スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フリップミュージック presents イエローマジック音楽夜話@ふらんす座

YMO Night

フリップミュージックさん主催の音楽トークイベント「イエローマジック音楽夜話」に行ってきました。

スタート時間前ぎりぎりに開催場所であるふらんす座のビルに到着。
なぜか女性ばかりがズラッと入り口に並んでいます。
しかもみんな若い。
へ~YMOは若い女性にも人気なのか。
なにしろYoungにもMiddleにもOldにも人気だもんね、などとTHE MANZAIネタを思い出すあたり年齢がバレてしまいそうな。。。



結局それは別のイベントの行列だったということが判明し、バタバタとふらんす座へ。

すでに10人以上のお客さんが座っていました。

開演前のBGMは大貫妙子さんの「カーナヴァル」。
教授が手掛けたジョルジオ・モロダーばりのデケデケシンセベースが気持ちいい。



オープニングはフリップミュージック店主の沖本さんと、高校時代のバンドメンバーだった川村さんによるビハインド・ザ・マスクのカバー。
サビの手弾きシンセ、そして生(?)ヴォコーダーがすごくよくて感激。

司会はマイクさん、そして語り手に吉松さんを含めた合計4人がYMOについて語ってくださいました。
テクノドンを除くオリジナルアルバム(ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー~サーヴィス)を時系列に並べて、プレYMOともいうべき細野さん、教授、幸宏さんの初期ソロ作品からスタート。

個人的にはこの頃の話題が一番面白かったです。

YMOがデビューした1978年頃の社会・文化的なムーヴメント、そして当時の音楽シーンを複数のキーワードをポンポン提示していきます。
ピンクレディ、ディスコ、インベーダーゲーム、SF、中国シルクロード、西遊記(ドラマ)、フュージョンブームetc.

僕のように後追いでYMOを知った者にとって、こういう当時のバックグラウンドを実体験された方の言葉には強い説得力を感じますね。

ここでピンクレディ「ウォンテッド」のカバーが流れます。
規則正しいシンセベースのンテンテ♪のビートが、テクノポリスのそれにいかに影響を与えたかよく分かりました。



インストフュージョンバンドだったYMOがテクノポップへと変貌するきっかけを作ったのが、DEVOとクラフトワーク。

ここでDEVOのサティスファクションのカバーが流れます。
原曲(ローリングストーンズ)から逸脱したミュータント的な曲。



クラフトワークに関しては、意識はしていたけどあえて言及することは少なかったとか。
とかく比較されがちなクラフトワーク。
彼らは人間がロボットのふりをしてロボットが音楽を作ったらどうなるか?をコンセプトとしていたのに対し、YMOは飽くまでもライブバンドであったという見解。
これは僕も賛成しますね!

華やかなテクノポップのイメージを作り上げ、超売れっ子になった後にリリースしたBGM、テクノデリック。
これがとんでもなく暗かった。
暗かった、というより従来のイメージを裏切った問題作だったと。

僕も最初にBGMを聴いて、困惑したのをよく覚えています。
ソリッド~の頃のキラキラしたシンセは鳴りを潜め、サンプリングやエフェクトに凝りに凝りまくった、これぞニューウェイヴ!という手法。

そして、沖本さんもYMOで一番好きだというBALLET。



さらにYMO後期の浮気なぼくら~サーヴィス。
ここらへんになるとTVへの露出が増えて、アイドルへの楽曲提供やプロデュースが増えていきました。
いわゆるテクノ歌謡の誕生です。

流れたのは、安田成美「風の谷のナウシカ」



細野さんがいい仕事してますね!
リリースされたのに劇中で使われることがなかったという、いわくつきの主題歌。
ちょっと危ういボーカルのピッチがいい味を出しています。

その他、貴重な秘蔵音源や増殖、サーヴィスのコント部分などを流してみんなでゲラゲラ笑いました。
コントで損してるよねー、コントがなければアルバムとして最高なのにーというお客さんからの突っ込み。さもありなんです。

最後にちょっといい情報をご紹介。
お客さんから、増殖のジャケットに使われたYMO人形が広島で見られるという驚きの情報が!
三次にある「メインストリーム」というショップで、幸宏さん人形が店頭にあるそうです。
これは是非見てみたい。

おかげさまで楽しいひと時を過ごすことができました。
まだまだ語りたいネタがあるので、第二弾があるとかないとか(笑)
次回もあったらぜひ参加したいです。

YMO Album1

YMO Album2
スポンサーサイト
[ 2013/05/28 21:00 ] YMO | TB(0) | CM(0)

電気グルーヴ×アイデア~電気グルーヴ、石野卓球とその周辺~

電気グルーヴ、石野卓球とその周辺。: アイデア特別編集電気グルーヴ、石野卓球とその周辺。: アイデア特別編集
(2013/03/12)
久米 泰弘、アイデア編集部 他

商品詳細を見る


発売されるや否や、Amazonですぐに売り切れてしまい途方に暮れていたところ、紀伊國屋書店WEBストアで購入することができました。

本のタイトル通り、電気グルーヴと石野卓球さんのソロワークの中でも特にアートワークを中心にジャケット、フライヤー、ポスター、アーティスト写真などをご本人の感想や思い出を交えてコンパクト、かつ内容濃く紹介。現マネージャーのミッチーこと道下さんや、アートディレクション担当の田中秀幸さんなども登場。

卓球さん、瀧さんはふだんのおちゃらけインタビューではなく、ユーモアを交えて真摯に語っていますね。ここらへんは編集さんの手腕に依るかもしれませんがw

範囲は「人間と動物」から人生のナゴム初リリース「顔として…」と非常に幅広いです。年月で言えば1987年~2013年の26年間。

普段リスナーとしてアーティストに接しているので、あの時こんなことやってたけど、実はこんな事情や方向性があったからこうなったんだ、と裏付けのようなものが確認できるネタが沢山あります。

・Shamefulのフォントデザインは、Fad Gadget/Into the Natureがモチーフ。
・「Flash Papa」の表ジャケットでデビューアルバムにもかかわらず顔出しをしなかったのは、デペッシュモードを真似たから。
・メジャーデビューシングル「Rhythm Red Beat Black」には12インチが存在した!
・電気グルーヴのバンドロゴの生みの親は、スージー甘金氏。

などなど興味深い話題が尽きません。

僕はテクノから音楽好きになったので、電気グルーヴ、ひいては卓球さんの一連の活動に心惹かれるものがあります。つかず離れずというところでしょうか。新譜リリースがあれば必ずチェックしますね。

彼らは僕の一世代上ながら、ニューウェイヴや80年代という共通項があるので、共感できる部分が多い。

だからアートワークを一つ取ってみても、元ネタが分かると嬉しい(^^)

特に卓球さんはDJプレイでもそこら辺のツボを刺激するネタを入れてくることがあるので、聴いていて楽しくなります。

このエントリを書いていると、卓球さんのDJをまた生で聴きたくなります。広島に来てくれないかな?

まりんこと砂原良徳さんに取材し、きちんと声を拾っているところも評価できます。脱退した後でもジャケットのロゴデザインやプロデュースなど、メンバーと交流があるのは素晴らしいことだと思いませんか?

SHAMEFULSHAMEFUL
(2012/04/18)
電気グルーヴ

商品詳細を見る


FLASH PAPAFLASH PAPA
(1991/04/10)
電気グルーヴ、TACKQ ISHINO 他

商品詳細を見る


RHYTHM RED BEAT BLACK VERSION 2.0RHYTHM RED BEAT BLACK VERSION 2.0
(1991/02/01)
TMN VS 電気GROOVE、TMN 他

商品詳細を見る
[ 2013/05/25 21:00 ] 電気グルーヴ | TB(0) | CM(0)

tofubeats / University of Remixほか

広島市・本川町に移転されたフリップミュージックさんに、移転後初訪問。
フリップさんと同じビルの1Fで営業されている、メゾン・ラブレさんのマカロンを持参。
ひさしぶりに3号さんとお会いできました。

5月12日までレンタル半額とのことで、ここぞとばかりにいろいろ借りました。


university of remixuniversity of remix
(2013/04/24)
tofubeats、小泉今日子 他

商品詳細を見る


ジャケットの女の子の裏にちょこんと置かれているROLAND TR-707(リズムマシン)に釘づけ。
そして手に取りトラックリストを見ると、電気グルーヴ/Mud Ebisのリミックスが!
これはもう聴くしかないでしょう(笑)


未来のミュージアム(初回限定盤)未来のミュージアム(初回限定盤)
(2013/02/27)
Perfume

商品詳細を見る


劇場版ドラえもんの主題歌でしたね。
ミュージアム ミュージアム♪がキャッチャーなフレーズ。


にんじゃりばんばん(通常盤)(外付け特典ポスターなし)にんじゃりばんばん(通常盤)(外付け特典ポスターなし)
(2013/03/20)
きゃりーぱみゅぱみゅ

商品詳細を見る



キミに100パーセント/ふりそでーしょん(通常盤A)キミに100パーセント/ふりそでーしょん(通常盤A)
(2013/01/30)
きゃりーぱみゅぱみゅ

商品詳細を見る


ヤスタカ作品は中古でもなかなか値段が下がりません。
こういう時にはレンタルCDが便利。
ひとまず借りて曲を聴き、しばらくたってから安い中古CDをゲット予定。


【多売特典生写真無し】フライングゲット(Type-A)(生写真1種ランダム封入)(通常盤)【多売特典生写真無し】フライングゲット(Type-A)(生写真1種ランダム封入)(通常盤)
(2011/08/24)
AKB48

商品詳細を見る


なぜいまさらAKBなのか?
それはキンタロー。さんにハマっているからです。



リアルタイムであっちゃんこと前田敦子さんを全く知らなかったので、物真似を見ながらゲラゲラ笑っています。
キレキレのダンスがすごい!

そして本家のあっちゃんがキンタロー。さんに応えるかのようにフライングゲット。



どうやら吹っ切れたようです(笑)
[ 2013/05/11 21:00 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

行ってきました!ひろしま菓子博

5月2日(木)晴れ。
ひろしま菓子博に行ってきました。

ひろしま菓子博入場口

ランチを袋町のおかげさんで済ませ、母と共に午後1時過ぎに入場。行列に並ぶこともなくサクッと入れました。

最初に向かったのはテーマ館(グリーンアリーナ)。今回の見どころの一つ、厳島神社をミニチュアで再現した菓子工芸細工が目的です。昨年はここでPerfumeのライブを見に行ったなぁ、などとしばし感慨に浸りながら入場。

場内は撮影禁止。各都道府県の菓子組合が製菓材料を駆使して制作した見事な菓子工芸が堪能できます。鷲の羽や松の枝の表皮など、本物そっくりの質感が素晴らしい。

お目当ての厳島神社の模型はまず2列に並び、手前側はじっくり見たい人向け、奥側は遠くからサクッと見たい人向けという具合に工夫されています。

お祭りの行列の人物一人一人のまつ毛までちゃんと作りこまれていて、見ごたえ十分。ほんのり甘い香りが漂っていたのは気のせい?

最後には懐かしのお菓子のパッケージや看板が展示。前を歩いていた年輩の女性が骨董品に異常に詳しいのか、これは●万円以上よ~!と興奮しながら話していました。そういえば、昔近所にボンカレーやオロナミンC(若き日の大村崑さんが目印)のレトロな看板がよくあったなぁ。まさに気分は三丁目の夕日。

会場を出て、お腹が空いたので何か食べよう!ということでにぎわい味わいゾーンでスイーツ調達。

広島レモンソフトクリーム
広島レモン ソフトクリーム

レモン大福
レモン大福
甘酸っぱいレモンの皮と、もちもちした白あんが相性抜群

その隣で販売していた焼きポン
焼きポン
煙が勢いよく飛び出すパフォーマンスあり。

広島ではおなじみのむすびのむさし
むさし
すでに売り切れ完売御礼。

この時点であちこち歩き回った母の疲労がピーク。
そろそろ帰るか!ということで出口に向かいながら、白いテントを横目に歩きます。
原則左側通行となっていますが、比較的通路が空いているのでさくさく移動できます。

午後4時。
一番混雑していたのは夢のお菓子ランドで、90分待ちとのこと。

夢のお菓子ランド

おそらく白いテントの中が見どころ満載・・・のはずでしたが、母のことを考慮するとやっぱりパスして良かったです。

------------------
で、率直な感想です。お客さんの期待と、運営側の目的にズレが発生していたと思われます。

お菓子がたくさん試食できる!買える!子どもも喜ぶ!
こんなことを多くの人は考えていたことでしょう。お菓子にはワクワクさせるものがあります。

一方、運営側としてはこれは博覧会であるという一貫した方針があります。お菓子業界の産業振興と言った方がいいかな。

僕は食品の展示会に企業側として何度も出展したことがあるので、このような認識のズレは何度も経験しています。食品サンプルの試食目当てだけに来場して、なかなか受注まで結びつかないというジレンマ。来場者数は多いはずなのに、多大な経費に見合った効果を実感できない。最終的には広告宣伝費を大量に投資できる大手企業が潤うだけ・・・

ちょっと視点がズレてしまいましたね(笑)

結局、お客さんも運営側もwin-winの関係になれば成功。そうでないなら、改善していく必要ありってこと。

そして今回、一番のネックは入場料が高い!と感じることですね。
当日券で大人2,000円。映画館の鑑賞料金より高いです。それ以上の満足感を果たして得られたかどうか?
招待券を頂いていなければ、行くことはなかったと思います。

さらに入場者に対して「優しかった」かどうか?
ベビーカー→館内では使用NG
電動車イス→当初、会場内使用NG

足が不自由で杖必須の母は、行く前は非常に躊躇していました。
周りに迷惑をかけるのではないか?
段差が多いのではないか?
入場するのに2時間、3時間も待てない!
などなど。

幸い、スタッフの方は非常に親切で丁寧な応対でした。
開催終了後に来場者、運営側の双方から多くの感想・意見が寄せられるはず。
真摯に受け止めて、次回の改善につながればと思います。
[ 2013/05/03 21:00 ] イベント | TB(0) | CM(2)

西島大介『すべてがちょっとずつ優しい世界』

広島市立図書館で借りて読了。


すべてがちょっとずつ優しい世界すべてがちょっとずつ優しい世界
(2012/11/21)
西島 大介

商品詳細を見る


僕の大好きなマンガ家、西島大介さんのマンガ作品です。
昨年とある映画のトークショーをきっかけに西島さんを知り、もっと一般の方にも知ってもらいたくて『ひらめき☆マンガ学校』を広島市立図書館にリクエストして配架してもらった者としては、絶対に読みたかった一冊。

この作品で西島さんは第3回広島本大賞を受賞されました。
おめでとうございます!

詳しいレビューは上記Amazonページをご覧ください。

富や繁栄をもたらすと信じていた「ひかりの木」。
それが実は、人が完全に制御できるものではなく、ブラックボックスだった。
やがて「ひかりの木」の影響により、村は廃れていく。
だが最後には「ひかりの木」を捨てることで、村は再生への第一歩を踏み出す。

パッと見は非常にかわいらしいタッチ。
しかし熟読すると、裏に隠されたテーマは深淵。
東日本大震災を経験した人なら、思い当たるフシが必ずあるはずです。
この本はぜひ、あの震災を経たすべての日本人に読んでいただきたいです。

僕は読んでいて、サン=テグジュペリ『星の王子様』を思い出しました。
シンプルなタッチの中に、現代社会が持つさまざまなダークな部分をメタ要素として内包するというスタイル。

かわいらしいが故に、切ない気持ちがフツフツと湧いてきますね。


星の王子さま―オリジナル版星の王子さま―オリジナル版
(2000/03/10)
サン=テグジュペリ

商品詳細を見る
[ 2013/05/01 21:00 ] マンガ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

koh

  Author:koh
  出身地:広島県

  好物は音楽、読書。
  日々おもったことなどを
  徒然なるままに記します。

カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。