スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【ネタばれ注意】ライブレポ:TM NETWORK Incubation Period (4/25)

先日参戦した、人生初のTM NETWORKのライブ。
長いのでたたみます。
こちらからどうぞ!
 ↓
仕事を定時で退社し、いそいそとライブシネマ会場となるシネコン、広島バルト11へ。
カーステで新曲「I am」を聴きながら、会場まで車をぶっ飛ばします。
ライブシネマとは、ライブ会場となる日本武道館(東京)の映像を全国の映画館に送り、地方でもライブを楽しんじゃおう!という素敵な企画。
会場に到着後、まずは今回のライブシネマのフライヤーをゲット。

TM Network Concert フライヤー

到着から開始まで1時間近くあったので、モスド(モスバーガーとミスタードーナッツのコラボ店舗)にて腹ごしらえ。
twitterをチェックすると、本会場となる武道館にはFANKSさんたちが続々と集まっている様子。

15分前に会場入り。
座席に着席してみてまず思ったこと。

平均年齢がハンパなく高い(^^;

TMをリアルタイムで聴いていました!と思われる30~50代の(むかし少年少女だった)ナイスミドルが沢山。
あえて中年のおじさん、お●さんとは言いませんよ、はい。

自分は一番後方のド真ん中というポジション。
公演前には席はほとんど埋まっていたと思います。

スクリーンにはこの日、始めて見る「I am」のPVが何度もリピート。



そうこうしている内に、画面にセコンドを刻むデジタル表示の数字が表示されまして。
たぶんライブのスタートまでの時間だろうな~と思いつつ、テンションが上がります。

残り5分を切ると、武道館の会場の様子が映し出されました。
舞台には白いシーツが天井から垂れ下がっていて、中は見えません。

ひさしぶりに見る武道館。
実は大学の入学式、卒業式の会場だったんですよ。
TM初の武道館LIVE、FANKS Cry-maxも好きな映像だったし、何かと縁がありますね。
この時のSelf Controlのアレンジ(Version the BUDOHKAN)が最高にかっこよくて、これ絶対に聴きたい!と念じていました(笑)



来る前に、ネット界隈でレポートされていたセットリストをチラ見していました。
どうやら80年代の古き良き時代の曲を多くやったらしい。
ラスグルの時みたく、1日目は80年代中心、2日目は90年代中心だったらちょいと残念だな~と密かに思っていました。
自分は80年代の曲が大好きなもので。

そしてライブシネマ会場の照明が消えて、いよいよスタート。
バックに設置された3つのモニターに、飛来したUFOからTMの3人が地球に降り立つ映像。
これって、超初期のSF的なコンセプトそのままじゃん!

ステージ現れた3人。
小室さんはパープル、ウツはレッド、木根さんはブルーのぴかぴかのスーツ。
で、最初にどんな曲をやるのかな?と思ったらいきなり「We Love the Earth」。
ライブシネマ会場からどよめきが。
そうくるか!みたいな。

ライブではこの曲、木根さんはいつもキーボードを弾くんです。
小室さんとのツインキーボードをバックにウツが歌う。
デビュー前、フレッシュサウンズコンテストでグランプリを獲得した時の映像を思い出します。



有名なエピソードがあります。
彼らがまだ20代半ばの頃。
上記のコンテストの最終ステージに出る時、揃いのコスチュームにしようという事になりまして。
カラージーンズで統一することになっていたのに、小室さんだけ当日サテンのパンツを穿いてきて、木根さんが問いただすと「だって、こっちの方がかっこいいんだもん」と言ってのけたという(笑)
小室さんのビッグさを表すエピソードです。。

脱線しました。
当日のセットリストは、TMの公式facebookにアップされているらしいので、そこから拝借しましょう。

We Love the Earth
Action
Humansystem
Seven Days War
Come on Everybody~Come on Let's Dance~Come on Everybody
Give You a Beat
Nervous
1974
Beyond the Time

※MC

I am

※MC

Just One Victory
Keyboard Solo
Get Wild
Wild Heaven
Be together
Self Control
Electric Prophet
Timemachine


MCは少なめで、ひたすら往年のヒット曲をプレイするという80年代のスタイルを踏襲。

Come on Everybodyの時にハプニング発生!。
途中でいきなり曲が終わり、機材トラブルか?と思われ小室さんがイヤホンを外して、何かスタッフに指示しています。
3人とも緊張した表情でステージからそそくさと去り、カメラが緊張したスタッフの表情を捉え、あっちフラフラ、こっちフラフラ。
え?え?どうしたの?と思っていたら、照明がパッと点いてライブ中断。

まさかライブ中止!?

冗談よしてくれよ~!!と思っていたら、ふたたび小室さんがステージに登場。
パパっとシンセをセットし直して、何やらフレーズを弾き始めます。
よーく聴いたら、Give You a Beat。
ライブでまさか聴けるとは思ってなかったので狂喜しました
アレンジが異常にかっこいい。
Welcome to the FANKS~ Welcome to the FANKS~♪

そのままNervousに突入。
ここではウツが、あの「肘てつダンス」を披露。
会場は狂喜の渦。
サービス精神あるな~本当に。

Be Togetherでは、ウツキネがキメでくるっと回転。
会場大ウケ。

そしてGet Wild。
この曲、ライブでも小室さんがイントロでどんなムチャクチャなアレンジをしてくれるのか、毎回楽しみ。
そして期待通り、今回もやってくれました。
ゲゲゲゲゲの連弾は当たり前として、足で鍵盤を弾く、爆発が起きる、鬼のようなグリッサンド。
これまで聴いたアレンジの中で一番激しく、野蛮で、かっこいい。



冒頭で書いたように、絶対に聴きたかったSelf Control。
イントロでサビのメロディをスローテンポで弾いた後、シーケンサーをオンしておなじみのシンセフレーズ!
16ビート、転調、早口ボーカルというTMが一番オリジナリティを持っていた頃の要素をすべて内包している素晴らしい曲。
シンセの音色がちゃんと2012年にアップデートされているのがうれしかった~

Electric Prophetのウツのボーカルの美しいこと!
再結成してからウツのボーカルは円熟味を増し、マイルドになったと思います。
若い頃のトンガったボーカルもいいけど、最近のウツもいいね。

木根さんは、相変わらずTMの太鼓持ち的なポジションでした。
TMの良心。
YMOで言えば、幸宏さん(笑)

アンコールをやらないところも、徹底して80年代のTM。
演奏を終えると、空からヒラヒラと古ぼけた手紙が舞い降りてきます。
ウツがそれを受け取り、中身を読んだ後、ポイっと捨てると手紙はまた空高く舞い上がって行きました。
何が書いてあったんだろう?
その手紙は、まるでFANKS期にキーアイテムとして何度も登場したバトンのようでした。

ステージの後方に退き、笑顔で会場のお客さんに手を振って、ふたたびスクリーンにはUFOに吸い込まれていく3人の映像。

そして、現れたデジタル表示のセコンドが0に向かって行き、0になったその瞬間!
今度はふたたび通常通り、時を刻み始めました。
シネマライブ会場からは大きな拍手。

きっと、ここからまた始まるということでしょうね。


TMと出会って17年。
生(中継)でライブを見たのは初めてでした。
小室さんは、寝ても覚めてもキーボードプレーヤーなんだということをあらためて実感。
多くのシンセ類に取り囲まれて、弾き倒すその姿。
自分が一番見たかった「アーティスト=小室哲哉」を堪能することができました。
今後の希望として、TMでショルダーキーボードを演奏する姿を見たいとも思いました。

AVEXさん、今回のライブの映像をぜひDVD化してください!
スポンサーサイト
[ 2012/04/29 17:46 ] TM | TB(1) | CM(2)
>mikkenさん
大事なのは、続けることなのかなって思います。
TMも一時期終了(いわゆる解散)した後
再結成したり、小室さんのゴタゴタがあったりと
紆余曲折がありました。

それを経ての再始動。

ファンの盛り上がる期待に応えようとする姿勢が
ひしひしと伝わってきます。

アーティストの思いを生で感じたいから
今年はなるべくライブに参戦したいですね。
次はワーハピのYMOを狙っています。
[ 2012/05/12 15:43 ] [ 編集 ]
遅まきながらライブレポ拝見
大好きなアーティストが復活したり継続してるって
ほんとに嬉しいですよね
それに50代アーティストって意外とふっきれてて
ステージングも格好いい

これからもライブ色々行けるといいですね
そしてkohさんもこれからますます
格好いいオ〇サンになること期待してるよー
[ 2012/05/06 18:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

まとめtyaiました【【ネタばれ注意】ライブレポ:TM NETWORK Incubation Period (4/25)】
先日参戦した、人生初のTM NETWORKのライブ。長いのでたたみます。こちらからどうぞ! ↓
[2012/05/13 05:44] まとめwoネタ速neo
プロフィール

koh

  Author:koh
  出身地:広島県

  好物は音楽、読書。
  日々おもったことなどを
  徒然なるままに記します。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。