スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

過ぎゆく年に別れを告げて

怒涛の2009年が終わろうとしています。
まずは今年一年、私を支えて下さった全ての人に感謝の意を捧げたいと思います。

今年最初に引いたおみくじは「」」でした。
吉な出来事と言えば、やはりひとまず就職できたこと、そして経済的な基盤を築くことが出来たことに尽きます。

またこれまで違いと、自分の中で大きな変化がありました。

それは真剣に仕事が上達したいと心から思うようになったこと。
そして仕事を通じて得たお金をどのように使うか、家計簿を付けることで可視化できるようになったこと。
特に後者はデフレ状況下で賃金が伸び悩むであろう今後を見据えて、生活防衛とライフプランの基礎となる部分であることは間違いありません。
また、その先には結婚という目標があることは言うまでもありません。
何年かかるか自分でも分かりませんが、必ず実現させます。(と断言しちゃいます)

自分の外の変化としては、愛知県という未知なる土地で暮らしたことにより、人との新しい繋がりを手に入れました。
激しい変化で体力は使いましたが、結構楽しむ事が出来ました(笑)

来年は今年培った基礎を固めつつ、わずかずつでも上昇して行きたいと考えています。
本当にありがとうございました。

to be continued to...2010
スポンサーサイト
[ 2009/12/31 23:59 ] 人生 | TB(0) | CM(0)

類は友を呼ぶ!?

マイミクのTさんが名古屋に来ると言う事で、喜んでお会いしました。

ソフマップとビックカメラに立ち寄り、PCから地デジ対応TV、そして玩具コーナーのフィギュアまで自分達の欲望のままにフロアを徘徊。
Tさんと私は一世代のジェネレーションギャップがあるはずなのですが、私の興味関心が80年代に集中している為に妙に話が合うところありまして、一緒に話していて非常に面白い。
私がWEBを通じて知り合ったお友達としては、最古参の人です。

Tさんと遅めのランチはコメダ珈琲店。
そして夕方はビッグエコーにてカラオケをば。

TさんはKOTOKOさんなどのI've系を中心に、中田ヤスタカ氏の息がかかった曲など。
私はTMや小室さんを中心に途中にビートルズや海援隊、坂本九、YMOなど絡めつつ全体的に古めの曲ばかり(笑)
私がYMO「過激な淑女」を歌えばTさんはAira Mitsuki「サヨナラTECHNOPOLiS」を歌い、それを受けて今度は私がイモ欽トリオ「ハイスクールララバイ」を歌う・・・といった感じ。
詳細はたたみましたので、興味がある方はご覧ください。

Tさんから中田ヤスタカ氏が作詞・作曲・編曲を担当したSMAP「ココロパズルリズム」を紹介していただきました。
中田氏の手クセが前面に出ていて、思わずニヤリ。
SMAPの曲に興味を持つなんて、「世界にひとつだけの花」以来です。



Tさんは離職されて、現在就職活動中です。
そして離職中のつらさを今回いろいろと語ってくれました。
私も約1年間離職して就職活動を行なっていたので、そのつらさは本当によく理解できます。
どうかTさんにとって、来年は良い年でありますように。

Tさん、あなたのお陰で愛知で過ごす今年最後の夜をエンジョイすること出来ました。
ありがとう。
[ 2009/12/29 23:59 ] 音楽 | TB(0) | CM(2)

nineteen seventy-four

ユニクロ(UT)でポチった1974 Tシャツが到着~

1974Tシャツ_ボトル

こんな素敵なボトルに。

1974Tシャツ

こんなシンプルなTシャツが入っておりまして。

1974Tシャツ_タグ表

1974Tシャツ_タグ裏

こんなタグが付属しておりました。

なぜ「1974」なのかはよく分かりませんが、TMファンとしては忘れることの出来ないエポックメイキングな年であります。

[ 2009/12/28 00:00 ] ファッション | TB(0) | CM(1)

ライリーリラー

小室哲哉 復帰第一作は秋元康作詞でやしきたかじんに曲提供

最初聞いた時には意外な気がしましたが、関西にはいろいろとご縁(一時は吉本に所属、逮捕された場所は大阪)があるので、これもありかもと納得しました。
しました、って完結しているかどうかは不明。

小室さん+秋元康さんと言えばコレ。


↑堀ちえみさんの引退ソング

こんなものも・・・



たかじんさんと言えば、「たかじんnoバー」の時の毒舌ぶりとガンダムの主題歌くらいでしょうか、印象にあるのは。



それとピーター・セラーズに似ている気がします。
[ 2009/12/27 05:05 ] 音楽 | TB(0) | CM(2)

来年予告

来年最初のエントリで重大発表があります。
乞うご期待!

寸志ながらボーナスが出ました。
この厳しいご時世のなか大変ありがたいことです。


↑回を増すごとにナレーションが派手になる。最後は絶叫に近い。
[ 2009/12/25 22:34 ] 仕事 | TB(0) | CM(4)

ええ加減に聖夜

うわ、気が付いたら今日はクリスマスイブ。

午前中はボスとラブラブ(な訳ない)な同行。
昼食は久しぶりのすき家で、牛丼並(生玉子付き)を注文。
牛丼並みって、いつからこんなに安くなったんだ?

午後は得意先への年末挨拶回り。
スーパーの発注担当がサンタの帽子を被っていたのにはウケた。
これから年末にかけてガーッと売り上げが伸びていく、そのスタートが今日。
休む暇もなく仕事をしているみなさんに敬礼!

チキンは外で買うのではなく、家でソテーを作って食べます。
ご飯にみそ汁にチキンソテーって、どこがクリスマスなんだよ(笑)

[ 2009/12/24 19:39 ] クリスマス | TB(0) | CM(4)

こんなん出ました

オリコンチャートによると、今年の年間シングルチャートは1~3位まで嵐が独占だそうですね。
CD不況の中でも、ジャニーズ系はまだまだ底力があるようです。
さてlast.fmにて公開している私の年間ランキングを見てみると、非常に面白い結果が出ました。

年間ランキング(アーティスト)
2009年間ランキング(アーティスト)

年間ランキング(トラック
2009年間ランキング(トラック)

めちゃめちゃ偏っています。
特にトラック。

1~10位まで全部、小室さん関係。

ちなみに4位の中森明菜さんの「愛撫」は、作曲・編曲=小室さん、作詞=松本隆。

昨年の事件がきっかけとは言え、今年は本当によく聞きました~
それだけ引きずっていたのでしょう。
来年はもう少し幅を広げて聴きたいものです。
オススメのアーティストがいたら、ご紹介いただければ幸いです。
[ 2009/12/23 19:34 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

which do you like?

毎日サービス残業ばかり、でも完全週休二日制の会社
定時に帰宅できるけど土曜出勤がある会社
どっちがいい?

---
今日は一日内勤でしたので、事務員さん(50代)とおしゃべりしながら仕事を片付けていました。
その時に週休二日制の話題が出たんです。
この方も私も、高校まで土曜には午前中に授業が普通にありました。
いわゆる半ドンってやつですね。

今の義務教育では週休二日になった分、毎日6時間目までみっちり授業があるとか。
私の記憶では、6時間目まで授業がある日は週に2、3日程度。
それが毎日なんて・・・耐えられません~

前の会社も今の会社も残業を強いる風潮はあまり無いので、サービス残業をしても自分の裁量でコントロール出来ます。
業種や職種によって違いはありますけど、商社からメーカーに転職してみて、メーカーは休日が取りやすいんだなということに今更ながら気が付きました。
お正月休みも普通に7日間あるし・・・
製造現場の工場をしっかり休ませないといけないそうです。

さて最初の質問に対する私の回答は、後者。
慣れればこちらの方が仕事のテンションを落とすことなく生活できるような気がするからです。
みなさんはどうですか?

[ 2009/12/22 18:52 ] 仕事 | TB(0) | CM(2)

裏の裏のそのまた裏

一人暮らしの食事作りは、作る量が難しい。
昨夜ハンバーグを作ったら1人分のつもりが3人分出来てしまい、翌日食べる為に作ったハヤシライスの中に入れてしまいました(笑)
煮込みハンバーグ入りハヤシライスの出来あがり!

昨夜はほとんどの人がM-1を見たであろう中、裏番組の緊急特番!芸能界の告白 特別編を見ました。

事件から1年が経過し、淡々と冷静に事件を語る小室さん・・・
私自身も気持ちが落ち着いたはずと思い込んでいましたが、それでもあの時の衝撃がオーバーラップしてきました。
あの日はまだ実家にいて就活をしており、寒い朝でした。
ゴミ置き場にゴミを出しに行き、その帰りにポストに入っている新聞を開いて事件を知りました。

後で知ったことですが、その前日に逮捕されるであろうことを本人が既に知っていました。
そこから始まって、現在までの苦悩を語り、最後はピアノソロを披露。
TMの楽曲を演奏しなかったのは、他のメンバー二人への配慮でしょう。

私が好きな女優、月船さららさんのブログにもその番組の感想が触れられていました。
Get Wildのブレイクへの布石となったSelf Controlの話題です。
私もこの曲は好きです。

にしても、チーマー(死語)みたく長髪の小室さんをバンバン出すのには閉口しました。
もっとカッコイイ映像があるだろうって(笑)


↑江○洋介で~す
[ 2009/12/21 21:03 ] 音楽 | TB(1) | CM(0)

寒い夜だから・・・

・・・待ちわびる「あなた」もいません。

ここ愛知の片隅でも、とうとう雪が降りました。
起床したら部屋が異常に寒いんです。
吐息が白いんです。
んで窓の外を見たら、雪が積もっていました。

出勤したら、オフィスが半端なく寒い(笑)
ガンガンにエアコンをかけ、小さな温風機をデスクの下に置いて仕事。
今日は事務員さんは有給休暇、ボスは本社で会議の為、オフィスには私一人。
土曜ということで静かなものです。

外では近所の子ども達が雪の中、元気に遊び回っています。
元気だなーほんまに!
雪ダルマなんて何年ぶりだろう、見るのは。

帰宅したらこれまたAmazonでポチった商品が届いていました。
一日一善ならぬ一日一枚。

ポポポポ
(1994/11/02)
電気グルーヴ

商品詳細を見る
[ 2009/12/19 20:01 ] 仕事 | TB(0) | CM(2)

空をゆく 雲のように

またまた交差点での信号待ちで、バックミラーを覗くと・・・
若い男女が計四人、車の中でマ○ドナルドのロゴが入った袋からハンバーガーらしきものを取り出してばくばく食べていました。
時は午前10時。
朝っぱらからよくジャンクフードが食べられるな~などと思っていたら、運転していた若いあんちゃんが車のウィンドーを開けるやいなや、ポイっと外にフライドポテトの袋を捨てました。

日本の若者オワタ orz

日本のオジさんは悲しいぞ!

---
帰宅すると、Amazonでポチった商品が到着していました。

おしえてアイドル 東芝編おしえてアイドル 東芝編
(2000/09/25)
オムニバス西村知美

商品詳細を見る


沢口靖子さんの"Follow Me"のためだけに入手したのはココだけの話(笑)
この曲は小室さんが作曲していて、メロディがすごーくいいのに歌い手にやや(大いに?)問題がありまして。
それは、これを聴いていただければお分かりになるかと思います。



個人的には沢口さんは好きなんです。
小学校時代、給食の時間に担任の先生がNHKの朝の連続テレビ小説のお昼の放送をなぜか生徒に見せていて、「澪つくし」に彼女が出演していたのをよく覚えています。
和服がとてもよく似合っていました。
その後、たんすにゴンのCMでただの美人女優ではないオバサンっぷりを見せつけたりしていましたが、汚れ役はあんまりに似合わないよなー


↑完全に壊れてます
[ 2009/12/18 22:29 ] 音楽 | TB(0) | CM(2)

ちゃぶ台をひっくり返す親父も今は昔

ラジオ井戸端会議で「男らしさとは何か?」という非常に興味深いテーマを取り上げていました。
その中で昨今話題になっている草食系男子の登場について、面白い仮説が語られていました。

この新しい男性像は、団塊世代を父親に持つ若い男子に多く見られるそうです。
団塊世代の父親の典型は、仕事人間+亭主関白。
普段は妻や子どもに厳しく接し、バリバリ仕事に励み感情を露わにすることは少ない。

お名前は失念してしまいましたが、ある専門家はこの団塊世代の男性像を作り上げたのは、企業であると言い切っていました。
企業活動の究極的な目標である利益増にとって感情は不要なものであり、ひたすら合理的な行動と規範が求められます。
そのような厳しい環境の中で新卒から30年以上もどっぷり浸かっていると、会社での行き方が自分の生き方となる訳です。

でも会社ではそのような合理的な価値判断が通用しても、家庭はそうは行きません。
なぜなら家族というものは、ズバッと合理性のみでは割りきれない血縁関係ならではの複雑な関係性を持っているからです。
会社では忌避される弱音を吐いたり愚痴をこぼしたりといった極めて人間的な行為は、家庭では日常茶飯事です。
だからこそ家庭はホッとする場所であり、安心できる場所であります。

ところが団塊世代の男は、言うならば会社のルールをそのまま家庭に持ち込む人が多いそうです。
それでは奥さんも子どもも疲れてしまうし、家庭内であっても弱者を切り捨てる危険性を孕んでいます。

そしてもっと最悪なのはさんざん厳しく接した挙句、最後は責任を取らない男が多いのだとか。
子どもがぶち当たる様々な壁(不登校、学業不振、進学・就職に関わる諸々なトラブルなど)を、全部奥さんのせいにしたり・・・
そんな態度に出られたら、奥さんだって「男らしさ」に対して不信を抱いても仕方のないこと。
「お父さんみたいになったらダメよ」なんて、ついつい子どもに言ってしまうかも知れません。

そんな父親を見て育った男の子は、必然的に母親や女性に対して優しく接するようになります。
虐げられた母親を助け、男性のモデルとしての父親を反面教師とします。
それが草食系男子と呼ばれる若い男性の登場の背景にある・・・らしい。

私なりにリスナーや専門家の意見を総合してみると、本当の男らしさというのは「優しさ」であるという一点に集約できると思います。
それは女性にとって都合の良い男性を演じるということではなく、パートナーの女性と調和を保ちながらも芯の通った生き方をするということ。

昔は現在よりも男尊女卑の風潮が強かったので、男性は自分の思いのまま生きることができたし、それが社会的に許されていました。
そして男性にとっては、そのように振る舞う事が「男らしい」ことでした。

でも今は相対的に男性と女性との格差が縮まり、以前の意味で男らしく振る舞う事は難しくなって来ています。
セクハラだ、パワハラだ、DVだと訴えられる可能性が高まってきています。

草食系男子の登場は高度経済成長のなれの果てだなんて、ちょっと考えつきませんでした。
男性はこれからもどんどん優しくなっていくのでしょうかね?

[ 2009/12/17 22:12 ] 人生 | TB(0) | CM(1)

ここ、そこ、あらゆるところに

信号待ちで停車中に車のバックミラーを覗くのが、ささやかな楽しみです。(暇人なもので)

今日見掛けたのは若いママさん。
助手席には誰もいません。
一人で運転しているのかと思いきや、おもむろに後部座席を振り返り、何やら話しかけています。
そしてパッと前を向き直ると、ニコニコ顔。

あぁ、後部座席のチャイルドシートに座っている子どもに話しかけていたんだ。
ママは運転中も大忙しって訳です。

---
会社帰り、ふと夜空を見上げるとオリオン座が目に入ったきた。
冬の星座だね。

今年もあと残すこと、半月あまり。
年末は実家のある広島に帰省します。
お盆は帰らなかったので、顔を見せないとね。
広島も寒いんだろうなー

[ 2009/12/16 22:30 ] 仕事 | TB(0) | CM(2)

Nagano Days

駒ケ岳


長野で見た駒ケ岳は、12月ということもあって既に雪がかぶっていました。
暖冬とは言え、ここにはしっかりと冬が訪れています。

一日の仕事を終えて帰路、中央自動車道をのほほ~んと車を走らせながら名古屋方面へと向かう時、ちょうど飯田あたりで見る夕焼けが最高に綺麗で、今でも心に焼き付いています。
空は澄み、山の稜線がくっきりと浮かび上がって、その向こうには燃えるような夕日が浮かんでいて。
周囲は闇に包まれつつあり、長野県と岐阜県の県境の山々に囲まれながら車を走らせたあの日々。

太古の昔、人はこの暗闇に怯え、じっと声を潜ませて夜が過ぎるのを待ったことでしょう。
夜の山は怖いです。
何か巨大な黒い魔物の様に見えます。

それとは対照的に長野で出会った人は、みんな素朴で純粋な人が多かったように思えます。
基本的には都会っ子の自分には、ハッとさせられることが多い。
やるらーって感じ(笑)
[ 2009/12/15 22:08 ] 仕事 | TB(0) | CM(2)

部屋の気温は15度

ただでさえ寒いのに、もっと寒くなるような動画を見つけてしまいました。
勘弁してください、ほんまに。

[ 2009/12/15 00:39 ] 音楽 | TB(0) | CM(2)

phoenix

積み木くずし→映画版の主演女優→渡辺典子→角川アニメ→火の鳥。
この連想がぱぱっと頭に浮かび、某動画サイトで一気にアニメ映画版「火の鳥」を見てしまいました。
当時小学生で劇場では見ることはありませんでしたが、主題歌のイントロとサビメロだけはしっかり覚えていて、何故か心に強く響いていたんですね。

時は流れて高校時代に手塚マンガにどっぷりハマった時期がありまして、火の鳥を始め、ブラックジャック、ブッダ、アドルフに告ぐ、ユフラテの樹などを次々に読みました。
この頃、文庫本サイズの新刊コミックが登場して、プレミアが付いていた古いマンガが安く買えるようになったことも追い風となっていました。

ブラックジャック(BJ)は、それまで鉄腕アトムくらいしか手塚マンガを知らなかった自分としてはかなり衝撃的でした。
アンチヒーロー然とした主人公がかっこいいと思ったのは、きっと初めてだったと思います。
一番好きなエピソードは、ピノコのモデルとなった女の子が登場するお話。
工場から排出される有害物質による大気汚染で呼吸器系疾患にかかった女の子が、診察するBJに「あの綺麗なお空にゴミが混じっているなんて、ウソよね」と無邪気に言うんです。
もうね、その子どもらしいセリフが本当に泣けて来て・・・

大人の都合で子どもを死に追いやる、この世界は一体なんなんだと。
高校生という、子どもからと大人の狭間に生きる自分に少なからず影響を与えたことは間違いありません。

結果的に女の子は病状が悪化してチアノーゼで死んでしまうんですが、そこでBJは決して泣かないんです。
グッと堪えて、涙を堪えて。
そんなクールなキャラクター描写が余計に女の子の死の意味を増幅させている気がして、手塚氏の手腕の凄さを垣間見た気がしました。
お涙頂戴で終わらせない。

火の鳥から大幅に話がずれてしまいましたね(笑)
次回は本筋に戻して、火の鳥の魅力について語りたいと思います。

[ 2009/12/13 00:56 ] アニメ | TB(0) | CM(2)

有名人が通る

8月頃、近所のコンビニに渡嘉敷勝男さんが来たらしい。
昨日買い物をしてレジに向かったら、壁にでかでかとトカちゃんの写真が貼ってありました。
明らかに携帯で撮影した画像を無理矢理引き伸ばしていました(笑)

ファイティングポーズを取るトカちゃん。
なんだか懐かしいなー

[ 2009/12/11 21:16 ] 愛知 | TB(0) | CM(2)

ラジビタ

長野出張から営業所に帰還して、いきなりボスから今後は長野は私が担当するから来月からは行かなくていいよーと言われてしまいました。
寒い土地は苦手・・・などとホザいておきながら、いざ行かなくなることが判明すると寂しいものです。
これが愛着ってやつでしょうか。
得意先に年末の挨拶回りして、「来月は新年の挨拶に伺います!」と元気にお伝えした手前、どーしよー

何時間も車に載っていると、ラジオはつけっ放し。
中でもNHKのAM放送「ラジオビタミン」は大のお気に入り。

村上信夫さんと神崎ゆう子さんがパーソナリティを務め、午前中いっぱいいろんな話題を取りあげます。
NHKのラジオ番組の進行って、基本的には司会の男性がダジャレを言って、女性がそれに対して突っ込む(シカトする場合もあり)形式なんですが、女性の立ち回りが絶妙なんですよね。
神崎さんは「うたのお姉さん」出身ということもあり、声量があり、尚且つ快活で明朗。
つい最近ブログを覗いてみたら、ドえらい美人ということも判明。
こんな美女と毎日お会いできる村上さんが本当に羨ましい!

内容はストリーミング放送で聞いてみて下さい。
私の父も、自分の陶芸工房で毎日聞いているらしい・・・

今日のときめきインタビューは、フィギュアスケーターの鈴木明子さん。
徹底した容姿にこだわるあまり摂食障害になり、48kgの体重が32kg(!)まで減ってしまったそうです。
極度に脂肪が減ってしまった為に寒いリンクにも立てなくなった時、励ましてくれたのがあの荒川静香さん。
二人は同じ指導者に育てられたということもあり、固い友情に結ばれた結果、鈴木さんは復帰することができました。
本当に苦しい時に助けてくれる人の存在は有り難いことですね。

ラジオは聞くことも無視することもできる生活ツール。
テレビがない今の私にはちょうど良い情報源でもあります。
[ 2009/12/09 23:15 ] ラジオ | TB(0) | CM(2)

@√in

出張で長野の来てます。
昨日は佐久、上田、更埴、松本を回りました。
暖冬の影響か、雪はまだ振っておりません。

昨日、名古屋では初霜、初氷を観測したとか。
早朝、交差点で信号待ちしていたら、女子高生が自転車に乗っているのが見えました。
そこから見える太ももがセクシー・・・ではなく、寒さで赤くなっていたのが印象的(笑)
こんな寒さの中、ミニスカ乙ってな感じ。

ビジネスホテルと言えども、大浴場があるところは有難いです。
普段はシャワーばかりなので、全身の血行を良くするお風呂が一番。
ぐっすり眠って、今日も仕事だ~
[ 2009/12/09 06:24 ] 仕事 | TB(0) | CM(0)

北北東に進路を取れ

会社の営業車(たよりになる白い奴w)を、スタッドレスタイヤに履き替えました。
それまで履いていたノーマルタイヤはかなりすり減ってヤバかったらしく、ディーラーの整備士に「よくこんなタイヤを付けていましたね~」とビックリされました。
私もビックリです。

明日から二日間、長野出張です!
もうね、寒いのが大の苦手なのにどうしてここより寒いところに行かなきゃ行けないのか、とちょっぴりブルーになります。(はい、仕事です)
長野県民の皆様、どーしてそんな寒いところに住むことが出来るのですか?
秘訣を教えてくださいませ。

まぁ長野は好きだからいいけどね。
広島の実家に帰省する時に持参するお土産を物色しよーっと。
[ 2009/12/07 22:45 ] 仕事 | TB(0) | CM(6)

宇宙の虹

やっとこさガンダムUCの最終巻を読み終えました。

うーん、ラストは逆シャアとZを足してニで割った感じでしょうか。
まさか、アレをソレでコレするとはね・・・

読み終えてみて、良くも悪くも著者の福井晴敏さんは富野ガンダムの後継者という感想を強く持ちました。
はっきり言って、今回のガンダムには革新的と呼べるテクノロジーは登場しません。
Zの時みたく単体でMSが変形するギミックに驚かされたり、νガンダムのフィンファンネルのように主役級ガンダムに初めてサイコミュが搭載されるといった「過去はにない革新性」は見当たりません。
シャアの反乱からわずか3年後という設定だから仕方のないことですが。

その分、ファーストから逆シャアまでの「アムロとシャアの物語」が好きな人は、きっと興奮して楽しむことが出来るはずです。
この二人が作り出したサイコフレームという概念は、非常に重要なファクターとして登場しますので必見です!

いよいよ来年、OVAとしてついに映像化されます。
きっと買ってしまうんだろうな・・・

2分間のプロモビデオはここからどーぞ。
[ 2009/12/06 18:20 ] ガンダム | TB(0) | CM(0)

ポケットに音がいっぱい

年賀ハガキの図案がやっとこさできました。
シンプルかつインパクトがあるデザイン。
どんなものなのかは、受け取ってからのお楽しみ(笑)

ただ今、ふつふつとクラフトワークが再燃中。

[ 2009/12/04 20:27 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

Fly me to Dun-huang

日本画家の平山郁夫さんがお亡くなりになりました。

平山さんには、どことなく親近感を持っていました。
広島出身で被爆体験があり、戦争を嫌い、誰よりも平和を愛していたこと。

そしてシルクロードを題材にした数々の作品を産み出したこと。

私は大学時代に映画「敦煌」をきっかけにシルクロードにハマったことがありまして、莫高窟や敦煌文書の書籍を読み込んだり、そこから発展して西洋人によるシルクロード探検(スウェン・ヘディングなど)の資料を集めたりしていました。

もともと西遊記が好きで、三蔵法師のモデルとなった玄奘の旅行記などを読んでいて、「西域」への強い憧れを持っていました。
ですから井上靖の西域小説は本当にワクワクしました。
そして驚くべきことに「敦煌」「楼蘭」などは、著者自身が一度も中国に行くことなく、当時の限られた情報を元に執筆されたと聞き、シルクロードには人を魅了して止まない不思議な魅力があるのだと確信しました。
当時はまだ日本と中国の間には国交が成立しておらず、自由に行き来できなかったのです。

平山さんもその魅力に取りつかれた一人で、数十回も訪問したのだとか。

しかも芸術家でありながら古代遺跡の保存に熱心で、バーミヤンの石仏爆破にも強く抗議し、募金を集めて修復作業に寄付したそうです。
行動派の芸術家、とでも言いましょうか。

関東に居た頃、九段下の美術館に平山郁夫展を見に行ったことを思い出します。
彼の出世作「仏教伝来」から原爆をテーマにした「広島生変図」まで、実に多様な作品が並んでしました。

広島県尾道市には平山郁夫美術館があります。
いつかは行ってみたいものです。

[ 2009/12/03 23:24 ] | TB(0) | CM(2)

流浪の民

変化に対応出来る年齢って、何歳までだろう。
刺激を受けるのは好き。
けど、もともと変化よりも安定を好む傾向にあるのは、うすうす感じていました。
両親からも「お前は公務員向きだ」と散々言われましたし。

はふ・・・

[ 2009/12/01 21:11 ] 仕事 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

koh

  Author:koh
  出身地:広島県

  好物は音楽、読書。
  日々おもったことなどを
  徒然なるままに記します。

カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。