FC2ブログ

さらば少年の日々

NHK-BS2で放送していた全駅停車!銀河鉄道999を見る。

蒸気機関車好きだった子供の頃、999は本当に好きだったな。
新幹線のようなスマートな流線型ではなく、メカ丸出しの外観。
でも内部は高性能なコンピュータを搭載しているというあのギャップがカッコよかった。

ウン十年ぶりに劇場版999を見ていて、どことなく手塚治虫の「火の鳥」との共通点を感じました。
永遠の命を手に入れて、はたして幸せなのか?とか深く考えさせられます。
どこかの惑星で、機械の体を手に入れたにも関わらず自殺してしまう男の人を見ていると、命は限られているからこそ輝く、というセリフを思い出します。

メーテルが実は機械帝国の娘で、鉄郎のような勇気ある少年を半ば誘拐のような形で帝国に送り込んでいた、という設定にはちょっとびっくりしました。
あれ?こんな話だっけ?
ハーロックやらエメラルダスやらトチローやら、松本零士ファミリーがたくさん登場して、メーテルの仲間だったという設定にも、あれ?こんな話だっけ?
これで古代進が出てきたら完璧じゃん(笑)

そしてやっぱり劇場版のラスト!
ゴダイゴの主題歌が挿入されるタイミングといい、ナレーションといい、もう言うことはありません。





スポンサーサイト



[ 2010/08/14 17:23 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

koh

  Author:koh
  出身地:広島県

  好物は音楽、読書。
  日々おもったことなどを
  徒然なるままに記します。

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター