FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

弟からのメール(東京から)

いたずらに不安感を煽るのは避けたいですが、東京から生の声をアップしておきます。
私より社会経験がはるかに長く、はるかにタフな弟でさえ、本当に参っている様子。

日本人は震災に遭っても規律を守り、混乱を好まないと海外では報道されています。
しかしそれは報道から漏れているだけであり、事実は少し異なるようです。

---
未曾有の恐怖という言葉を聞くが、当の本人になるともはや言葉では表現できない状態になる。

街は節電なのか停電なのか、街頭すら消えて大きな国道でさえ薄気味悪い。

計画停電で信号が消えて、それが原因の死亡事故まで発生している。

ガソリンスタンドには尋常でない行列が続き、横入りしようとしたドライバーに刃物を突きつけて逮捕される事件が横浜で起こった。
パニック寸前である。

不安と恐怖がある。自分たちの努力でどうにかなるレベルを超えていて、だからといってあきらめることも出来ない。
どうしていいかわからないのが現状。
「まだ大丈夫」という根拠もなければ「もうだめ」という根拠もない。
みながみな不安を募らせ小さなストレスを抱えている。

何かの拍子にこの糸が切れるのが最も恐ろしい。
世界各地の災害をテレビで見るのとは違い、もはや対岸の火事ではない。

地震は少しずつ収まりつつあるが、今度は放射能という本当の意味での見えない恐怖が迫っている。
身内がこんな状態にあるというのも、なかなか実感できないのではないでしょうか?

とにかく事態を見守るしかない、本当に最悪の事態になったときは逃げる手段もほとんどない。

こんなメールで申し訳ないが、関東でこれである。
被災地、特に福島はパニックになってもおかしくない状況なはず。

また連絡します。
スポンサーサイト
[ 2011/03/18 05:57 ] 家族 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

koh

  Author:koh
  出身地:広島県

  好物は音楽、読書。
  日々おもったことなどを
  徒然なるままに記します。

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。