スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

音楽購入メモ(2012/06/14)

Keyboard magazine (キーボード マガジン) 2012年 07月号 SUMMER (CD付き) [雑誌]Keyboard magazine (キーボード マガジン) 2012年 07月号 SUMMER (CD付き) [雑誌]
(2012/06/08)
キーボード・マガジン編集部

商品詳細を見る


大型書店から地元の本屋さんまで回っても、売り切れ続出。
思い切って出版元のリットーミュージックのWEBサイトから購入。

キーマガを買うのは一体何年ぶりだろう?
10年ぶりくらいだろうか。

お目当ては、何と言ってもTM NETWORK特集!
先日の武道館LIVEを中心に10ページ以上にわたり、小室さんへのインタビュー、そして過去のLIVE機材セットリスト、さらには小室さんが全面的に開発に協力したEOSシリーズシンセサイザーの歴史のレビューと内容は盛り沢山です。

個人的に気になったポイントを少々。

インタビューで、LIVEでは小室さんが音色から構成、進行やコンセプトまでかなり細かい点までこだわり、関わったとのこと。
ドラム音源までシンセから出力したらしい。
その結果、シンセが全面的に前に出たLIVEでした。
たしかに手弾き用に用意されたキーボードブースのシンセの数は多かったし、オリジナル音源でギターやベースにお任せしていたパートもシンセに置きかえられていた印象が強かったです。
21世紀バージョンにアップデートされた過去の曲を聴いていると、音色やアレンジが斬新で、デビュー当時(約30年前)の曲でも古さを全く感じさせない気がしました。
単なる回顧的なLIVEではなかったことを実感。

過去のLIVE機材セットリストを見ると、超初期のLIVEではTR-909、PROPHET-600など今で言うアナログビンテージ機材を多数使っていたことが分かります。
もしタイムマシンがあるとすれば(笑)、この頃のLIVEを是非聴きたいですね。
たぶん音に厚みを出すのを苦労したんだろうな。
エフェクトを噛まさないとペラペラな音になりそうな機材だから。

で、物議を醸したLIVE中に舞い降りた手紙の内容ですが・・・
どうやら今年8月にTMとして、また何かをやるみたいです。
内容は不明。

LIVE?
アルバム or シングルリリース?
それとも武道館LIVEのDVDリリース?

いずれにせよ、なんらかの活動をしてくれるのは喜ばしいこと(^^)v
スポンサーサイト
[ 2012/06/17 08:10 ] 音楽 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

まとめtyaiました【音楽購入メモ(2012/06/14)】
Keyboard magazine (キーボード マガジン) 2012年 07月号 SUMMER (CD付き) [雑誌](2012/06/08)キーボード・マガジン編集部商品詳細を見る大型書店から地元の本屋さんまで回っても、売り切れ続出。思い切って出版元のリットーミュージックのWEBサイトから購入。キーマガを?...
[2012/06/20 19:13] まとめwoネタ速neo
プロフィール

koh

  Author:koh
  出身地:広島県

  好物は音楽、読書。
  日々おもったことなどを
  徒然なるままに記します。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。