スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東京は昼の2次

またまた来週、会社面接で東京へ行くことになった。
転職活動をスタートして、4度目のTOKIO(ヴォコーダーヴォイス)
今度は2次面接なので、会社側から交通費を負担していただける。
実に有り難い。

よく面接官から「遠いところからわざわざお越しいただいて・・・」と挨拶されるが、あまりピンと来なくなってきた。
週単位で広島~東京間を往復していると、物理的・時間的な距離感は確かに感じる。

だが、情報はWEB上で時間と空間を超えて入手可能だ。
見知らぬ面接場所を指定されても、都内であればGoogleのストリートビューをフル活用して最寄駅からのコースやビルの外観まで把握できてしまう。
だから戸惑うことも少ない。



50年以上前だったら東京へ出る、なんてことは人生の一大イベントだったに違いない。
だから皆、志をもって上京してきたのだろう。
今では東京へ行くことすら、目的地の選択肢の一つに過ぎなくなっているのかもしれない。


スポンサーサイト
[ 2009/01/31 17:30 ] 仕事 | TB(0) | CM(0)

IE8B2

Internet Explorer 8 beta 2をインストール。
うーん、いいのか悪いのかよく分からない(笑)
ツールバーでGoogleやmixiがいきなり使えなくなったりと、いろいろトラブルがあったが、なんとか復旧。

たしかにGoogleでの検索機能は格段にスピードアップした。
たとえば文字検索。
検索対象文字を検索ウィンドウまでドラッグ&ドロップする必要なんてない。
マウスで反転させれば右下に自動的にマークが表示され、そこをクリックしてGoogleの検索を選べば、検索結果が別のシートでずらっと並ぶ。
検索結果は超高速。

もうちょっと使いこまなきゃ、本当の良さは分からんね。
[ 2009/01/30 17:39 ] WEB | TB(1) | CM(0)

頭狂にて

20090129180137
会社面接まで小一時間あったので、面接場所に近い東大本郷キャンパスを散策。
日本の最高学府の敷地内は、歴史と伝統とモダンがミックスされた不思議な空間。
古い世代には安保闘争の象徴、新しい世代には知の象徴である安田講堂を間近に見る。
思っていたより、背丈が低い。
それにしてもこの威圧感はどうだ!

面接を終えて、異なる2社の人材会社のキャリアアドバイザーとそれぞれ面談。
よくよく話してみると、二人とも同じ会社に勤務していたことが判明。
世間は広いようで狭い。

2週間前に上京した時と同じく、ここは本当に元気になる街だ。
自分のフィーリングにぴったりフィットする。
人生の拠点にするならここだね。
[ 2009/01/29 18:01 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

24時間戦えますか?

急に慌ただしくなってきたゾ。
明日は面接が終わったら、その足で人材紹介会社(2社)のキャリアアドバイザーと面談。
5時間で5人の人と会う計算。
一人平均で1時間ご対面。

おぉ無職のはずなのに、この過密なスケジュールは一体何なんだ。
つーか、ビジネスパーソンは忙しいものなんだけどね。
この感覚は忘れないようにしなくちゃ。

[ 2009/01/28 19:50 ] 仕事 | TB(0) | CM(0)

TOKYO、TOKIO、東京

明後日は会社面接の為に、転職活動を開始して3度目の上京。
うぅ、さすがに毎週東京に行くのはしんどいなぁ。
毎週毎週、地方から出張に行っているみたいだ。
しかも自腹で(T_T)


[ 2009/01/27 20:20 ] 仕事 | TB(0) | CM(0)

夜は必ず朝を連れてくる

いいフレーズだな。

「100年に一度の不況」も永遠に続くはずはない。
数年後にはあんな時代もあったよね・・・で語られるだろう。
渦中にいる時には必死だが、乗り切れば必ず朝は来る。
今はひたすら夜を耐え忍ぼう。


[ 2009/01/26 17:26 ] 仕事 | TB(0) | CM(0)

幸運の星は君に輝く

ω←コレ
「萌える」というのはこーゆーことなのだろうか・・・
なんだろう、日本人には男女に関係なく可愛さに対する独特の寛容さがあるような気がする。
お茶目という言葉もあるよね。
これが大人でも見るに耐え得るアニメやマンガが育つことが出来た土壌ではないかと勝手に解釈している。


↑らき☆すた


↑オリジナルCM

スタッフの中に30~40代の人がいるとしか考えられない。
だって1985年頃だよ、放送されていたのは(笑)
小学生の頃、男子も女子もふざけて真似していたっけな。

ティモテはその後、過激な安売り路線が災いして販売数が激減し、代わりにラックスが登場したらしい。
以上、全然役に立たない予備知識でした。
[ 2009/01/25 16:47 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

雪の日の朝に

雪の日の朝


この季節一番の寒気が日本列島を覆い、とうとう雪が降った。
ゴミを収集場所に置きに行ったら、ご覧の通り、辺り一面が雪景色に。

叔母さんを最寄駅まで見送りに行き、別れを告げる。
久しぶりにあった親戚は皆、パワフルでインテリジェントで、とても良い刺激を受けた。
次に会えるのはいつの日か・・・
その頃にはきちんと自分の経済的な基盤を確立し、家族を持っていたいと切に願う。
[ 2009/01/24 17:16 ] 天気 | TB(0) | CM(0)

危険な関係 Liaisons Dangereuses

YMOの時代から、テクノとCMは切っても切れない関係。
「い・け・な・い ルージュマジック」「春咲小紅」などなど。

KOSEのfasioが、その路線をひた走っている。(主役は上戸彩)
まずはPERFUME。



続いて電気グルーヴ

The Words(DVD付)The Words(DVD付)
(2009/02/04)
電気グルーヴ

商品詳細を見る


次は誰が来るのだろうか。
Aira Mitsukiか!?
[ 2009/01/23 16:28 ] 音楽 | TB(0) | CM(2)

奈良の春日

家族内でのキャラクターは、姉弟がいると非常に分かり易い。
父方の親戚大集合の今は、それを見極める絶好のチャンス。
各人のキャラクターはこんな感じ。

母(自分から見て祖母)→女王様、サッチャー元首相的「鉄の女」
長女(叔母)→母をサポートしつつ上手にコントロールする肝っ玉母さん
長男(父)→頑固で博学
次男(叔父)→末っ子らしい楽天家でやんちゃ坊主

普段の父の姿と、家族の中にいる父の姿が異なっていて、「きっと小さい頃はこんな子どもだったんだろうな」と思わせる風景に出くわす。
台湾から復員して無一文からのし上がってきた苦労人一家なので、みな勉強家で好奇心が強く、向上心が強い。

全員に共通しているのは、海外経験が豊富ということ。
叔母は食品担当の商社マンの妻としてタイに滞在し、徹底的に料理の腕を磨いたそうだ。
叔父も日用雑貨品の商社マンとして、アジアを中心に買い付けに回り、口癖は「海外駐在に飽きた」。
父はカーデザイナーの現地駐在員として、北米での勤務経験がある。

んで、3人とも口をそろえて言うことが「海外に出たことで日本が非常にちっぽけに見えた」。
東京、大阪、広島の物理的な距離なんか大したことがない。
文化が多少違えども、そんなことはどーでも良くなった・・・と。

海外に行く行かないは別として、巨視的な視点から見ることが大事だなーとフト思った。
採用見送りのメールや連絡を受け取るたびに自己嫌悪に陥るのは、当然のことだろう。
将来に対する不安がいっぱいで、夜眠れないことだってある。

でも、苦労してきた人を前にすると、自分の不安はそれと比較すれば取るに足らない、小さなものかも知れない。
無職ながら住む家があって、3度の食事が取れて、暖かい布団で眠ることができる幸せ。
まずはそのことに感謝しなくちゃいけない。

早く独立したい気持ちは強い。
だが、焦ってはいけない。
人生の中で今ほど家族や死、そして自分の過去・現在・未来を考える機会はないだろう。
そしてこの実家で過ごした期間は、死ぬまで忘れないと思う。

奈良のお土産
↑叔父の奈良のお土産。強烈なネーミングに一同爆笑。

↓こんな歌を見つけた。

[ 2009/01/22 21:03 ] 家族 | TB(0) | CM(2)

The Judgement Day

小室さんの初公判が行われ、罪状をほぼ認めたという。

叔母さんは「他者を巻き込んだ時点で罪は重い!」とバッサリと斬ってみせた。
全くその通りなんだけど、元々ビジネスセンスが欠落していた上に金銭感覚も狂ってしまった人をエサに、甘い汁をすすっていた輩の口車に乗せられていた側面を忘れてはいけない。

余りにもヤバくてここには書けないが、音楽業界に限らず芸能界全体に893な側面があることは否定できない。
今回の事件をきっかけにいろいろ調べたら、ドス黒いコネクションがそこかしこに散見される。
巨大な幻想の上に成り立っているビジネスなんだということを痛感。
自分もその幻想の上で踊ってるんだけどね。

復帰できるのであれば、完全に信用できるスタッフを掻き集められるかが重要なポイントになるだろう。


[ 2009/01/21 17:53 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

命のルーツ

両親と叔母の4人で、山口県長府にある先祖代々のお墓を訪ねる。
昨年末に父が一念発起し、功山寺(奇兵隊の総決起集会が行われた有名なお寺)にあるお墓を広島の実家のある市営墓地に移設する計画が密かに(?)実行されていた。
ちょうど自分が実家に戻ってくる時期に何故か連動していたので、これも何かの縁に違いないと勝手に思い込み、お手伝いを兼ねてノコノコ着いて来た訳である。

毎年、お盆のシーズンに訪れたことはあれど、冬季は初めて。
山の中腹に位置する墓地は急勾配で、高齢者にとっては大変不便な場所。
コンクリートで床面を固めていない箇所がそこかしこにある為、お盆シーズンには背丈まで伸びた雑草刈りをせねばならん。
これが死ぬほどキツイ。
移設の最大の理由がここにある。

到着してほうきで枯葉を掃き集め、蝋燭とお線香を立てる。
周囲はイノシシが地中に埋まっているミミズを食べる為に、辺り一面ほじくり返して、まるでお百姓が鍬で地面を掘ったかのようだ。
なんなんだ一体これは。
仕方がないので、泥だらけになりながらみんなで地面を踏み固め、石材店のスタッフとお坊さんが来るのを待つ。

こんな山奥にどうやって重機を持ち込むのだろうか、などど叔母と話し合っていたら、キャタピラ付きの手押し車のような重機と共に石材店登場。
おぉ、こんな機械があったのか。
てっきり、ヘリコプターで空から舞い降りてくると思ったよ。
また会おう、明智くん。

ほどなくして若いお坊さんが到着し、お経を唱和開始。
厳粛なムードの中、式(「抜魂式」と呼ぶ)は順調に進む。
読経が終わりお礼を言ったあと、記念撮影。
まずは解体前の写真。

お墓

そして解体中の写真。

お墓の解体2

生まれて初めて見る骨壺は意外と小さい。
一つ一つが自分のルーツなのだ。
蓋の裏には埋葬者の名前が書かれている。

幼い頃、お世話になった父の叔母のお骨も大切に保管されていた。
通称、下関のおばちゃん。
とにかく世話好きで、行く度に下関市内の遊園地やレストランに連れて行ってもらったっけ。

自分の曾々祖父や曽祖母が眠るお墓は、綺麗に解体されて行った。
お墓を解体する現場を見るなんて、恐らく生涯を通じて余り機会がないはず。
そこに出くわすのは、何か運命的なものを感じざるを得ない。

明日は叔父とその息子が来て、父方の親戚がほぼ全員揃う。
明後日の新しいお墓の建碑式(納骨の儀式)に出席する為だ。
久しぶりに会う親戚は元気だろうか。
[ 2009/01/20 16:51 ] 家族 | TB(0) | CM(2)

RE:TOKIO

20090119191019
食品の専門商社の一次面接を受ける為に上京
・・・したのはいいが、なんと会社の最寄り駅を間違えたことが発覚!
地下鉄東西線の落合駅に降りなきゃならないのに、上落合駅で下車。
改札口を抜けたら、事前にストリートビューで確認した街並みと全然違う。

ヤバい(°∇°;)
駅員さんに落合駅までの徒歩での所要時間を聞いたら約15分とのこと。
面接開始まで残り30分。
ダーッシュ!
高校のマラソン大会以来、本気で走ったよ。

無事になんとか間に合った。
この時ばかりは、自分の的確な方向感覚に感謝。
早稲田通りを左に行ったら新宿で、右に行ったら中野だから・・・などとスパコン並みに瞬時に計算。間違いなく広島より東京の方が土地勘があるね。

東京に来ると不思議なことに元気が出る。
街から沸き立つ過剰なエナジーが、脳を揺さぶるからだろうか。
これから新幹線に乗り、広島に戻ります。
さらば東京よ!
[ 2009/01/19 19:10 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

さいなら、さいなら、さいなら

淀川長治さんの挨拶じゃありません。
明日は食品商社の面接を受ける為に、日帰りで上京。
またまた雨。
実は雨男だったのか自分は(笑)

ここ広島でも、本日は曇天模様。
父は駅伝の応援で外出。
自分は風邪を引くといけないので、自宅でぬくぬくとテレビ観戦予定。

曇天模様の空の下~♪(たま)
キーボードの柳原陽一郎さんが、電気グルーヴのピエール瀧に激似。

[ 2009/01/18 11:52 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

After The Heat

とんど祭はとっくに終わっていました。
定点撮影すると、こんな感じ。

とんど焼き(使用後)


寒さが若干和らいできた。
春の予感。
[ 2009/01/17 20:00 ] 散歩 | TB(0) | CM(2)

アナーキー・オン・ザ・ソックス

食品メーカーの1次面接を受ける。
オフィスに入室しようとして、足元にスリッパがおいてあるので少々戸惑ってしまった。
会社面接でスリッパに履き替えるのは初めて。
出入りが激しい営業さんも、出入りのたびに靴を脱いだり履いたりしているのだろうか。
うーむ謎だ・・・

小さな部屋でPCも数台稼働させているから、精密機械に配慮してそうしているのかも。
本当にどーでもいーことだが、入社する会社かも知れないと思うと、小さなことでも疑問点は解消しておきたい。
結局このことは聞かなかったが。

朝、靴下に穴が開いていたので履き替えて良かったよ(笑)
そのままだったら大恥をかいて不採用決定だったかも。
目に見えないところにも気を配る必要があるってことだな、うん。

[ 2009/01/16 17:14 ] 仕事 | TB(0) | CM(0)

Ready To Be Fired

とんど焼き


ウォーキングの道すがら、来週日曜に迫った「とんど祭」に向けて山と積み上げられた段ボール箱を発見。
速谷神社の駐車場にあったので、おそらく今年のお正月に参拝に来た人たちが置いていった昨年の破魔矢などが、その中に詰まっているに違いない。
気になるのは当日の天気。
天気予報では雨。
はたして雨天決行できるだろうか。

そうそう、同じ当日にはひろしま男子駅伝も行われる。
こちらは雨が降ろうが槍が降ろうが関係なく決行するはず。
ベテランから学生まで、老若男女乱れての都道府県対抗駅伝。
平和記念公園でスタートし、宮島の近くまで行って、また平和記念公園へと戻ってくる。
横浜にいる時には全く関心がなかったけど、広島に戻ってくると不思議と地元への愛着が芽生えてくる。

つい先日の全国高校サッカー選手権で、広島皆実高校が優勝したことも然り。
こちらの人は熱狂的(時には怖いくらいに)なカープファンが多いし、スポーツに関しては熱心だ。
なんだろね、この「おらが県」ムードは。

ちなみに、この高校出身の有名人をざっと挙げると・・・
 吉田拓郎
 奥田民生
 MEG

おぉ、MEGは広島出身だったのか。
Perfumeも広島出身だし、ここって意外に中田ヤスタカ関係のテクノポップガールが多いじゃん。
テクノな風土なのかな?
たしかに製造業の関連企業が多い街ではあるけれど。


[ 2009/01/15 17:47 ] 散歩 | TB(0) | CM(0)

らぶらぶあいしてる

NHKラブ、なのである。

でーやん

ぐれさん

おすぎさん

ああ、らぶらぶNHK。


[ 2009/01/14 17:44 ] 放送 | TB(0) | CM(2)

誰と組むかはとっても大事

複数の転職エージェントに転職活動を支援してもらっているのだが、それぞれスタンスがいろいろあって、仕事をする上でもいろいろとヒントがある。

その中でも某T社のキャリアアドバイザーは最初からとにかく喋りまくっていて、こちらから声を掛ける糸口も掴めやしない^^;
対面ではなく電話でのカウンセリングなので、なおさら細かい気遣いが必要なはずなのに、そのエージェントは気付いていないようなのだ。
それって、アドバイザーとして致命的な気がする。
人の話を聞かないのに、どーやってアドバイスするんだ?

それに輪をかけて仕事上「抜けている」部分が目立つ。
職務経歴書の改善点を指示通りに直して送っているはずなのに、それを確認し忘れているのか前回と同じ箇所を訂正依頼してくる。
ええちゃんと送ってますよ、こっちにはメールの送信記録が残っているんだからね。

本当にこの人に任せてだいじょぶかしら?と思わせるような人とは、ビジネスパートナーは組みたくないよね。
わざわざエージェント経由で企業に応募するメリットは、一般公募より転職のノウハウが豊富だし、細かいフォローをしてもらえる点。
それが出来なきゃ、頼む意味ないじゃん。

ま、そうは言っても頼んじゃうのが転職希望者の悲しいところで。
とにかく、ありとあらゆるチャンネルから内定獲得に向けて総攻撃をかけるべし。

今週末に広島で、来週あたまに東京で面接を受けます。
再びTOKIOへ。
雪が降らないことを切に祈る。

↓業界最大手のCM


[ 2009/01/13 19:47 ] 仕事 | TB(0) | CM(0)

Walking Around The Town

我が家の庭


う゛~寒い!
庭先には雪が積もり、断続的に粉雪が舞う。

このクソ寒い中でも、毎日のウォーキングは欠かせない。
やる!と決めてから早2ヶ月。
結構続いているから不思議。

英会話のトレーニングと同じで、ずっと続けているとやらないことが却って気持ち悪さに繋がる。
まるで熱病のように身体が自然に欲すのだ。
ウズウズ。

それと、ウォーキング中は最高の思考の時間。
デスクにかじりついて面接対策や企業研究、職務経歴の振り返りなどを頭を働かせつつ、外に出て身体を動かしながらその思考を整理する。
血行が良くなり脳が活発になるお陰か、ぽっと良いアイデアが浮かんできたりする。
今度の面接は前回のあそこの箇所を改善して臨んでみるか・・・などといった具合。

適度の運動は思考の活性化に繋がるので、ウォーキングは今後も続けていきたい。
にしてもこの寒さは体に堪えるので、防寒対策をきっちり行なってという前提付き。
ああ、春が待ち遠しい。
[ 2009/01/12 16:30 ] 散歩 | TB(0) | CM(0)

ゆっくりまったり

まったりスタバにて軽めのランチと読書をしながら、4時間。
これこれ、この日曜の午後のカフェでゆっくりと流れる時間がたまらなく好き。

その前に本通りで玩具店でチョロQやトミカを物色し、PARCOにあるタワレコでUnknown 3ダーティー・サンチェス(初回限定盤)を購入し、書店で週刊 東洋経済を立ち読みしたりとあっちこっちをフラフラ。
タワレコでは輸入盤CDシングルの取り寄せが不可であることが判明。
輸入盤の品揃えが充実していたHMV広島店が撤退するから、こうなるといよいよWEB通販に頼らざるを得なくなる。
リアル店舗が恋しい・・・

アールグレイをすすりながらタワコレでごっそり仕入れたフリーペパーをパラパラめくると、2008年を総括する記事がフト目に留まる。
洋楽邦楽をひっくるめて、PERFUMEがナンバー2に君臨。
何となく納得。
でも2009年はどうかな?

大量に本を読む時には、読み疲れたら読む本をどんどん切り替えていくと意外と沢山のページを読み進めることができる。
今回は買ったまま積読状態になっていた機動戦士ガンダムUC 第7巻「テクノ歌謡」ディスクガイドを交互に読む。

UCは、Zでアムロのガールフレンドだったベルトーチカがブライトと初めて顔を合わせる場面が出てきた。
お互いに面識は無いが同じ男を知るものとして、ちょっぴり感傷的な様子。
ここら辺はファンサービスなんだろうなぁ。

にしても、読んでいると以前このブログでも書いたように、これまでのガンダムを引き摺る要素プラス新しい要素も盛り込んできたのがよく分かる。
新型ガンダム「ユニコーン」が連邦、ジオンどちららにも属することなく、民間機関で開発され、両軍がその争奪戦を繰り広げているからだ。

基本的にガンダムは連邦軍、またはそれに関連する諸機関(ロンドベルなど外郭振興団体、サナリィなど戦略研究所)の象徴して開発されてきた。
しかしどうもユニコーンガンダムは異なっているようだ。
ボディを覆うサイコフレームの技術は元来、シャアの反乱時にネオジオン軍がアナハイムエレクトロニクス経由で開発し、それが同じアナハイム経由で連邦軍に漏洩したものだ。(だからアナハイムは死の商人と呼ばれる)
しかしユニコーンの形状は白いボディカラー、ツインアイ、V字型のアンテナを見ても明らかなように、まぎれ間もなく連邦軍のMSだ。

ジオン対連邦の対立構造の中で、歴代ガンダムのパイロットたちは民間人から成行きにより軍属となり、常に戦争の大義と実戦の現状との大きな乖離に悩み、その中でニュータイプへと成長していった。
そしてストーリー上、ガンダムが連邦軍に所属することである種の安定感を保っていたのも事実だ。

しかし、ユニコーンにはそれがない。
というか感じられない。
主人公バナージ・リンクスも、そのことを自覚して行動しているように思える。
ジオンも連邦もない。
民間人の立場だから感じられる感性を前面に出し、時には連邦軍のMSと一戦を交えることもある。
大人の為のガンダムというキャッチコピーは伊達じゃないかも知れない。

実生活に全く役立たない本に夢中な自分にちょっぴり呆れながら、柔らかな午後のひとときは過ぎて行った。


[ 2009/01/11 21:06 ] 広島 | TB(0) | CM(0)

5、4、3、2、1、・・・

最近エントリがヘンテコリンな方向に行って申し訳ない。

この1週間、思ったよりストレスが溜まっていたようだ。
今日は珍しく、約6時間の昼寝。
寝ても寝ても何だか疲れている・・・

面接に行くこともなく、毎日毎日PCと睨めっこしていたからなぁ。
転職活動をしているのか、PCの操作をしているのか時々分からなくなるくらい。
しまいにはPCのディスプレイを見るのが嫌になったくらい。

なーんて言いながら、こうやってキーボードを叩いているんだけどね。

ストレスコントロールも、ビジネスパーソンとしては重要なスキル。
ということで、明日は広島市内に出てCDショップ、大型書店、それとカフェに寄って頭をリフレッシュしてくる予定。

今日の午前中に猛烈に降っていた雪は収まったみたいだね。
よしよし、いいぞ。


[ 2009/01/10 17:30 ] 仕事 | TB(0) | CM(2)

ギシギシ

今日はこれで勘弁してください・・・

[ 2009/01/09 21:32 ] 遊び | TB(0) | CM(0)

あたしとわたし、そしてあたい

某女優さんのブログでは、自分のことを「あたし」と書いている。
「わたし」と書くと、ちょっと大人っぽい印象がうける。
会社面接でも、新卒でも中途でも基本は「わたくし」。

「あたし」と書くと、可愛い印象を受ける(ような気がする)
ちょっとお子ちゃまな気がしないでもないが、これはこれでいい。

その昔、つっぱりブーム全盛期には「あたい」って呼び方もあったな・・・
当時は小学生だったので、周囲で使っていたのを実際には聞いたことがないけどね。


[ 2009/01/08 17:31 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ハッスルマッスル

求人情報の検索、メールの作成と送信、履歴書の作成、職務経歴書の更新・・・
あ”~頭が筋肉!(意味不明)

と言う訳で、今日はエントリを書きたくても思考能力が限りなくゼロに近い。
ショートしちゃいましたっ
おバカな動画で一服。


[ 2009/01/07 19:32 ] 仕事 | TB(0) | CM(0)

電子履歴書を作る

履歴書と職務経歴書をPDFファイルにして応募企業にメールで送信。
もう、ドキドキものである(笑)

会社で見積書作成時にEXCELファイルをPDF化したことは何度もあったが、自宅のPCでやるのは全く初めての体験。
そもそも履歴書は手書きが当たり前と思っていたので、いいのかな~と思いつつ企業側が郵送、メールどちらでもいいですと言ってくれたので、思い切ってPDF版履歴書にチャレンジ!
ここでやらなかったら、一生やらない気がするし。

ココで履歴書のWORDのテンプレートをダウンロードし、必要項目を入力。
おぉ、なんて楽なんだ。
大した事を入力していないのに、出来栄えがいいのですごくかっこいい事を入力しているような錯覚に陥る。

文字サイズとフォントを統一し、レイアウトを多少整えて、スキャンした証明写真を貼り付けて完成。
うーむ楽だ・・・

文字は社内ルールに従い手書きにこだわる企業も多いみたいだが、もしPDFでOKならどんどん活用してやろうっと。
EXCELやWORDよりファイルサイズが大きくなるのが気になるところだが、まぁいいだろう。

さて完成したWORDファイルをココでPDF化しようとしたら、なかなか上手くいかない。
はて?
仕方がないので御大ADOBE Acrobatの30日間限定体験版をインストールし、PDF化。
体験版とは言えファイルサイズが340MBもある。
デカすぎ。

なんとか無事PDF化して、あとは冒頭のとおり。
ふー。

会社にいた時には同僚や先輩に聞けた疑問を、今はすべて個人で解決しなくてはならない。
しんどい作業だけど、細かいところで少しずつスキルアップしていこう。
[ 2009/01/06 20:12 ] 仕事 | TB(0) | CM(3)

仕事なき仕事始め

書店でホビー誌を読みながら、ふと自分はコレクターじゃないな・・・と思った。

例えばガンプラ(ガンダムのプラモデル)。
子どもの時には専らRX-78だけを買って、ザクやドムなどのジオン系、およびジムやボールなどの連邦系量産型には手をつけたこともない。
ガンダムオンリー、ガンダム命なのである。
ガンダムの場合、敵のモビルスーツにこそ魅力があるという意見が多かったように思える。
事実、私の友人はRX-78よりもシャアザクやジョニー・ライデン専用機に没頭していた。

何でかな?とよーく考えてみると、ジオン系にはバリエーションが多いということに今更ながら気付いた。
ザクだけでも旧ザク、ザクⅡ、シャア専用、デザート(砂漠用)、マリナー(水中戦闘用)など枚挙に暇がない。
ガンプラをカスタマイズしたものを「オラザク」と呼ぶことに、その片鱗を感じとることが出来るだろう。
「オラガン」と呼ばれるのは聞いたことがない。

一方ガンダムの場合、一年戦争に限定するとアムロの乗った1機のみが終戦まで運用された事実から、バリエーションを産むことは困難だった。
本放送が終了し、MSVやプラモ狂四郎、OVA「ポケットの中の戦争」で裏設定が作られていったように思える。
あのトリコロールカラーで複眼の機体はいわば聖域化してしまった為に、バリエーションを産む機会を失っていったのではなかろうか。

それに加えて、たった1機のモビルスーツが一個師団のドム部隊を全滅させるといった驚愕の事実と、アムロの突出した能力を体現する兵器としての伝説が作られた。

子どもたちはヒーローが大好きだ。
しかし、余りにも人間離れし過ぎると却って感情移入しにくい。

本当のコレクターだったらRX-78であろうとシャアザクであろうと、発売されるものは片っ端から買って作るはず。
スキゾ的にガンダムに拘るファンは、あまり居ないのかもなぁ。

MG 1/100 RX-78-2ガンダムVer.2.0MG 1/100 RX-78-2ガンダムVer.2.0
(2008/07/26)
不明

商品詳細を見る
[ 2009/01/05 17:33 ] ガンダム | TB(0) | CM(0)

ピンポーン

見事に風邪を引いてしまった。
感染経路は、姉一家→父→私→母。
一家全員がゲホゲホしているのを見て、弟が本気でビビっていた。
仕事始めで風邪を引きたくない気持ち、よーく分かるゼ。

ひたすら喉が痛い。
熱、鼻水は全くなし。
めったに引かない風邪を引いたので(バ○は風邪を引かないと言います)、多少心配。
受験生が一番やっちゃいけないことをやっている気がする。

マスクは必携だね。


[ 2009/01/04 16:09 ] 健康 | TB(0) | CM(0)

A New Hope

昨日の姉一家に続き、今日は弟が自宅へ帰っていった。
久しぶりに家族全員が揃ったおかげで、普段は頑固な父も柔らかくなったように思える。

子どもの頃、家族とは最も身近な成長の場であり、癒しの場であった。
しかし、今は違う。
それぞれが独立し、新たな「場」を形成している。
またはしつつある。

もはや実家は戻るべき場ではない。
そこは死を待つ者の家、Dead Person's Houseなのだ。
ドラスティックに物事が変化することもなく、淡々と死へ向かって一歩一歩近づいていく。

父は身辺整理なのか、人生に重要な影響を与えたものを除いて、所有していた本をほとんど古本屋に売ってしまった。
読みたい本があれば、図書館から借りてきて読んでいる。
オンデマンドな生活に突入しているのを見て、死期が近いのを悟っているのだと分かる。

いつか訪れるその時。
その前に早く結婚して、両親に孫をその手に抱かせてやりたい。
両親の死が早いか、赤子の誕生が早いか。
今は時間との戦いだ。
[ 2009/01/03 21:39 ] 家族 | TB(0) | CM(0)

耐え難きを耐え、忍び難きを忍び

姉と甥っ子が大阪へ帰っていった。
お年玉として現物支給したチョロQを思いのほか気に入ってくれて、笑顔ホクホク。
帰り際、10年以上前に購入したまま未完成だったνガンダムの1/100プラモデルも渡して、すっかりご満悦の様子。

1/100 RX-93 νガンダム フィン・ファンネル装備型1/100 RX-93 νガンダム フィン・ファンネル装備型
(2006/10/26)
不明

商品詳細を見る


長男は今年幼稚園を卒園して小学校に入学、次男は入園。
大きな節目の年となる。
がんばれよ~
おじさんもがんばるからな~

帰途、ひさしぶりにユニクロに寄っていろいろ物色したものの、お目当てのざっくりとしたハーフジップ・リブセーターの色合いが気に入らず、トランクスを2枚購入しただけで退散。
初買いがアンダーウェアっていうのも、今年一年を象徴する(笑)

帰宅してから、ホビー関係のWANTリストを作成。
電気のシングルCDやらDVDが2月に立て続けにリリースすることが分かり、2月は欲しいものだらけになってしまう・・・

The Words(DVD付)The Words(DVD付)
(2009/02/04)
電気グルーヴ

商品詳細を見る


レオナルドイヌプリオ [DVD]レオナルドイヌプリオ [DVD]
(2009/02/25)
電気グルーヴ

商品詳細を見る


ERASUREの新ベスト盤とも重なるし、どーすりゃいーのさ!
昨年の宣言通り、限定盤だけを買う計画がいきなり頓挫してしまいそう。
この瞬間、今年一年を象徴する漢字一文字が決定。
ずばりだ。
[ 2009/01/02 21:55 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

koh

  Author:koh
  出身地:広島県

  好物は音楽、読書。
  日々おもったことなどを
  徒然なるままに記します。

カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。