スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

西島大介のひらめき☆マンガ学校


西島大介のひらめき☆マンガ学校 マンガを描くのではない。そこにある何かを、そっとマンガと呼んであげればいい。 (講談社BOX)西島大介のひらめき☆マンガ学校 マンガを描くのではない。そこにある何かを、そっとマンガと呼んであげればいい。 (講談社BOX)
(2010/06/02)
西島 大介、さやわか 他

商品詳細を見る


西島大介さんは僕の中でどんどん存在感が増しています。
きっかけは、昨年観た映画「恋にいたる病」の監督トークショー

広島出身で、エレクトロニックミュージック好きで、DJもやり、なおかつCDジャケのイラストも手掛けている・・・と来れば否応にも気になりますよね。本業はマンガ家です。

そして、この本。
一応、マンガ家になる方法がメインテーマとしてあります。
「一応」と述べたのは、コンセプトがすごくユニークだから。
既存のマンガ像の破壊→再構築→あらたなパラダイムの創出→実践っと言ったところでしょうか。

授業の進め方も破天荒。
たとえば、「美味しんぼ」と「クッキングパパ」の吹き出しの台詞を入れ替えてもほとんど違和感がないことを証明してみせたり。「魔法先生ねぎマ!」内の1ページを取り上げ、同じページを30分→15分→3分の順で描かせたり。

一番面白かったのが、夏休みの宿題と称した課題。
たった3日のワークショップが終了した時点で、生徒たちはマンガ家の肩書が入った自分の名刺を渡され、コミックナタリーに強制登録。その上でオリジナル原稿を作成し、出版社に売り込みを掛けて連載まで漕ぎつけるようにという指令が!

無名の新人が出版社へ売り込み→採用され読み切りor連載スタート→マンガ家になる、というのが普通に考えるキャリア。けどこの学校では、マンガのエッセンスを掴んだ時点ですでにマンガ家であるという逆転の発想をしているんですね。

これは決して開き直りではなくて、西島さん自身が(いわゆる)正統なルートを辿ってマンガ家になっていないという事実と、そこから得た経験から導き出したもの。
だから個性的ではあるけれど、根拠がないものではない訳で、ちゃんと説得力を持つ点が不思議です。

僕はいまwebデザインを勉強しています。
クリエーター(と呼ぶには大変おこがましいですが)という範疇で考えると、マンガもwebデザインも同じと考えています。
西島さんの主張に勇気づけられたというか、こういう考え方もあってもいいんだと参考になる部分がありました。

ちなみに、広島市立中央図書館に新規に入れていただくように図書予約をお願いしたところ、わずか1ヶ月で入れていただけました。図書館側のスピーディーな対応に感謝いたします。
この感想は、借りた本を読了した段階で書いています。

また昨年末に第二巻が刊行されましたので、これも図書予約をお願いする予定です。


西島大介のひらめき☆マンガ学校 マンガ家にはなれない。かけがえのない誰かだけが、君をマンガ家にする。 (講談社BOX)西島大介のひらめき☆マンガ学校 マンガ家にはなれない。かけがえのない誰かだけが、君をマンガ家にする。 (講談社BOX)
(2012/12/18)
西島 大介、さやわか 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[ 2013/01/13 16:13 ] 本・雑誌 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

koh

  Author:koh
  出身地:広島県

  好物は音楽、読書。
  日々おもったことなどを
  徒然なるままに記します。

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。