらも、トラブルに対しては独特のユーモアで切り抜けていくスタンス。
それくらいタフでないと、本当の意味でテクノロジーは使いこなせないのかも知れない。

雨露をしのぐ傘というテクノロジーの産物を手に、家路へと急いだ。
[ 2008/11/29 16:41 ] 散歩 | TB(0) | CM(3)

健康注意報

広島に戻ってきた時、NHKの気象情報で「心筋梗塞・脳卒中」の注意報が放送されていることに気付いた。
なんだろう?と思っていたら、中國新聞にも毎日同じ注意報が掲載されていることに気付いた。

心筋梗塞・脳卒中注意報

どうやら広島県医師会が各報道機関に積極的に働きかけて実現したようだ。
暖かい室内から寒い戸外に出る際には注意を!ということだろう。

ウォーキングを始めてから、苦手だった寒さに強くなった気がする。
冷たい外気に肌を晒し、冷気を体に取り込むことで身体の粘膜が低温への耐性を持ち始めている。
生物の恒常性(一定に保とうとする性質)は素晴らしいものだ。
[ 2008/11/28 17:17 ] 健康 | TB(0) | CM(0)

人を見る目

今日は小室さんの誕生日。
バタバタしていて、これからi-tunesでTMを流しっぱなしにすることに。

小室さんとの出会いは大学時代にLDで見たTMN終了ライブだが、当時の彼に関するこんな面白い分析がある。
イロモノキャラだった篠原涼子さんと、ダウンタウンの浜ちゃんという「ごっつ」のレギュラーをプロデュースして、ミリオンセラーを叩き出したことだ。
ふーむ、こんな考えた方もあるのね。

[ 2008/11/27 17:32 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

Slave to the Computer

撮りためた写真を家族に公開する為に、GoogleのPicasaを導入。
これまではメールに添付していたが、枚数が多いと煩雑な作業になる為、今回から思い切ってWEB上に格納庫を作り、各個人がそこへアクセスして閲覧してもらうことにした。
もともと「WEB上に巨大な倉庫があって、そこからデータをダウンロード&アップロード、加工できたら楽だろうな~」と考えていた。
特に遠隔地に住むアーティストがコラボして音楽制作を行なう場合、これがあれば楽だ。
ブロードバンドの浸透とサーバーの大容量化に伴い、それがついに実現できるかもしれない。
いや、すでに実現しているはず。

写真の撮影場所をGoogleのマイマップに落とし込めば、どこで撮ったものかがすぐに分かる。
今回のテーマが生まれ故郷(日本で3番目に人口密度が高い町)だったので、場所は重要な要素である。
よく遊んだ公園に大きな集会所が建ったり、段々畑だった場所に道路が建設されていたりと、20年を経て激しく変化する街の風景は圧巻である。

WEBが進化したおかげで、物理的な距離は大きな障害と呼べるものではなくなった。
それはGoogleの奴隷になった証拠でもあるのだが(笑)
[ 2008/11/26 16:57 ] Google | TB(0) | CM(2)

祝!紅白出場

Perfumeが紅白出場決定

満を持して遂に登場。
出る出ると言われていたけど、このタイミングで出なきゃいつ出るんだってな雰囲気だったもんね。
ポリリズムとGAMEで止めを刺した感じ。

やっぱりポリリズムを歌うんだろうな。
個人的にはシークレットシークレットが希望だが、P○NOのタイアップだと対抗できないだろう。

NHK好きな我が家でも、近年はK-1にその座を奪われていた大晦日のチャンネル権。
久しぶりにNHKが返り咲きしそうである。
というか、自分がそうして見せる。

テクノポップガールズのバブルが頂点に達した感がある。
なーんて考えていたら、Aira Mitsukiの2009年第一弾のタイトルは「サヨナラ TECHNOPOLiS」だって。
まるでテクノの終焉を宣言しているみたいだね(笑)

今年の自分にぴったりなネーミングだよ。
さよならテクノポリス。

[ 2008/11/25 17:17 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

オーケストラ・リハーサルはチューニングから始まる

広島文化短期大学 音楽学科 第33回定期演奏会

父が教員を勤めていた短大の定期演奏会に父の代理で出席。
地域に開かれた音楽教育に力を入れているのが特色で、卒業後は保育士になったり音楽家になったりと多彩な人材を生み出している短大である。
この演奏会は音楽科の単位必須科目であるらしく、専攻者全員が強制参加らしい。

冷たい雨が降る中、平和記念公園内にある広島国際会議場の地下にあるフェニックスホールに入場。
実は日付を間違えて昨日ここに来たら、医学関係の学会を開催していた、という大バカ丸出しの失態をやらかしたばかり。

来場者は圧倒的に女性が多い。
学生の友達らしき20歳前後の若い女の子と、娘の晴れ舞台を見学に来たであろう母親と父親らしき人である。

ひさびさの生楽器による演奏である。
最近は打ち込み音楽ばかり聴いていたので、ジャストではないテンポの揺らぎが耳に心地よい。

ピアノソロ、打楽器アンサンブル、管楽器中心のオーケストラ、そして合唱と盛り沢山。
曲目は「剣の舞」などのポピュラーなものから、「川よ とわに美しく Part2」などの被爆地・広島を歌ったものまで実に多彩。

・・・とここまでは、ふつーのレポ。
ここからはどーでもいーレポ。

指揮者のおじさんが羽田健太郎に激似。
フサフサした白髪、眼鏡を掛けてやさしい笑みを絶やさない。
こんな人に音楽をレクチャーされたらすぐに上達できそうだ。



冬場は見る機会が少ない二の腕を久しぶりに堪能。
打楽器アンサンブルは腕を激しく動かすので、ノースリーブやキャミもどき(?)の着用率高し。
うーん、最近の若い子(←エロおやじモード)は細いな。
根元からぽっきり折れちゃいそうだよ。
ぷるぷるたぷたぷの子はおらんかえ?

終了後、またまた西広島駅まで徒歩で帰った。
もはや市内に出た時の定番となりつつある。
[ 2008/11/24 20:57 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

オールドタイプの戯言

機動戦士ガンダムUC 第6巻を読み終わる。
気がついたら、購入して1ヶ月が経とうとしていた。

なかなか読み進められなかったのは、ガンダムに付き物だった「新しさ」が感じられなかったからかもしれない。
この新しさはガンダムの真骨頂で、ファーストで宇宙世紀という世界観を打ち出し、Z&ZZで変形ロボの概念を導入し(ファーストでは合体はあったもののMSが単体で変形することはなかった)、逆シャアでは主役級ガンダムに初のサイコミュ&ファンネルを搭載するなど、常に新しいことにチャレンジしてきた。
続くF91ではMSの小型化という劇的なプロセスを実現してみせた。
ビームシールドのアイデアは、その後のVに引き継がれている。

ではUCでの新しさは何か。
世界観か、MSか、ニュータイプか。

富野監督はF91の公開にあたり、「次のガンダムでは何をやってやろうか常に考えていました」と発言している。
当時中学生だった私は、アムロ vs シャアの対立構図が気に入っていたので、連邦軍に反旗を翻すクロスボーン・バンガードに共感することは出来なかった。
「新しさ」に対応できていなかったのだと思う。

でも社会人になり、常に「新しいこと」をやらなければ淘汰されることに気づいてからは、富野監督は正しかったのだと考えなおすようになった。
連邦 vs ジオンでは先細りするのが見えていたのだろう。
確かに国力で圧倒的に劣るジオンが、巨大勢力たる連邦に何十年にも亘り反撃するのは不可能なこと。
1年戦争の初期で勝利することが可能だったのも、ミノフスキー粒子とMSという切り札で混乱する連邦を一気に叩くことができたからだ。
V作戦で連邦がMSを開発することが可能になると、形勢は一気に逆転するのは目に見えている。
オンリーワンなテクノロジーを持つ零細企業が、パテントを大企業に持っていかれたものだ。

いつまでもジークジオンを叫んでいる訳にはいかない。
オールドタイプではダメなのだ。
変化を恐れていてはダメなのだ。

UCを読んでいると、随所に過去のガンダムの要素が埋め込まれているのが分かる。
ガンダム vs ガンダム→0083、Z
強化人間→Z、ZZ、逆シャア
サイコフレーム→逆シャア
ミネバ→Z、ZZ

特に逆シャアから3年後ということもあり、この作品の影響が色濃く出ている。
例えば、ロンドベルの旗艦はラー・カイラムで艦長はブライト・ノア、そしてその艦長室には殉死した兵士の遺影が飾られており、行方不明となったアムロ・レイ(ここでは中佐、当時大尉だったので2階級特進したものと思われる)もその中にいる。
ファースト世代としては懐かしい反面、まだ過去を引きずらなければ作品を生み出せないのか?という素朴な疑問が浮かんでくる。
原作者の富野監督ではなく、ガンダムに思い入れの強い福井晴敏が執筆しているので、大幅な改編は不可能にしても、斬新なアイデアをぜひ盛り込んでほしいところだ。
どうも、富野監督の作りだした世界観から抜け切れていないように見える。

だから「ガンダムをぶっ壊す!」くらいの勢いが欲しい。
次の第7巻は12月26日発売。
さてさて、どんな展開になるのか・・・


[ 2008/11/23 17:04 ] ガンダム | TB(0) | CM(2)

ヒトカラって何?

小室さんが保釈されたニュースを祖母に話したら、延々3時間説教された。
疲れて頭痛が・・・
超堅実な祖母からすると、年収20億円も稼ぎ出す人がなぜ貯蓄していなかったのかが理解できないらしい。
今度は優秀な管財人を雇ってしっかり金銭管理を行って欲しいものである。

今日は小室さんとKEIKOさんの結婚記念日。
6周年。

そして今月27日は小室さんの誕生日。
50歳の大台に乗ることになる。

その日は全国各地で小室さんが作った楽曲のカラオケ大会が行われるらしい。
中には一人カラオケを予定している強者もいるとか。
お金がない私は、家でi Tunesをリピート再生して大声で歌うことにしよう。

[ 2008/11/22 19:33 ] 音楽 | TB(0) | CM(2)

声ネタあります

某動画サイトでヒートアップするikuzoブーム。
ついにこんなサイトが登場
↓ポチっとな!してみて下さい。
IKUZOボタン

キーボードでお手軽に「あの声」が出せるのは嬉しい。
気分はDJ。
テテテテテレビもねぇ!

個人的には↓もいいかな。



一番のお気に入りは↓(既出)


[ 2008/11/21 18:25 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

当りまーす

アクセス数がたった2ヶ月で400を突破。
くだらないことをダラダラ書いているだけなんだけどな。
閲覧されている皆様に感謝。

さて、年賀はがきである。
超貧乏生活に突入した為、コンビニのおでんを食べたいと思うも指を咥えながら涙目で立ち去るしがない三十路男を見かけたら、私のことだと思って下さい。
当然、年賀はがきを買う金もない。

そこで方法は二つ。

既存の官製はがきに「年賀」と朱書して出す。
幸い、横浜時代に貯め込んだはがきが100枚以上ある。
しめしめ・・・と思っていたら、それは止めた方がいいという意見が。

そうか、お年玉くじをみんなが楽しみにしているのか。
では、これでどーだ!

これなら文句あるまい。
出す方は無料、受け取る方はそれなりにインパクトありでwin-win。
広告入りなんて手抜きで失礼だ、という意見はこの際却下。
だってお金がないんだもん。

お年玉くじで毎年当たるのは切手シート。
それより上のランクで当たった試しなし。
実用的だから、これはこれで有り難い。

当たると言えば、このCMまだやってたんだ。
小学生の頃から見てたよ。

[ 2008/11/20 16:50 ] 年賀はがき | TB(0) | CM(2)

う゛~ざむ゛~い゛

タイトルで察していただきたい。
とにかく((((゜Д゜)))ガクガクブルブルなのである。

ウォーキング(そんなに本格的でもないが)をしていたら、ちらほら雪が舞ってくるではないか。
寒いはずだよ、おいおいおい。

ウォーキングのお供に携帯DAP(iPodにあらず)を連れて歩いているのだが、やっぱりテンポの早い曲や元気になる曲をかけていると歩幅も大きく、軽やかになるね。
時たま口ずさんだリしてプチカラオケ状態(笑)



今日のツボ曲は、TM NETWORK/Come On Let's Dance。
デビュー以来、いまいちパッとしなかった彼らが、一気に勝負に出たシングル曲である。
PVでは、歌って踊るウツのキャラクターが初めて確立されたと言われている。
80年代のPVに有りがちなストーリーが有りそうで無さそうなところ、そして16ビートと激しい転調が「洋楽っぽさ」を醸し出していてイイね。
あくまでも「ぽい」ところが彼らのキモ。

帰宅したら冷えた空気を吸って、喉がスースーする。
しっかりうがいをして風邪を予防!
[ 2008/11/19 17:52 ] 散歩 | TB(0) | CM(0)

明日はこの季節一番の冷え込み

あまりにも寒いので、SchottのPコートを着て紙屋町まで出る。

まずは来年のカレンダーと手帳リフィルを買うべく、広島そごうへ。
紀伊國屋書店でDate Your Dream用のリフィルを物色。
カレンダーは高橋のエコカレンダー
ここ2~3年の自分の定番となりつつある。
年末年始の準備は、あとは年賀状だな。

そごうと直結している地下街シャレオを抜けて、本通りへ。
どうでもいいが、このネーミングは一体誰が行ったのか^^;
「オシャレ」を逆にしただけじゃん。
だからアンガールズ(広島出身)のネタにもされる訳だよ。
ジャンジャカジャーン。

本通りヒルズの多山文具で、リフィルやクリスマスカードを眺める。
ヒルズ、といっても六本木や表参道のような大きな建物に最新のテナント店舗が沢山入っているわけではなく、地下1階、地上8階のまあまあ大きなビルの中にいろんな業態の店舗が店を構えているもの。
中四国最大規模のADIDAS直営ショップがあるのが特徴。

多山文具はここら辺では品揃いが多いと聞く。
広島に戻ってきて、こういう小規模ながらも古くからあるお店の良さがだんだん分かってきた。
東京だと古いものを壊してその上にピカピカの新しいものをどんどん乗っけて行く方式だけど、広島ではそのままの形を留めているものが多い。
建物しかり、商品の形しかり。

その後、マルタカ子供百貨店へ。
子どもの為の百貨店、つまりおもちゃ屋さん(笑)
こういう街のおもちゃ屋さんは好きだな。
お目当てはチョロQ。
意外に駄菓子屋さんみたいな小さ~なお店にほこりをかぶった絶版ものが置いてあるから、マメにチェックしているのです。

そしたらあるわあるわ、出てくるわ出てくるわ。
スタンダードシリーズの改廃で廃番になったもの、セットもの、限定もの、ご当地バスまで!
RCC中継車なんてマニアックなもの、一体誰が買うんだ?
こんなの広島でしか走っていないって。
お金がないので特に買わなかったけど、ちょくちょく来てみようっと。

Dream FighterDream Fighter
(2008/11/19)
Perfume

商品詳細を見る


次はいよいよタワレコで予約していた、↑を購入するべくPARCOへ。
ここのPARCOはレストラン以外は20:30でクローズしてしまう。早すぎ。
試聴コーナーで恒例の「中田ヤスタカブース」があったので、2枚を試聴。

MORE! MORE! MORE!(初回生産限定)(DVD付)MORE! MORE! MORE!(初回生産限定)(DVD付)
(2008/11/19)
capsule

商品詳細を見る


タイトル曲がCMバージョンと違って、ちゃんとメロとサビが付いていた。
CMはサビをループしていたのか。
芸が細かいよな、ほんとに。

Supreme Show(DVD付)Supreme Show(DVD付)
(2008/11/12)
鈴木亜美

商品詳細を見る


お得意のエレクトロ・ディスコ路線が全開。
この人は何をやっても中田節にしてしまう。
好きな奴はハマるし、嫌いな奴は全く受け付けないだろうて。
思えば特定人物のプロデュースワークにハマるのは、小室さん以来だな。
お金がないのでこれもパス。

帰宅してPERFUMEを聴いたら、あまりにも普通すぎていて拍子抜けした。
フックがない・・・
絵文字で表現するなら→orz(使うのは初めて)
いつもなら、どこかしら心の琴線に触れる部分があるのだが、それが感じられないのだ。
もう少し聴き込んでみるか。

経験上、第一印象が覆されることはほとんどない、ということだけは付け加えておこう。
[ 2008/11/18 21:09 ] 音楽 | TB(0) | CM(3)

In or Out (part2)

先日のユニクロはダサいか?のエントリをアップした後、いろいろ検索していたらこんなサイトを発見。

脱オタクファッションガイド

多少古いが、なかなかイイところを突いている。
特に「ビームサーベル」のネーミングは絶妙(笑)

ケミカルウォッシュのジーンズにTシャツイン!は定番だったっけ。
でも今、こんな人は本当にいるのだろうか?

かくいう自分も15年以上前にケミカルウォッシュのジーンズを1本持ってた。
ほとんど穿いて無かったけど・・・
しかもLEE。
ガイドには絶対買ってはいけないブランドとある。
当時はLEVIS天国だったので、独自路線でカッコイイと思ってた。
でも、さすがにLEEのロゴ入りTシャツは買わなかった。
というか、ロゴ入りのTシャツやトレーナーは今でも買っていない。
主張し過ぎるトップスは好きじゃない。

聖地・秋葉原には今年10年ぶりに行ったっきりだし、もう行くことは恐らく無いから確かめようがない。
ここ広島ではオタクファッションというより垢抜けていない人が多いので、意味合いが違ってくる。

オタクファッションは、今となっては「東京」を感じさせてくれる懐かしいアイテムの一つ。

[ 2008/11/17 20:03 ] ファッション | TB(0) | CM(0)

筒賀の大銀杏

天気が午後から回復してきたので、祖母と父と一緒に筒賀の大銀杏を見物に行く。
1939年に広島県から指定された天然記念物である。

自宅から車でほぼ1時間、宮島あたりから北上を続ける。
ちょっと山側に入っただけなのに、一気にカントリー濃度がググッと高まる。
藁葺屋根の家屋、落葉し熟れた実が残った柿の木、刈入れが終わり冬を迎える準備をする田んぼ。

山間を流れる川沿いの道を走りながら、ふと山を見上げるとスギの木に混じった広葉樹林がカラフルに染められている。
実に鮮やかな光景だ。
暖かい日中と寒い夜間の気温差が生み出す自然のマジック。

到着すると、細い国道沿いの駐車場は車でいっぱい。
沢山の人が口々に「ほんまにおっきーねー」を連発しながら聳え立つ1本の銀杏の木を見上げている。

どれくらい大きいかというと・・・

筒賀の大銀杏

下に写っている人物と大きさを比較して欲しい。
伝承樹齢1,100年、高さ48m、一番太い根元の太さは7.8m。
デカっ!
風が吹くたびにヒラヒラと銀杏の葉が舞い、下の地面は黄金色で染まっている。
これは見事な巨木だ。

祖母は綺麗な銀杏の葉っぱと銀杏収集に夢中。
まるで子どものように集めまくっていた。

銀杏の木は何百年もの間、足もとの人間たちをじっと見つめてきたに違いない。
その眼には現在の世界はどのように映るか、ぜひ聞いてみたい。

余談だがこの近くには万古渓と呼ばれる素敵な滝がある。
ちなみにバンコケイと呼ぶので悪しからず(*^^)v
エッチな想像をした人、残念でした~
[ 2008/11/16 17:18 ] 広島 | TB(0) | CM(0)

こんな車なら取り締まられたい

エスプリ高速パトカー

久々にチョロQを購入。
セブンイレブン限定発売のチョロQ 警察隊2シリーズから、「ロータスエスプリの高速パトカー」という実車なら絶対にあり得ない組み合わせ。
チョロQはこういうあり得ない車種のパトカーを出すから侮れん。
ブラインドタイプのため、陳列している箱から一番軽い箱を選んだら当たりっ。
最近はこんなところばかりに運を使い果たしているような気がする。

一見するとフェアレディZに見えるが、どうも金型から判断するに、エスプリらしい。

んでスーパーカーのパトカーを検索したら、世界にはいろんな実車がありました。
スーパーカーなパトカー
ポルシェ911、ランボルギーニ・ガヤルド、コルヴェット。
こんなスーパーカーだったら取り締まられたい。
[ 2008/11/15 17:44 ] チョロQ | TB(0) | CM(0)

VOWネタでイケるかも

何とか3日坊主にならずに1日1時間のウォーキングは続いています。
子どもの頃から道草の天才な為、どーでもいーことについつい目が行ってしまう。
例えば看板。

井戸があります

えーと、どこにあるんでしょう?
周りを見回してもそれらしきものは見当たらず、かといって看板の根元にもない。
エア井戸。
想像して下さいってことか。

犬とウンチ

怒ったウ○チが最高!
それに加えて、この犬のバカ面がまたまた最高!
なーんにも考えてないんだろうな。
お前が羨ましいよ。

ツボきーく

変なものが続いたので、ついでに。
昨年、某県の旅館に宿泊した際に部屋に置いてあった健康器具のタグ。
イラストの女性が持っているJ字型の器具がツボきーく
謎だ・・・
[ 2008/11/14 17:37 ] 散歩 | TB(0) | CM(0)

In or Out

「初デートでユニクロ着用の彼と別れたい」質問者に批判殺到

昔つきあっていた彼女に言われたことがある。
「これまで付き合ってきた人で、ユニクロを着ているのはあなただけよ」
これが本当かどうかは今となっては分からないが、彼女はセレブ志向なところがあって、付き合ってきた人はほとんどが一流企業に勤務、年収もトップクラスな素敵な殿方ばかり。
だから彼女自身もユニクロなんて着ないだろうと思っていたら、黒のタートルネックを持っていて、その矛盾ぶりに開いた口が塞がらなかったこともあったっけ(矛盾を恐れない人だったのだ)
初デートではユニクロを着ていかなかったよ・・・多分。

うーん、どうなんだろう?
自分の場合、単にお金が無かったからユニクロにハマったけど、ハイセンスな人でもうまくミックスしていると思うけどな。

高級DCブランドでも名前だけ貸して展開している企業だってあるわけだから、一概にユニクロだから幻滅ってことはない。
ただ付き合っている人がユニクロを含め、ファッションをどう捉えているかは、ちゃんとリサーチしておいた方がいい。
高価なものを着て欲しい、安いけどそれを感じさせずにコーディネートすればOK、どうでもいい(笑)などなど志向はみんなバラバラだからね。
個人的には盲目的に高価なものを求めるのではなく、高価な理由(素材、デザイン)をきちんと説明できる人は好感が持てるな。

永瀬正敏がイメージモデルを務めた2006年モデルのフリース(ブラック)は、今でもお気に入りのアイテム。
袖と襟にしっかりとした補強テープが入っているので、テロンテロンになることもない。

それとテクノ関係のTシャツも、たま~に発売されるので侮れない。
電気、Peter Saville(ニューオーダーのジャケデザインで有名)、そしてArt Of Noise。
一枚のTシャツをキャンバスに見立て滲み出るアーティスト魂は、着ていて嬉しいもの。
これらは、いつかまとめて画像をアップしたい。

着ていて元気になれるもの、前向きになれるもの、お気に入りのもの。
ユニクロはその選択肢として存在価値が十分ある。

ユニクロはお隣り山口県が発祥の地で(本社もココ)、前身となる「UNIQUE CLOTHING WAREHOUSE」一号店が1984年に広島市にオープンしたという。
少なからず自分と縁があったという訳か。
[ 2008/11/13 17:46 ] ファッション | TB(0) | CM(3)

剛田武的アムロレイ

先日、雪山遭難のやりとりの中で一部セリフが間違っていました。
訂正します。

バチン!
koh「な、殴ったなっ!」
(さらに)バチン!
koh「二度もぶった! 親父にもぶたれたことないのにっ!」


この場面のオリジナルを探そうとしたら見つからなかったので、パロディで失礼します。



アニメの声優さんは、あの声は絶対にあのキャラクター!みたいな固定概念が生まれくるから不思議。
我が家で購読している新聞朝刊には、ちびまる子ちゃんの4コマ漫画が連載されているのだが、今朝何気なく読んでいると、まる子のセリフがTARAKOさんの声に聞こえてくることがあるのだ。
ちょっとすっとぼけたような、シニカルな口調。

また今では降板されたが、自分らの世代ではドラえもん=大山のぶ代さんだった。
元々低音ボイスにすごくコンプレックスを抱いていた大山さんだったが、初めて原作者の藤子・F・不二雄さんに「ドラえもんってこんな声だったんですね」と褒められた時に、この仕事をずっと続けようと決心したらしい。
あのドラ声は唯一無二なもの。
マイナスと思っていたものがプラスに転化した好例。

オンリーワンな存在って大事なんだね。
どこでそのチャンスに巡り合えるか分からないから、体力が続く限りあがき続けることにしよう。
[ 2008/11/12 16:55 ] 声優 | TB(0) | CM(0)

ブヒブヒ

落としブタ

台所で洗い物をしていたら、こんな面白いものを発見~
その名もブタの落としぶた
これを煮物の上にちょこんと置いて鍋に火にかけると、つぶらな瞳で訴えかけてくる。
ブヒブヒ。
[ 2008/11/11 17:24 ] 料理 | TB(0) | CM(2)

Road to the shrine

広島に戻ってきて体重が増加。
外出する機会が減ると反比例して食欲が増進からである。
とにかく飯がうまい。
朝から平気でごはんをお茶碗で2杯ペロリと食べてしまうくらいだ。

いかん、いかん。
気がついたら、スーツがパツンパツンではないか。
買う金もないから、手持ちのスーツで求職活動をしなければ。

ということで、自宅から速谷(はやたに)神社まで往復1時間の散歩。
これを毎日行うことに決めた。

途中、紅葉で色づいた街路樹や散歩しているフサフサの毛の犬などを横目で眺めながら、坂を登ったり下ったり。

ふと目線を上げると、遠くには宮島や江田島などの瀬戸内海に浮かぶ島々が見える。
横浜に無くて、広島にあるもの。
それはノンビリとしたこの風景にある。

速谷神社

速谷神社に到着。
帰省していた時、お正月には必ず初詣に行っていた。
安芸の国総鎮守府として非常に由緒ある神社で、特に交通安全の祈願は有名。
広島市内のバスには必ずと言っていいほど、ここの神社のお札が運転席の後方に張られている。
また、マイカーのお祓いができるというユニークなサービスがあるのも特徴だ。

ここと宮島の厳島神社、そして安芸郡府中町の多家神社を合わせて安芸国三社と呼ぶ。
ちなみになぜか自分は三社と縁があり、多家神社は我が生家のあった町の中にあったし、残り二つは近所だ。

神社と言えばお祭りというイメージが強い。
多家神社では毎年夏祭りがあり、そこで綿飴を買ったり、お面を買ったり。
スケバン刑事のスケバンヨーヨー(パチもん)を買ったっけなー。
結構本格的な作りで、紐じゃなくちゃんとチェーンだったし、真ん中がパカっと開いたら中には桜大門がドドーンとあって。
当時は2代目の南野陽子がびゅんびゅんヨーヨーを振り回して、かっこ良かった。

その20年後、松浦亜弥が主演のスケバン刑事映画を見て最新版のスケバンヨーヨーが欲しくなり、買ってしまった。
しかもWEB通販で・・・(*^^)v
映画の中であややのお母さん役は、一代目の斉藤由貴である。
お母さんになったママさん刑事は・・・グレていた。

あの頃は不良文化がメディアにも浸透していてスクールウォーズ、不良少女と呼ばれて(伊藤麻衣子萌え!)、ヤヌスの鏡、プロゴルファー祈子などとんでもないドラマが沢山あったっけ。
「スケバン」なんて死語じゃないかな?

おっと話が脱線しまくってしまった。
境内に誰もいないと思ったら、女の子が両親と祖父と一緒に綺麗な着物を着てお参りしている。
よーく見たら七五三だった。
もうそんな季節なんだね。
あと1ヶ月少しで今年が終わる。
[ 2008/11/10 19:10 ] 散歩 | TB(0) | CM(2)

告白は踊る

ダメなんです、寒いの。
子どもの頃から冬が苦手で苦手で。
寒いと体が強張って動かなくなるし、眠くなるし。
もし雪山で遭難したら、真っ先に死ぬこと間違いなし。

隊長「おい寝るな! 死んでしまうぞ!」
koh「いやー寝たまま気持ちよく死ねるなら、ここで死んでもいいです・・・」
隊長「ばかやろう! 目を覚ませ!」
バチン!
koh「ぶったね! オヤジにもぶたれたことないのにっ!」
(さらに)バチン!
koh「二度もぶった! もう知るもんかっ!」
グーZzz...


・・・ってなことに成りかねん。

関東より北には住めない(半分本気)
将来、異動で「北海道に行ってください」って言われたらどうしよう(ToT)/~~~
まあ業務命令なら行くけどさ。

前の職場では、暑いと寒いのはどちらが我慢できる?って質問したら誰も夏って言わなかった。
曰く、夏は着ているものを脱ぐには限度があるけど、冬は着ることが出来るから我慢できるから。
女性の場合、肌の露出が増えるのでもろもろのケアが面倒くさいよ~って言ってた。
なるほど、それは一理あるな。

ともかく!
我が家ではストーブを出して冬の準備に突入しました。
早く温かい春になることを祈りつつ。



発売中止のGet Wild(Globe ver)を発見。
ニコ動ではさんざんコキ下ろされていた。
うーんアレンジはいいんだけど、メインボーカルの拳の利き具合とスパッとカットされたスタッカート唄法は好みじゃない。
それと、マークのラップは要らない(それ言ったら終わりか)
インストverがあったら、かなりカッコイイと思うんだが。
今となっては貴重だよね、これ。
[ 2008/11/09 19:19 ] 天気 | TB(0) | CM(3)

尊敬する人はエド・サリバン

「恋を捨て夢に駆けた女 エド・はるみ物語」を見る。

駆けたは「賭けた」では?なんて野暮な突っ込みは置いといて、ジェットコースターのようなストーリー展開だったな・・・

一番良かったなと思ったのは、エドさんが20年以上の歳月を経てドラマの主演女優に返り咲いたこと。
お笑いで人気が出てからとは言え、これは素直に喜べるよ、うん。

自分の人生を自分で演じることほど難しいことはない。
客観的にはなれないし、余計な私情がたっぷり入ってくる。
あの時、こうしていれば・・・みたいな思いも出てくる。

今日、広島経済大学の学園祭に来たらしい。
それには行けなかったけど、コツコツ営業しているみたいだね。

エドさん人気は、今年いっぱいだと思う。
新しいギャグを披露するなり、お笑い以外の副業にも手を出すなり、何かしないとね。
インパクトだけじゃ長続きはしないだろうて。


[ 2008/11/08 21:32 ] TVドラマ | TB(0) | CM(0)

今夜は

Perfumeの武道館ライブなんですね。
今週は電気もライブがあったし、ライブ三昧ですな。



ヘリウムガス付きのマイク(笑)
かしゆかは白目がなくなるくらいアイラインを濃くしないと・・・
などと突っ込んでみる。
[ 2008/11/07 17:08 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

いくつもの屍を乗り越えて

のど自慢はがき

NHK のど自慢の抽選、見事に落っこちました(^^)/~~~
応募総数1356通のうち、通過するのは250組だから倍率5.4倍。
うーむ、次回に期待するかぁ(いつになるやら)
選曲でひっかかったかも。
思いっきり小室氏プロデュースだしね。
はがきの発送開始が11/5だから、可能性は無きにしもあらず。

今、ラジオ局のリクエストでも小室氏の作った曲は受け付けていないみたい。
自粛ムードって言うの?
ふーん・・・
じゃあ家でゆっくり聴くわ。

お蔵入りになったglobe版の"Get Wild"と"Self Control"は聴いてみたかったな。
幻の音源になっちゃったよ。
[ 2008/11/06 20:24 ] 音楽 | TB(0) | CM(2)

Accident

一夜経って、やっと分かった。
自分が「ファン」だったんだって。

WEBにアップされている感想を読み、チャットで語る。
自分の意見をブログにコメントし、マイミクに投げかけてみる。
他人のことなのに、何でここまで熱くなれるのか。
自分の進む道も満足に決められない男が、である。

自分が好きなアーティストが逮捕される。
こんな事態に対し免疫がないからだろう。
だから過剰反応する。
我ながら青いなぁ。

社会全体が、あいつはもう人生終わり!みたいな反応を示している。
たしかに社会的に抹殺されるかも知れない。
でも、ほんのちょっぴり皆より彼を詳しく知っている者として言いたい。

まだだ、まだ終わらんよ!

ファンとして出来ることは、彼が復帰するまで、ファンが堂々と「私は彼の曲が大好きです」と明言できる環境を整えておくこと。
たとえ後ろ指を指されても。


[ 2008/11/05 16:53 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

Nights of the Knife

一日に2度、エントリするのは極めて稀。
小室氏の逮捕に関して、TMメンバーのウツとキネから各人の公式HPにコメントがアップされていた。

宇都宮隆←クリック

木根尚登
TM NETWORKをずっと応援してくれている皆さんには、ご心配をおかけして申し訳ございません。
僕は共に音楽を創ってきた友人として、今までも、これからも彼と出会えた事のよろこびと感謝の思いは変わりません。そして彼をリスペクトする気持ちも変わることはありません。
多くの方が、彼に悪いイメージをもたれたかも知れませんが、彼が作った音楽がたくさんの人達に勇気を与えてきたことも事実だと思います。
だからなおさら残念という声もありますが、僕は、彼がゼロから立ち直る力も持っていると思います。
だから僕は、TM NETWORKの復活もあると信じています。

30年以上の付き合いのある彼らのことだ。
TM再結成の時みたく、長く離れていても、久しぶりに会ったらスッと会話が弾む。
そんな未来であって欲しい。

予定されていたglobeのTMカバーの2タイトルは発売中止。
TMのベスト盤"The Singles 2"も発売中止。
さらにはglobe楽曲のネット配信も停止。

罪を償い社会復帰するのは、当分先のことになるだろう。
その頃には忘れ去られているかもしれない。
だが彼の撒いた種は確実に育っていて、遺伝子を受け継ぐ者たちがいることも事実だ。
自分も、洋楽志向に偏っていたところを、日本のPOPSに目を向けさせてくれる直接的なきっかけを与えてくれた彼に感謝している。

今夜は気持ちが引き裂かれそうな夜になりそう。

[ 2008/11/04 16:54 ] 音楽 | TB(0) | CM(3)

Still like him

<小室哲哉容疑者>「被害者に申し訳ない。反省している」 容疑認める

某地方紙の1面で知った。
朝っぱらから"Get Wild"をヘビロテ中。

mixiのTMコミュでも、様々な感想、意見が飛び交っているようだ。
擁護する者、反省を促す者など様々。

自分はミュージシャンのパーソナリティと楽曲を完全に切り離して考えているので、この事件をきっかけに小室氏の曲を聴かなくなることはない。
イイ曲はイイ。
だから、オッサンになってもやんちゃばかりやっている電気の曲だって、永遠に聴くことはできる。

ただこんな達観した感想を持てるのもそれなりに年齢を重ねたからであり、若い人には相当なショックであることは容易に想像できる。

自分の大好きなアーティストが、ファンに動揺を与えることをした時の驚きと悲しみ。
まだ高校生だった頃、姉がとんねるずの木梨憲武が安田成美と婚約を発表した時のことを思い出す。
いきなり自分のところに泣きじゃくりながら「結婚するんだって~」と自分の部屋に飛び込んできた時には、女の子ってこういうものなのか、と驚いた記憶がある。
当時はその心境を理解できなかったが、今となっては理解できる。

片や逮捕、片や結婚という正反対な事例ではあるけれども、有名人はこれほどまでに若者に強いインパクトを与えることがある。
だから清廉潔白とは言わないが、ある程度節度を持って行動し、たとえ問題が起きたとしても、きちんと事情説明するくらいの気概を持って欲しい。

まあやったところで、マスメディアの格好の餌になることは否めないが・・・

小室氏は音楽以外では本当に不器用なところがあって、ビジネスも成功したとは言い難いし、2度の結婚生活も長くは続かなかった(余計なお世話かもしれないが)

立ち上げるプロジェクトが刹那的で、パーマネントな活動を望んでいた自分には疑問に残ることがしばしば。
だからTMN終了後、いろんなアーティストのプロデュースをして富と名声を勝ち得たけれども、一番好きなのは「アーティスト=小室哲哉」だったから、TMが復活した時には心から喜んだものだ。
アルバム"SPEEDWAY"をリリースした時には、これで「ベスト盤連発バンド」から脱出できるかもしれない、と淡い期待を抱いていたことは事実だ。
スローペースでもいいから、活動は続けて欲しい。
多くのファンがそう感じているのではないだろうか。

キーボード好きで、プログレ好きで、ナルシストで、80年代を強く意識させるアーティスト。
神経質そうに見えて、「大丈夫、大丈夫」が口癖のオプティミスト。
そんなところが好きだ。

来年はTMデビュー25周年。
これから彼はどこに行くのか?
冷静に見つめていきたい。
[ 2008/11/04 11:58 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

T shirt in a Bottle

ついに届きました、Art Of Noise Tシャツ。

Tシャツボトル

未来的なプラスチック・ボトルに入って。
きっとUT原宿本店には、今頃これが店頭にズラっと並んでいるんだろうな。
祖母に見せると、
「海苔が入っていたの?」
というナイスな感想を頂きました。
うーむ確かに入っていてもおかしくない。
ユニクロのデザイナーがこれを聞いたら、どんな感想を持つだろう。
海苔の容器に入っている最先端のTシャツ(^^)

Tシャツタグ表
↑Tシャツタグ表

Tシャツタグ裏
↑Tシャツタグ裏

Tシャツの生地はソフトで厚みは薄い。
伸縮性に富み、タイトな着こなしが出来そうだ。
さて、これを着る機会が早く来ることをお祈りしよう。
[ 2008/11/03 15:06 ] Tシャツ | TB(0) | CM(5)

注意:心臓の弱い方はご遠慮ください



ソウ5 11/28から全国ロードショー

ひさびさの映画ネタ。
分類としてはホラーになるのかな?
ソリッド・シチュエーション・ホラー、という分かったような分からんようなキャッチコピーで登場した、とってもグロイ映画。
自分の足をノコギリでギコギコ切っちゃうような映画。

何の前触れもなくトラップにハメられた人間が、フト目覚める。
そこは廃墟の中の地下トイレだったり、食肉工場だったり。
制限時間内にトラップから脱出しないと八つ裂きになっちゃったり、塩酸でドロドロに溶けちゃったりして死んでしまう。
そのトラップが秀逸で、ちょっとやそっとじゃ抜け出せない。
さあ、どうやって脱出するのか・・・!

深夜テレビで「1」が放送されていて完全にハマってしまったが、トラップを仕掛ける殺人鬼が「3」で死んでしまい、もうこれ以上はストーリーを増やせないだろうと思っていた矢先、「4」が公開され唖然。
殺人鬼の意思を継ぐ者が現れる、というエ~ッ!?な展開。
これって「13日の金曜日」と同じパターンじゃん。
ジェイソンが死んだ後にも殺人が起きるという。
んでそれも終わって、これ以上続編が出来たらいやだなーと思っていたら、本当に公開されやがった!
でも、たぶん見に行くと思う、惰性で(^_^;
[ 2008/11/02 16:27 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

koh

  Author:koh
  出身地:広島県

  好物は音楽、読書。
  日々おもったことなどを
  徒然なるままに記します。

カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。