FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

北のカナリアたち

130105_北のカナリアたち

映画北のカナリアたちを観ました。
昨年母が鑑賞→感動して号泣→チケットが余っているのでぜひ行けとのこと。

ストーリーは非常に重い。
他所で散々レビューされていますので、あえてここでは詳しくは触れません。

僕は映画を観る時、まず女優に注目します。
というより、女優しか見ない(笑)
女優至上主義者なんですよね。

主演の吉永小百合さんの演技がとにかくダントツに光っていました。
彼女の主演映画を、初めてマトモに観たのかも知れません。
吉永さんについて知っているニ、三のことと言えば

1.美人
2.若い頃に年上の男と結婚した
3.熱狂的なファン(サユリスト)がいる→タモリさんなど

くらいでしょうか。

劇中で30代から50代くらいまでの女性教師を演じ分けているのだけれども、溌剌とした若い頃と年を重ねた現在の対比が見事でした。
ベテラン女優が持つ風格、オーラのようなものがスクリーンから滲み出てくるようで、この役は吉永さんしか演じることは難しいんじゃないか?と思ったくらい。

教師役ということでジャージ上下で登場する場面でも、少しもモッサリしていない。

その吉永さんに呼応するように、もう一人の主人公たちであるかつての教え子たちを演じた俳優がこれまた素晴らしい。
森山未來、満島ひかり、勝地涼、宮崎あおい、小池栄子。
とくに森山さんは言葉が不自由な青年役を、見事に演じ切っていました。

この映画ではもう一つ、素晴らしい歌がたくさん登場します。
クリスマスに先生と子どもたちが歌う、山下達郎のクリスマスイブ。
アカペラで歌われると原曲の良さにさらに磨きがかかって、相乗効果で素晴らしい曲に昇華されていきました。

ストーリーは重い。
けど、フィナーレで救われる。
そんな良作です。
スポンサーサイト
[ 2013/01/05 16:15 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

koh

  Author:koh
  出身地:広島県

  好物は音楽、読書。
  日々おもったことなどを
  徒然なるままに記します。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。